ブランド小物

アニアリ(Aniary)のおすすめバッグ特集!評判や修理から店舗情報まで大公開!

ブランド小物

今回は、アニアリ(Aniary)のおすすめメンズバッグ特集と題し、アニアリ(Aniary)のメンズバッグの魅力について、徹底解説していきます。
アニアリ(Aniary)と言えば、芸能人も御用達の人気有名ブランドになりますが、そんなアニアリ(Aniary)の20代・30代・40代までの年代別人気アイテムから、エイジングやお手入れ方法・修理に関する日常的な必要情報も一挙大公開しています。
加えて、アニアリ(Aniary)の気になる評判や東京青山をはじめ、全国の取り扱い店舗についても掲載していますので、是非最後までお付き合い下さい!

スポンサーリンク

アニアリ(Aniary)の歴史とは?

アニアリ Aniary バッグ

出典:https://www.sagacity.bz/aniary/

アニアリ(Aniary)は日本生まれのファクトリーブランドで、革製品を中心に取り扱っているのが特徴です。
誕生は1997年のことで、海外生産が当たり前の時代にありながら、品質の維持と職人の育成を目的として、国内生産に拘っています。
名前の由来は理想と現実の英訳から作られた造語で、その名前のように物づくりで理想を現実にします。
アニアリ(Aniary)の物づくりでは、生活を快適にするためのアイテムという哲学があって、機能性とデザインの両立に挑戦し続けます。
主要なデザイナーは大友成で、自らブランドを立ち上げたり製品作りに取り組んでいます。
アニアリ(Aniary)のイメージには、デザインとアパレルや美容業界、そういったキーワードがあてはまる傾向です。
また、手頃な価格ながらも大人向けのデザインなので、一般だけでなく芸能人の間でも幅広く人気を獲得しています。
ビジネス向けのアイテムもありますが、どちらかといえばカジュアル寄りが多く、気軽に愛用できるのが魅力です。

オロビアンコはダサい?時代遅れを解消する旬なおすすめアイテム3選はこれ!
ダサいを解消したいビジネスマン必見!オロビアンコ(Orobianco)のブランドバッグを徹底解説!ブランドの歴史や特徴をはじめ、気になる評判や、年齢層別のおすすめアイテム3選を厳選公開!きっとあなたの欲しいが見つかります!公式店舗情報も公開しているので、最寄りの店舗まで!

アニアリ(Aniary)の特徴や評価・評判とは?

アニアリ Aniary バッグ

アニアリ(Aniary)の特徴は、2万円から3万円の価格帯と手頃なのに、素材や作りの品質が良くて満足感が得られると好評です。
主な年齢層は30代から40代が中心なので、物の善し悪しが分かる大人に認められているといえるでしょう。
肝心の革質については、最初から柔らかく手に馴染みやすい、そういった評価が定着しています。
柔らかいとはいっても、決して使用されている皮革が薄いわけではなく、使い込んだかのような加工が施された結果です。
耐久性は手間暇の掛かる加工によって確保されているので、簡単に壊れることはありませんし、使えば使うほど愛着が湧くはずです。
販売される段階で、既に革の完成度は高い状態ですから、直ぐに味わい深いバッグが楽しめます。
ただ、革は経年で更に変化する素材なので、長く愛用し続けることができます。
柔らかい素材は好みが分かれるところですが、気に入れば他にない使用感が得られます。
デザイナー生まれのブランドなので、見た目の評判は良好ですし、ブランドが目指す機能性とデザインの両立が評価されています。

アニアリ Aniary バッグ

価格:45,360円税込

ガンゾ(ganzo)のバッグや小物特集!人気アイテムや店舗情報も紹介!
国内高級ブランドであるガンゾ(ganzo)の魅力とは?おすすめ小物アイテムから、ビジネスマン必見のメンズバッグ、そして店舗情報まで幅広く紹介!

アニアリ(Aniary)のメンズバッグ!修理やお手入れの方法について!

アニアリ Aniary バッグ

出典:https://www.brianza-net.jp

アニアリ(Aniary)のメンズバッグは、アニアリ(Aniary)に持ち込むことで製作工場でのバッグ修理が受けられます。
期間に関係なく対応してもらえますから、一生物として愛用し続けることができるでしょう。
また、電話では製品に合わせたバッグ手入れのアドバイスがあるので、取り扱い方法を知りたいときに役立ちます。
来店の際には1回無料でメンテナンスしてもらえますから、こちらも見逃すことのできないポイントです。
普段のバッグ手入れは、馬毛などのブラシで全体的に埃を落とし、革用のクリームを広げて塗り込みます。
クリームは伸びるので、少量を柔らかい布に取り出して布を揉み込み、それから全体的に塗ります。
塗ったクリームは豚毛のブラシで馴染ませ、必要に応じて補色を行うクリームを塗って仕上げます。
経年変化のエイジングは、革の味わいが深まるものですが、摩擦などによる傷みとは違うので、定期的にお手入れをして大切に取り扱いたいものです。
ケアを心掛けることで、良い状態のままエイジングが楽しめますから、面倒だとしても手間を掛けてあげることが大事です。