スポサーリンク

オーダースーツの人気おすすめブランド『CANONICO-カノニコ-』!コスパや値段相場を徹底紹介!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『CANONICO-カノニコ-』の歴史とは?

350年以上テキスタイルメーカーとして、確固たる地位と人気を誇る『CANONICO-カノニコ-』は、1663年に、イタリアのビエラにて誕生しています。
そんな『CANONICO-カノニコ-』は、オーストラリアに自ら牧場を保有しており、羊の飼育や紡績、更には、生地の作成まで全て自社で行う所謂、一貫生産体制を強みにしているテキスタイルメーカーになります。
バーバリー』、『アルマーニ』、『ラルフローレンなど数多くの高級ブランドに生地を提供している実績があり、イタリアのみならず、世界的に超一流生地ブランドとしてその名を轟かせています。

『CANONICO-カノニコ-』のお値段はいくらぐらいが相場?

既成服としての『CANONICO-カノニコ-』の価格帯は、各種ブランドの相場感によってもお値段が異なりますが、そのことを大前提とした上で、例えばバーニーズニューヨークラルフローレンなどでは100,000円前後のお値段で既製服として販売されております。
また、オーダーメイドにおいても、『CANONICO-カノニコ-』の生地のグレード(super等)で価格感が異なっております。
例えば、ハイブランドが展開している、メイドトゥメジャー サービスでは、150,000円以上がそもそものオーダーメイドの相場感となっており、加えて、国内のオーダーメイドショップなどでは、ージーオーダーで60,000円前後〜100,000円前後、パターンオーダーであれば、40,000円前後で全国展開されているような量販店において、お買い求め頂く事が可能です。

『CANONICO-カノニコ-』の生地の特徴とは?評判の裏側まで!

出展:https://precious.jp

基本的に、イタリア産地の生地は、手触り・ツヤ感・柔らかい肌触り・が大きな特徴になります。
そんな中、『CANONICO-カノニコ-』の生地は、特に軽くて、柔らかく、発色が良いことが最大の特徴です。
また、その質感の良さこそ、『CANONICO-カノニコ-』が長きに渡り、人気や評価を得る最大の理由と言えます。
また、『CANONICO-カノニコ-』の生地は、発色の良さから、色合いとしては、ネイビーが人気です。

夏のおすすめ①
CANONICO-カノニコ-の人気生地『トロピカル』は機能性抜群!

「トロピカル」という生地は、ウール(羊毛)を使用し織られており、最大の特徴は、クールビズ向けのアイテムとして活用される機会が多いことと合わせて、日本のような、高温多湿の夏においてもサラッとした着心地と抜群の通気性で、ストレスを感じることなく着用できる機能性に富んだ生地であることです。

夏のおすすめ②
CANONICO-カノニコ-の人気生地『モヘア』は高級感を演出したい方向け!

「モヘア」という生地は、アンゴラ山羊から取られる羊毛を指します。
「モヘア」はコシが非常に強く、独特の光沢感を放つことが、最大の特徴であり、そのため、夏の日差しが生地に反射することによって得られる、独特の光沢感が、夏の清涼感と「モヘア」ならではの高級感を演出します。
特にダブルのスーツや、フォーマルスーツとして仕立てることにより、「モヘア」の特徴である独特の高級感が演出可能で、男らしさを引き立たせます。

冬のおすすめ!
CANONICO-カノニコ-の人気生地「フランネル」はダンディズムの大定番!

フランネル自体、保温性に優れ冬には欠かせない定番の生地ですが、通常フランネルという素材は、トーンが若干暗くなってしまうのが一般的になります。
しかしながら、『CANONICO-カノニコ-』のフランネルは、非常に鮮やかで、尚且つ綺麗な色合いが多いめ、冬のお洒落をワンランク上げてくれる冬の大定番として欠かせないアイテムになっています。

番外編!
CANONICO-カノニコ-の人気生地「ブークレ」はジャケパンスタイルに最適!

鮮やかなデザインのものが多いため、主にジャケットに使用される機会が多いのが「ブークレ」の特徴となります。
素材の特徴から、現在流行のジャケパンスタイルに活用しやすい人気生地です。
また、ネーミングにあるよう「ブークレ織り」という織り方で仕上げており、「ブークレ」は、雰囲気がニットのようで素材で伸縮性があり、質感としては柔らかな肌触りで着心地も良く、擦れても摩擦しにくい「耐摩擦性」という特徴を保有しています。
そのため、高級感に溢れ、多様性があることから、非常に人気を集めている生地になっています。

タイトルとURLをコピーしました