スーツの豆知識

スーツの歴史!ブリティッシュを起源としたグローバルなスタイルとは?

スーツの豆知識

ビジネススーツのジャケットならシンプルで着まわし力を重視!

スーツ 歴史

スーツスタイルにビッグシルエットを取り入れている高級メゾンもありますが、現在ビジネススタイルに取り入れるのは待った方がいいのかもしれません。
人によっては大き目の服がだらしないと受け取る人がいるからです。
もしもビッグシルエットを取り入れるのならば、ビジネスの目には触れにくい通勤用のコートやブルゾンで試してみるのがおすすめです。
現在はノームコアの定番化に伴い、シンプルなコートをプライベートで愛用する人も多くなりました。
シンプルなチェスターコートやPコートを購入しておけば、ビジネスにもプライベートにも対応が可能になります。
現在はワードローブに囲まれた生活をするよりも、シンプルで着まわし力に優れたお気に入りアイテムを持ち、カジュアルからトラッドまで楽しむのがファッションの醍醐味になりつつあるのです。

【スーツスタイルの定番】ブリティッシュな着こなしとは?

スーツ 歴史

現在のスーツスタイルとしては、クラシックなものが定番化されつつあります。
伝統と格式の国であるイギリスのブランドをチョイスして、英国紳士でトラディショナルな着こなしを楽しむのもいいでしょう。
肩幅は狭くてパッド入りであり、細見のツーボタンで濃紺の生地にうっすらストライプが浮かんでいるものを選ぶのが主流になっています。

スーツのおすすめブランド9選を総まとめ!世界3大スタイルから厳選!
スーツのおすすめブランド9選を総まとめ!メンズスーツの趣味嗜好は20代、30代、40代と時間の経過や体型の変化に応じて変わってきます。そこで今回は『ブリティッシュトラッド』、『イタリアンクラシコ』、『アメリカントラッド』の所謂世界3大スタイルからメンズスーツのおすすめブランドをPICK UPし掲載しています!

イギリスのドレスコードではシャツ姿になってはいけない?

 その際シャツは英国流でいけば派手なものか思い切り地味なものを着るのが似合います。
イギリスは人前でシャツ姿になってはいけないドレスコードのある国なので、シャツは肌着であり遊び感覚を足してゆくアイテムなのです。
白いドレスシャツを選びながら、ネクタイはレジメンタルを巻いて無難にコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

靴はフルブローグで気分に合わせて履き分け!

スーツ 歴史

また、レザー製品に定評がある国なので、靴はフルブローグのカントリーシューズやオックスフォードなどを選んで履き、色は茶とブラックの二色を揃え、気分に応じて履き分けてゆきたいところです。

クロケット&ジョーンズ(CROCKETT & JONES)の人気モデルを総まとめ!
欲しい革靴・ロファーがきっと見つかる!クロケット&ジョーンズ(CROCKETT & JONES)の人気・定番モデル特集!欲しいがきっと見つかる!

ジャケットはツイード!イングリッシュウール特徴とは?

ジャケットは単体でならツイードのものが人気で、イングリッシュウールを使ったツイードは、天然の草木で染め上げられているから色合いがやさしく出ており、分厚い生地なのでとても温かいことで有名です。
寒い国であるイギリスでは、ツイードが伝統的に愛されているのです。

まとめ

今回は、ジャケットの歴史的な背景から、現在主流とも言えるブリティッシュスタイルの着こなしや、特徴について、主観も交えながら紹介致しました。
ジャケットのマナーである、ポケットの『イン』or『アウト』については、現在も、営業職等におけるビジネスマナーとしては根付いておりますので、背景と合わせて、押さえておいて頂けたらと思います。

\あなたに今おすすめ/