スーツの相場を特別公開!リクルートやビジネスの気になる値段とは?

30代後半から40代以降のスーツ相場は10万円以上でもOK

30代後半から40代以降のスーツの相場と値段

30代後半から40代のスーツ相場は10万円以上になります。
これは50代から60代も含めての相場になります。
年齢に比例して相場が上がるのは、30代後半を過ぎると会社等の組織内での役割に加え、組織を引っ張る役職が付く年代になるためです。

ウール100%の生地のスーツが40代以降のスーツの相場

40代以降のスーツの相場と値段

手持ちのスーツは、ほとんどが混紡ではなくウール100%で高級感のある生地のスーツになってもおかしくない年代となります。
取引先担当者の役職も上がってきますし、会社同士の付き合いのシーンで会社代表という立場もあり得ますので、失礼のない装いが求められるのは当然かもしれません。
ウールのスーツについて詳しく知りたい方は別の記事にまとめていますのでこちらか確認ください!

スーツの生地をランク付け!おすすめ生地の種類や見分け方とは?
スーツの生地を各付けする方法を大公開!ブランド生地やおすすめ生地の種類は様々ありますが、シンプル且つ今すぐ実践できる生地ランクの見分け方を紹介します!タグやsuper表記の確認方法から、様々な種類がある生地の特徴や名前など幅広くお役立ち情報を掲載中!

スーツの価格と保持数の相場は年齢に比例して上がる

40代以降のスーツの相場と値段

以上、年代別にスーツの相場を紹介してきました。
1着の価格と持っているス ーツの数を箇条書きにすると以下のようになります。

1)リクルートスーツ
着る期間を考えて1万円代。
1着で十分。

2)10代から20代前半 1着2~3万円、高くても5万円。
季節を考えても5~6着は持っていたい。

3)20代後半から30代前半 1着3万円代から高くても10万円以下。
季節を考えても5~6着は持っていたい。

4)30代後半から40~60代 1着10万円以上。
組織同士の付き合いも考え10着は持っていたい。
世代別のスーツブランドランキングが気になる方は、別の記事にまとめているので、こちらから確認してみて下さい!

おすすめメンズスーツ!年代別ブランドスーツランキング15選!
あなたの好きなブランドは何位?世代別、スーツのおすすめブランドランキング15選!

まとめ

何にでも相場はあるものですが、もちろんスーツにも当てはまります。
サラリーマンのユニフォームとしても異論のないスーツですから、年齢に応じた収入 増と役職などを加味して、スーツの値段や保持数の相場も上がっていくことになります。
さらに生地や縫製の違いでも相場は上がっていきますので、ここに 挙げた数字などは平均的、一般的な観点からのものであることをお断りしておきます。

スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
スーツの豆知識
Wealthy Class