スポサーリンク

オーダースーツなら国内有名ブランド『御幸毛織-MIYUKI-』がおすすめ!生地の評判や特徴とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『御幸毛織-MIYUKI-』の歴史や評判とは?

日本の毛織物を支え続けてきた御幸毛織は、1905年に愛知県名古屋市に創業しました。
創業以来守り続けてきた確かなモノづくりは、100年以上たった今でも受け継がれています。
御幸毛織のモノづくりは一言で言って真面目で実直。
例えば、生地には通常どうしても製造工程でできてしまう”エス“と呼ばれる傷がありますが、御幸毛織の商品は欧州の生地に比べこのエスが非常に少ないのが特徴です。
「洋服を作る時にエスを避けて裁断すれば良い。」というのが欧州の考え方ですが、同社はそれをも許しません。
こうした「眼に見えない部分にもこだわる」という考え方は、日本のモノづくりの原点でもあり、それを頑なに貫き通すミユキだからこそ、日本のトップブランドであり続けるのです。

『御幸毛織-MIYUKI-』の生地の特徴とは?

出展:https://www.e-begin.jp

生地ができあがるまでには、おおまかに羊の毛の刈り取りからはじまり、糸を作り、色を染め、布を織り、トリートメントを施して最終仕上げするという工程があります。
通常これらの工程は分業制をとるのが普通で、英国の生地メーカーを意味するミルという言葉も“布を織る工場“を指すのが一般的となっています。
しかし御幸毛織は「糸一本も他人には任せたくない」というこだわりの下、オーストラリアに独自の御幸牧場を持ち、羊毛の生産から紡績、染色、製織、最終整理に至るまで、一気通貫で自社でおこなっています。
特に大規模な設備を必要とする染色や整理は、世界でも屈指の技術を誇り、国内の他メーカーはもちろん、英国のミルも真似のできない、最高のミユキクオリティーを世界に発信しています。

『御幸毛織-MIYUKI-』のおすすめ生地!ナポレナとは?

ナポレナのコレクションはミユキスペックの特別仕様にて特別に誂えられた服地と言っても過言ではありません。
世界に通用する純日本産服地、ナポレナ・サードジェネレーション。ナポレナ・サードジェネレーションのほぼすべてが、今や伝説と呼ばれているションヘル織機織機で織られています。
織り進むスピードの遅いこのションヘル織機は、生産効率と言う意味では最新の革新高速織機には劣りますが、膨らみのある独特の“味”があるため、あえてナポレナ・サードジェネレーションはこの織機で製織しています。

出展:https://www.e-begin.jp

サードジェネレーション:4/4 綾織り

出展:https://www.e-begin.jp

1本の経糸が4本浮いて4本沈む、を繰り返しており進む、他に類を見ない特殊な織り組織で創り上げられたナポレナです。
この織り組織を採用することで、糸本来の均一性による光沢(=いわゆる地艶)を引き出しています。

サードジェネレーション:本式ダブルクロス

出展:https://www.e-begin.jp

経糸(たていと)も、緯糸(よこいと)も2本の糸を走らせるダブルクロスです。
実は、巷には経糸だけが2重組織の“セミダブルクロス”の方が多く存在し、糸量が多く必要になる本式のダブルクロスはあまり存在しません。
国内では、この本式ダブルクロス組織をこなせる熟練工の数が少なくなってしまったことも原因の一つなのです。
御幸毛織は、あくまでもオリジナルの本式(英国式)ダブルクロスにこだわり、かつて英国製のダブルクロスに見られた細畝(ほそうね)のデザインを採用しています。

タイトルとURLをコピーしました