スポンサーリンク

オーダースーツのおすすめブランド『Ermenegildo Zegna-ゼニア-』の生地が人気!

Ermenegildo Zegna-ゼニア-の歴史

今では高級ファッションブランドとして有名なゼニアですが、もともとは1910年にイタリアの生地メーカーとして発祥。以来ゼニア社は、「最高のスーツは上質な生地があってこそ」という考えのもとに、生地作りに極上を追求し続けており、オーストラリアなどの契約農場より最上級の原毛を買い付けて、イタリアの自社工場にて、紡績、染色、仕上げまでを一括管理。「一貫紡」と言われるこのシステムによって品質を安定させ、最高級生地を作り上げる土壌を整えています。
そして、当時圧倒的に強かった英国生地をしのいで、ファブリックメーカーとして世界一の座に上り詰めたブランドになります。
最高品質の生地メーカーとして世界的に有名になったゼニアですが、ハイブランドに対しては、「アルマーニ」「トムフォード」「キトン」「エルメス」「ヒューゴボス」「ラルフローレン」「ブリオーニ」などに生地を供給しています。
このようなスーパーブランドをはじめ、現在では、高級紳士服のおよそ30%はゼニアの生地で作られていると言われています。
また、生地の供給会社として確固たる地位を築いたゼニア社は、1968年よりプレタポルテ(既製服)の企画販売に乗り出し、ミラノとパリに最初の単独ショップをオープンしています。
品質の良さと洗練されたデザインが評判となり、またたく間に国際的評価を得て、日本でも1996年に銀座に直営の旗艦店をオープンさせ、伊勢丹、三越、阪急などの有名百貨店内新宿の路面店など23箇所にあります。総ショップ数は、世界80か国の地域において555店舗に渡り、ビジネスマンの憧れのスーツブランドとして認知されています。

出展:https://www.zegna.jp

Ermenegildo Zegna-ゼニア-の特徴

見た目、触り心地、高級感、上品さ、清潔感、軽さなどゼニア生地の特徴を挙げれば、すぐにこれだけの形容する言葉が出てきますが、中でもゼニア生地の一番の特徴は、見た目の「ツヤ」と触った時の「なめらかさ」です。
生地の表面にはツヤツヤとした上質な光沢があります。
このツヤは羊毛の脂(あぶら)に光が当たって浮き出る光沢で、羊毛の品質が良くないと美しいツヤは出ません。
そして触り心地は、触れた瞬間に「ヌルッ」とした高級生地独特のさわり心地で、ウール100%なのにまるでカシミヤのようなしっとりとしています。
こうしたツヤとさわり心地感を生み出すために、ゼニアはぜいたくな原料の厳選をしており、オーストラリアの契約農場から買い付けた羊毛から『脇と肩の高品質の部分だけ』を使用し、その他の部分は使っていません。
また、糸の選定も、ただ単純に糸の細さだけにこだわるのではなく、長さ、色、密度、引っ張り強度などを細かく検査して、自社の基準に合ったものだけを使用しています。
ゼニアは特に生地の弾力性や耐久性を生み出すクリンプ(波状のちぢれ)にこだわっています。
極細糸を使用した柔らかな生地は糸が細いためコシが出ず、型崩れを起こしてしまいますが、ゼニアの生地は細くても弾力性に富んだクリンプを含んだ糸を使用しているので、柔らさかと適度なハリを出すことができます。
その他にも、ジャケットやシャツ、ベルト、シューズ、バッグなどのレザー製品も手がけており、ゼニアのスーツは世界のエグゼクティブから絶大な信頼を得て、国家元首をはじめ、世界中の実業家、芸術家、俳優、スポーツ選手などハイクラスの人々が愛用しています。

出展:https://www.zegna.jp

Ermenegildo Zegna-ゼニア-のオススメ生地とイメージ

ゼニアの日本向けの生地コレクションは定番生地が300種類、シーズンごとの新作生地が150種類、合わせて450種類が毎シーズン発売されています。
世界で発売される生地の品種数すべてで言えば、約3,000種類以上。これは他メーカーが発売する約5倍の量になっています。

TROFEO -トロフェオ-

ゼニアを代表する生地だけに、コレクションの量は最多です。無地をはじめ、ストライプやチェックなどの柄物もラインアップされています。
原材料にも高い品質を求めるゼニア社独自のトロフィー制度によって買い付けられた、スーパーファインメリノウール(SUPER130’クラス)の素材です。トロフェオとはイタリア語でトロフィーのことで、ゼニア社主催のオーストラリア原材料品評会で、その年の最高品質の羊毛を出品した牧場主に贈られるゼニアトロフィーが名前の由来となっています。風合いはソフトで程良い光沢感が特徴で、夏以外のスリーシーズンで着て頂くことが出来ます。糸はメリノウールの中でも選りすぐりのものしか採用しておらず、1mあたり230g~240gと軽いので、夏を除いたスリーシーズンに着ることができます。

出展:https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=2173

ELECTA -エレクタ-

1929年に登場したゼニアのロングラン商品で、シワのなりにくさと耐久性を備えた秋冬の定番素材です。
しなやかな質感と耐久性という相反する性質を兼ね備えていることで人気の生地です。スーツに仕立てた際もシワになりにくく長く着ることが出来、さらに見栄えもするゼニア社のこの定番素材は、クリアカットの高級感あふれる輝きと艶が特徴です。
また、糸はSUPER110’クラスを使用し、1m当たりの重さは330g~340gとしっかりした重量があります。生地表面の毛はクリアカットされているので、高級感のあるツヤを生み出していのが特徴です。
2017年の秋冬からエレクタの軽量版が発売されます。現状よりも30グラムほど軽くなるのでビジネスシーンでの活用もし易い生地になります。

出展:https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=2173

TRAVELLER -トラベラー-

トラベラーというネーミングは「トラベル」から付けられており、その名の通り旅行や出張に最適な生地です。
強く撚ったダブルツイスト糸(2本の糸を撚り合わせ1本の糸にしたもの。)を使用し、生地に織り上げる段階で防シワ・摩擦加工を施しているので、出張先でシワになった上着を一晩ハンガーにかけておけば、翌朝にはおおよそ元の状態に回復します。
通常、双糸を使うと生地が厚くなる傾向にありますが、1mあたり280~290gに軽量化されているので、春と秋冬に着られる厚さと重さで、使用頻度が高いスーツとなります。
その他にも、シルク混約10%のトラベラーもあり、光沢感が加わった美しい素材となっています。

出展:https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=2173

COOL EFFECT -クールエフェクト-

クールエフェクトは、17ミクロンのウールを使用し、生地の染めと仕上げの段階で特殊なトリートメント加工を施すことによって太陽光を80%反射し、表面温度を10度下げる機能性生地として登場しています。
ファッション誌に掲載され爆発的人気となり品切れが続出した夏用のスーツ生地です。
通気性も高いため湿気が多い日本の夏にも快適に着用出来ることで非常に人気な生地となっています。

出展:https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=2173

HUACAYA TWEED  -ワカイヤツイード-

アルパカの種類であるワカイヤをペットネームで展開しています。
ゼニアコレクションの中で、初のアルパカ混が取り上げられた新素材になり、ざっくりしたツイード風の見た目ながら、柔らかく高級感のあるジャケットに最適です。

出展:https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=2173

出展:http://sarto-afferarre.blogspot.com/2016/08/ermenegildozegna2016.html

TROFEO DENIM  -トロフェオデニム-

ゼニアが誇る最も有名で高品質な「トロフェオ」を使用したウール100%のデニム素材で、色落ちもし難い加工が施されています。パッと見では“デニム素材”と分からない程、上品でオシャレな生地感が魅力です。

出展:https://www.global-style.jp/enjoy-order/?p=2173

出展:http://imperials09.blog.fc2.com/blog-entry-2221.html