【フィンテックス】おすすめスーツ生地3選!評判や価格を総まとめ!

今回は、イギリスの名門で、英国の最高品質生地としても名高いフィンテックス(FINTEX)のオーダースーツを紹介していきます。
フィンテックス(FINTEX)は、生地のロールスロイスとも呼ばれており、多くの富裕層やエグゼクティブ層を顧客に抱える人気の高い生地メーカーです。
FINEは(素晴らしい)TEXTURE(織物)を意味し、グローバルに展開するフィンテックス(FINTEX)のおすすめ生地の評判や気になる価格帯に迫りますので、是非最後まで、お付き合い下さい。

スポンサーリンク

フィンテックス(FINTEX)の歴史とは?

フィンテックス(FINTEX)の歴史

出典:https://tangoya.jp/

フィンテックス(FINTEX)とは、1881年にイギリスのロンドンで設立され、貴族や王室で愛用されているロンドンのマーチャント(毛織物商社)になります。
そのテイストがイギリスの伝統的なパターンを中心とした非常にトラディショナルなスタイルであることから多くの富裕層に広く受け入れられるものとなりました。
現代は様々なデザインのスーツが世界中で流行し、その記事も様々なものが採用されています。
しかしその中であくまでもスーツの基本とも言われるブリティッシュスタイルにこだわり、伝統的なパターンをモチーフにオリジナルのものも含めて全てトラディショナルに固執しており、多くのオールドファンから注目されているのです。

フィンテックス(FINTEX)が初?生地耳のブランド名とは?

フィンテックス(FINTEX)の生地

また1889年には、現在ではほとんどの生地メーカーが採用している、生地の耳の部分にブランド名を入れる仕組みを最も早く導入しており、そのブランド名に強いこだわりを持っている点もフィン テックス(FINTEX)の特徴とされています。
この点も富裕層に注目されるポイントです。

フィンテックス(FINTEX)のスーツの特徴とは?

フィンテックス(FINTEX)の生地とスーツ

出典:https://www.zerbino.info/

フィンテックス(FINTEX)のスーツの特徴はあくまでもブリティッシュトラディショナルにこだわっている点です。
現在はそのデザインにも様々なものがあり、従来のイメージを覆すようなシルエットを持つものも非常に増えていますが、これらは非常にファッション性を重視している傾向が強く実用性に乏しいものも少なくありません。
その中で伝統的なブリティッシュトラディショナルのデザインは多くの年齢層に受け入れられるものとなっているほか、見た目にも美しいシルエットを持っている点が特徴です。

スーツのブリティッシュスタイルに関しては、別の記事にて詳細を細かく纏めています。
詳細について気になる方は、是非こちらも合わせてご確認下さい。

スーツの歴史!ブリティッシュを起源としたグローバルなスタイルとは?
スーツやジャケットに関する歴史やスタイルを大公開!ブリティッシュスタイルから、今流行のおすすめブリティッシュブランドも一挙大公開!歴史と共に進化を遂げた、グローバルなスーツスタイルを紹介していきます。

フィンテックス(FINTEX)の生地や美しきシルエットについて!

フィンテックス(FINTEX)の生地とスーツ

フィンテックス(FINTEX)は、歴史深い生地メーカーで、この会社の生地は古くから利用されているデザインを基調としたものが多く、トラディショナルなシルエットを描いたときに最も美しいライン表現するようになっているのがポイントです。
古さを感じさせないしっかりとしたシルエットを描くことができるのも魅力となっています。

スーツの生地に関しては、別の記事にて詳細を細かく纏めています。
詳細について気になる方は、是非こちらも合わせてご確認下さい。

スーツの生地をランク付け!おすすめ生地の種類や見分け方とは?
スーツの生地を各付けする方法を大公開!ブランド生地やおすすめ生地の種類は様々ありますが、シンプル且つ今すぐ実践できる生地ランクの見分け方を紹介します!タグやsuper表記の確認方法から、様々な種類がある生地の特徴や名前など幅広くお役立ち情報を掲載中!

フィンテックス(FINTEX)のスーツの価格や相場とは?

フィンテックス(FINTEX)の生地

フィンテックス(FINTEX)のオーダースーツは非常に高額で、一般の人ではなかなか手を出すことができない水準に達しています。
その理由は、生地を構成する糸の1本1本から最高品質のものを使用するとともに、デザインに寸分の狂いもないような効果的なチェックを一つ一つ行っている点がポイントです。
さらに実際にこの生地を利用して仕立てを行う際には手作業であることはもちろん、その模様を効果的に生かすことが出来るように細心の注意を払って下仕立てが行われます。
そのため、生地そのものの価格が約35万円からであるのに対し、作業も相互に関わるので安くても40万円から50万円程度の価格になることが予想されます。

スーツの相場に関しては、別の記事にて詳細を細かく纏めています。
詳細について気になる方は、是非こちらも合わせてご確認下さい。

スーツの相場を特別公開!リクルートやビジネスの気になる値段とは?
メンズスーツの相場について徹底解説!年収やライフスタイルにも大きく影響を受けるスーツの相場ですが、リクルート世代である20代からエグゼクティブが多い30代・40代など、年代別の保有数の相場やスーツに支出する値段の相場は意外と知られていません。そんなスーツの様々な相場を一挙大公開!

フィンテックス(FINTEX)の技術力からなる着心地が凄い!

フィンテックス(FINTEX)の生地とスーツ

フィンテックス(FINTEX)の技術は非常に高く、良質でムラのない仕上がりとなっていることから、非常に着心地が良くすんなりと体にフィットする柔らかな感覚が魅力で、一般的なメンズスーツとは大きな違いを持っているのがポイントです。
価格相応の品質を維持しているばかりでなく、落ち着いて着用することができる特徴を持っています。

フィンテックス(FINTEX)の評判は品質とデザイン性にあり?

フィンテックス(FINTEX)の生地

フィンテックス(FINTEX)は富裕層を中心に非常に評判の良いものとなっているのが特徴です。
一見普通のスーツに見えるような生地ですが、その品質が高くデザイン性に優れており、美しいイメージを焼き付けるものとなっています。
しかし一般的な豪華なブランドのようにそのイメージを押し付けるものではなく、落ち着いた雰囲気ではありますがしっかりと上質さをアピールする点を備えており、一目で高級そうな印象を与えるところが非常に注目されています。

フィンテックス(FINTEX)は良質なテーラーのみに生地を供給?

フィンテックス(FINTEX)はその品質に大きなこだわりを持っており、ブリティッシュトラディショナルの重厚さと高級感を併せ持っていることから、価格が高いのにもかかわらず多くの地域で人気を博しています。
オーダーメイドを行うテーラーも良質のテーラーだけが取り扱えるようになっており、ブランドのイメージも印象強く効果的なものとなっているのが特徴です。
そのため富裕層にとっては自らのステータスを表現するのに良いと評判になっている生地です。

オーダースーツ
FOLLOW US!〜最新情報を受け取る〜
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
Wealthy Class