REDA(レダ)のスーツ!ATTOやマイヨールの生地ランクや評判とは?

スポンサーリンク

設立150年!REDA(レダ)の歴史が凄い!

REDA(レダ)は、イタリアを代表する名門服地メーカーの一つであり、1865年にイタリア北部に位置するウールの産地であるビエラ地区にウール工場を設立したのが、REDA(レダ)の始まりとなっています。
REDA(レダ)は、で150年以上の歴史を持つ老舗で、その長い歴史の中で、独自の生産方法を確立しています。
REDA(レダ)で採用する羊毛は、ニュージーランドにて3万ヘクタールもある自社牧場で管理し、羊の飼育から原料調達、工場での紡績、生地完成まで、全て自社で一貫生産することで、高い生産力と技術力を維持し続けています。
徹底的に管理された生産工程、完璧な糸を求め続ける探求心こそが、REDA(レダ)の製品を常にトップの品質に保ち続けている理由です。
定番となるクラシカルなデザインから、時にはファンシーなものまで、平均2500種ものデザインを毎シーズン世の中に送り出しています。

おすすめのスーツ選び!英・米・伊の3大スタイルの違いを窮めてから!
あなたはどのスタイルが好み?国別スーツの違いとは!?英・米・伊の3大スタイルを紹介!各スタイルのおすすめブランドをPICK UP!

REDA(レダ)の特徴と言えば・・・圧倒的なコスパが大評判!

出典:https://www.barneys.co.jp/

REDA(レダ)の人気の秘訣は、なんといっても圧倒的な『コストパフォーマンス』になります。
徹底的な管理のもと安定的に生み出される、高品質の生地のわりに、価格は比較的リーズナブルなのがREDA(レダ)の特徴です。
また、生地の強度試験をおこなう施設で、摩擦や引き裂きなどの実験をクリアしているので、とても丈夫な生地になっています。
また、世界に認められているREDA(レダ)の品質は、世界中の有名ファッションブランドを支えるものとなっています。
『ジョルジオ・アルマーニ』、『ラルフ・ローレン』など、名だたるラグジュアリーブランドがREDA(レダ)の生地が採用しており、日本においても、『green label relaxing』や『TAKEO KIKUCHI』などのスーツ生地にも採用されています。
そして、REDA(レダ)の生地デザインは比較的ベーシックなものが多く、生地の柔らかさが特徴です。
更に、ウール工場として世界で初めて、EUが定めるEMASというエコマネージメントシステムによる認定を受けた企業です。

アルマーニのスーツを徹底解説!気になる値段や評判を大公開!
高級ブランドの中でも最高ランクと称されるアルマーニのスーツを徹底解説!幅広い年齢層に愛用されるアルマーニのスーツの気になる値段や評判とは?また、ジョルジオアルマーニをはじめ、エクスチェンジやコレツィオーニ等、各モデルの種類やイメージ、更にはロゴについても、紹介中!公式店舗情報も確認の上、今すぐ最寄りの店舗にアクセス!
ラルフローレンのスーツを徹底解説!サイズ感の評判や値段相場とは?
アメリカントラディショナルの王道ブランドとして歴史のある『ラルフローレン』のスーツ特集!サイズ感抜群な驚きの理由に迫ります。女子ウケが高くファッション性に優れたイメージのあるラルフローレンのスーツについて各モデルの気になるお値段や評判について徹底解説致します。公式店舗情報も確認の上、今すぐ最寄りの店舗へアクセス!
タイトルとURLをコピーしました