ブランド小物

モンブラン(Montblanc)のビジネススタイル!おすすめ5選から専門店舗情報まで!

ブランド小物

モンブラン(Montblanc)愛用者必見!修理の方法について!

モンブラン MONTBLANC

モンブラン(Montblanc)の愛用者は日本にも多く、三島由紀夫や松本清張に山崎豊子といった作家が名を連ねています。

当然ながら、一般にも愛用者は多数存在しますし、長く愛されるのには理由があります。
理由の1つは長く使い続けられることで、メンテナンスが可能な点が愛用に結びついています。

モンブラン(Montblanc)のメンテナンスは公式に受けることが可能で、保証期間内なら無料、保証期間が過ぎても有料で万年筆修理、ボールペン修理が受けられます。

万年筆修理はペン先を始めとして、内部機構や本体のメンテナンスも受けることが可能です。

修理は本国で行われますから、修理日数や費用が発生しますが、何時でも新品同様になって戻ってくるのは魅力です。

ボールペン修理も同様に、モンブラン(Montblanc)が受け付けていますが、筆記具の専門店などでも修理してもらえる可能性があります。

正規パーツを取り扱う専門店であれば、本国への輸送が不要になるので、日数と修理費用が大幅に抑えられます。

ペン先だけなら取り寄せられますから、消耗品については自分自身で交換できます。

モンブラン(Montblanc)はペン以外でもビジネススタイルを後押しする!

モンブラン MONTBLANC

モンブラン(Montblanc)はペンが代表的なアイテムですが、他にも時計と財布やネクタイ・タイピン・ベルトといったアイテムもビジネススタイルを後押しします。

モンブラン(Montblanc)の時計は売れ筋で、シンプルなデザインながらも、クラシックな感じとモダンさが同居しています。

ビジネスマンの腕に映えますから、同じブランドで組み合わせることで、ビジネススタイルの幅が広がります。

財布も同様にシンプルな傾向ですが、高品質な素材を採用していることから、引き締まった印象で高級感と格好良さがあります。

機能性や使い勝手も良好なので、シンプルでも飽きませんし、長く愛用して手放せない一品となり得ます。

ネクタイタイピンはペンを連想させるデザインで、黒字に金色のアクセントが光ります。

万年筆やボールペンと揃えることによって、より一体感が生まれますし、モンブラン(Montblanc)らしいビジネススタイルの後押しが実感できるでしょう。

このように、小さく光る魅力的なアイテムが豊富なブランドなので、1つ身につけるだけでも楽しめます。

モンブラン(Montblanc)の専門店や店舗情報について!

モンブラン MONTBLANC

モンブラン(Montblanc)の専門店はオンラインショップを始めとして、東京と広島や大阪にもブティックが存在しています。

東京は銀座を筆頭に、有楽町と池袋や日本橋に、六本木や羽田といった場所にも店舗が多数あります。

特に、銀座や新宿などは1つの地域に2店舗以上の展開で、モンブラン(Montblanc)が力を入れていることが分かります。

広島は全部で3店舗となっていて、胡町と八丁堀や基町にそれぞれ1店ずつ存在します。

名古屋は今のところ残念ながら出店はなく、今後の出店に期待される状況です。

一方の大阪は7店舗の展開中で、角田町や中央区と阿倍野筋、茶屋町と心斎橋筋に同じく角田町、そして博労町の計7店です。

モンブラン(Montblanc)は他にも、札幌と岩手に新潟や、静岡に滋賀と京都、九州地方や沖縄にも展開しています。

全国全ての地域を網羅しているわけではありませんが、主要都市に必ず1店舗ある感じですし、案外身近な場所で商品の購入や修理が受けられます。

つまり、それだけモンブラン(Montblanc)は身近に存在しているブランドで、誰もが手に取るチャンスがあるといえます。

まとめ

今回は、モンブラン(Montblanc)のブランドコンセプトや背景について、歴史的な観点やブランドイメージ、さらにはロゴに隠された意味について紹介させて頂きました。

また、現在は時計でと売上が全体の6割を占める中、ブランド小物として外すことの出来ない、万年筆や、ボールペンのおすすめ5選を紹介致しました。

エグゼクティブ男性へのプレゼント及び、品格の現しの一アイテムとして、欠かすことの出来ないブランドではないでしょうか?

是非、店舗情報を基に、この機会にお試し頂けたらと思います。