スポサーリンク

オーダースーツの生地といえばDRAGO(ドラゴ)がおすすめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DRAGO-ドラゴ-の歴史とは?

DRAGO-ドラゴ-はコンパクトヤーンを一早く採用!

DRAGO(ドラゴ)は、1963年に紡績会社として創業しており、その後、ウンベルト・ドラゴ氏によって1973年から糸の生産をスタートする事となります。
そして、DRAGO(ドラゴ)は、コンパクトヤーンと言う、毛羽を伏せて滑らかにした糸を、紡績に一早く採用したことでも有名であり、糸の納入先にあたるヨーロッパのマーケットで有名な「FINTES」ブランドを2001年に傘下としています。
またその後、自社の高品質な糸を活用するブランドとしてをDRAGO(ドラゴ)を開始し、現在においては、DRAGO(ドラゴ)ブランドのみに高品質な糸を提供しており、一部を除く全世界でDRAGO(ドラゴ)という生地ブランドにて統一しています。
そのためDRAGO(ドラゴ)の生地は、「高品質な糸=高品質な生地」を求める世界の高級ブランドから高い評価を得ています。

DRAGO-ドラゴ-の特徴とは?

Super130s以上の糸の生産シェアはなんと・・・

イタリア最大の毛織物産地にあたる“ビエラ”を代表する生地メーカーであるDRAGO(ドラゴ)は、糸の紡績から生地までを一貫して製造する、ビエラでも唯一且つ、世界的にも珍しい生地メーカーになります。
DRAGO(ドラゴ)の最大の特徴は、細番手である、Super130s以上の糸の生産を行い、そのシェアはなんと、全世界の役70%を占めています。
また、スーツの生地として、最も細番手となるSuper210s’の生地を生産・開発していることも非常に有名であり、世界的にも注目を浴びている生地メーカーになります。

DRAGO(ドラゴ)のウール生地が最高峰と呼ばれる理由とは?

出展:https://www.dormeuil.com/

DRAGO(ドラゴ)のウール生地は、メリノ種というオーストラリア原産の最高級毛及び、中国産で最上質と言われている、カシミヤを主原料としており、その中でも特に良質の部分のみを吟味し採用しています。
生地の品質は、イタリアのLoro Piana(ロロ・ピアーナ)や、Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)と並び、高品質素材のアイテムを数多く製造し続けています。

タイトルとURLをコピーしました