オーダースーツ

ジョン フォスターの生地や価格に迫る!着る人を虜にするその魅力とは?

オーダースーツ

今回は、ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の生地や価格について徹底解説致します!
イギリスの名門ジョン フォスター(JOHN FOSTER)は、イギリスメイドの上品さとイタリア風味を兼ね揃えた世界的有名ブランドです。
そんなジョン フォスター(JOHN FOSTER)の歴史的な背景やおすすめしたい生地コレクションの特徴をはじめ、気になる評判や価格感など、幅広い情報を交えながらジョン フォスター(JOHN FOSTER)の人気の秘訣に迫ります。

スポンサーリンク

まずはジョン フォスター(JOHN FOSTER)の歴史に迫る!

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)は、1819年にイギリスのウェストヨークシャー州ブラッドフォード郊外クイーンズベリーで創業したブランドです。
当初は地元で作られた生地や糸などを買い取るといった取引をしていましたが、次第に織物工場ができ、そこから生地の生産が始まっていきます。
当時、グレートエキシビジョンにおいてモヘア生地で1等、糸の方では金メダルを貰うほど品質の高さが認められていました。
1世紀以上世界の有名なアパレルメーカーなどにモヘア生地や細番手の生地が採用され続けており、ジョン フォスター(JOHN FOSTER)というブランド自身もオーダースーツを作るという歴史を持つようになってきました。
最初からオーダーメイドスーツを商売にしてきたわけではなく、地元の生地や糸の取引から織物工場での生地・糸の生産、そして、世界に認められた糸や生地を使って独自の視点から生み出されたオーダーメイドスーツの生産と販売というように、しっかりと地盤を固めて成長してきました。

オーダースーツの全貌とは?オーダーの種類や生地に縫製など総まとめ!
オーダースーツの全貌について、オーダーの種類や生地に縫製などについて徹底解説!ハイブランドとオーダースーツの比較を始め、オーダーの方法による価格相場やコスパの違い等、あなたの気になる情報が満載!また、縫製や生地の見分け方(選び方)についてや、イタリアモデルやイギリスモデルなどスタイルの違いについても特別大公開!

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の生地の特徴とは?

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)

出典:https://www.zerbino.info/

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)のオーダースーツに使われている生地の特徴は、今までのイギリスのブランドのスーツのように硬めの肌触りではなく、イタリアの生地よりもコシがある仕上がりになっていて、丁度イギリスの物とイタリアの物の良い部分を併せ持っています。
耐久性とコストパフォーマンスが高いですので、オーダーメイドスーツを持ちたいと考えている人々には選択肢の一つとして良いでしょう。
クラシックさを感じる色味であったり、無地やチェックやストライプといった定番の要素がスーツになった時に英国らしい上品さを生み出す事が出来ます。
オーダーメイドスーツは高いというイメージがありますが、それをより手頃な価格で、しかもスーツのデザインだけでなく、スーツを着用した時の肌触りも良いですので、様々なシーンで活躍してくれるスーツを持つ事が出来るでしょう。
イギリスらしさを持ちつつ、肌触りの良いスーツを作る事ができ、長年親しまれてきましたので、使い勝手は良いです。

スーツの生地をランク付け!おすすめ生地の種類や見分け方とは?
スーツの生地を各付けする方法を大公開!ブランド生地やおすすめ生地の種類は様々ありますが、シンプル且つ今すぐ実践できる生地ランクの見分け方を紹介します!タグやsuper表記の確認方法から、様々な種類がある生地の特徴や名前など幅広くお役立ち情報を掲載中!

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の気になる評判や値段とは?

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)

オーダースーツは何十万円とするというのが一般的な認知ですが、ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の場合は、オーダーメイドスーツを作る値段が相場よりもかなり安く、最安で5万円弱ぐらいから作る事が可能です。
1世紀以上様々な世界的なファッションブランドが支持してきただけあって、生地に関する評判は高くなっています。
何着も持っておきたいという時に重宝しますし、デザイン面でも英国独特の堅いイメージが和らげられており、丁度良い具合に洗練されたデザインになっていますので魅力的な製品に仕上がっています。
スーツを作ってもらう店での縫製や付属品などによって多少値段は変わってくるかもしれませんが、非常にリーズナブルにオーダーメイドのスーツを作る事が出来て、現在でも多くの人々のニーズに応えてくれます。
ビジネスの世界では、その立場に応じてスーツを用意しておいた方が望ましいですので、初めてオーダーメイドでスーツを作るという時にジョン フォスター(JOHN FOSTER)の生地を選ぶと良いでしょう。

スーツの値段が決まる3要素をセレクト!年齢別のスーツの相場とは?
スーツの値段を決める3要素を特別セレクト!年齢別の値段相場も公開中!スーツの値段は、ゾゾスーツの値段をはじめ、各ブランドの値段比較が多々取り上げられています。しかし、価格に対する素材の良し悪しや、商品価値が理解出来ていないと、価格を適正に評価するのは難しい現状です。そこでスーツの値段決定付ける3要素を特別公開します。

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)のおすすめ生地3選を紹介!

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)

出典:https://www.global-style.jp/

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の生地の種類は上品でリーズナブルなオーダーメイドスーツを作るのに十分な種類があります。
Super120’sウーステッドアンドカシミアは、120’sウーステッドから作られたカシミヤやフランネルを含んでおります。
Super 130’s ヘリテイジコレクションは、生地の最高峰のオーストラリア産メリノウールの生地になっており着用の際の着心地は正に上質です。
また、一層上品さを求めるのであれば、プラチナムコレクションも大変おすすめです。
生地の模様は無地やストライブ柄やチェック柄があり、秋・冬に適しているのは艶感が綺麗に仕上がっているヘリンボーンやオルタネイトストライプなどのような落ち着いた物を選び、春・夏ですと爽やかさを感じさせたいですので、青の線が涼しげなチェックの生地を使用している物を選ぶと良いでしょう。
英国らしさを出す生地の色柄は、秋・冬用のスーツや春・夏用のスーツに対応する事が可能ですので、消費者が求めるタイプのスーツを注文し易くなっています。

まとめ

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)

ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の生地は、世界中の有名ブランドが認める品質と歴史を持っており、この生地を使って作られたオーダーメイドスーツは価格面でも安くなっています。
オルタネイトストライプなどのデザイン面では英国らしさを出しており、カシミヤやフランネルの質感は最高級という特徴を最大限に引き出しています。
イギリス生地とイタリア生地の特徴を併せ持っている事で両方の生地の良さをスーツにも出す事が可能です。
ジョン フォスター(JOHN FOSTER)の生地は、おすすめ生地の一つであり、初めてオーダーメイドスーツを作りたいという人に適しています。
また、何着もオーダーメイドスーツを持ちたいという人のニーズにも応える事が出来ますので、品質とコストパフォーマンスを求めるのであれば、良い選択肢と言えるでしょう。
英国紳士らしさを出したい、TPOに合わせたスーツを持ちたいといった要望にも応えてくれますので、スーツによるおしゃれを楽しむ事が出来るでしょう。