ジュエリー

結婚指輪で人気のプラチナはどんな素材?ホワイトゴールドとの違いは?

ジュエリー
スポンサーリンク

結婚指輪で人気のプラチナは、経年劣化しにくい素材です。また、見た目は同じでも、ホワイトゴールドは全く異なる金属です。長く身につけたいジュエリーであれば、プラチナが性質が安定していて劣化しづらく、おすすめです。

クリソベリル 石

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

プラチナとは?材質の特徴

プラチナは、明るい白銀の輝きが魅力的な金属です。鉱山で採掘される状態ですでに白金の状態となっており、金に割金を混ぜて作り出すわけではありません。

また、金ほど派手な輝きではないため、上品で洗練された高級感を求める人に好まれるジュエリー素材と言えるのではないでしょうか。

プラチナは、金属的にとても安定した性質を持っています。経年による変色や変質が起こりづらく、結婚指輪の販売でプラチナが好まれているのはそのためです。

ホワイトゴールドとの違い

プラチナとホワイトゴールドは、見た目は同じシルバー色をした美しい金属です。

しかしながら、全く異なる金属です。

プラチナは単一の金属であるのに対し、ホワイトゴールドは金にパラジウムを割金として混ぜることによって、白さを出しています。割金を使うことで、強度という点ではプラチナよりもホワイトゴールドの方が優秀となります。一方ホワイトゴールドは表面をより白金ぽく見せるためにロジウムコーティングが施されているものが多く、経年劣化によってコーティングがはがれてしまうリスクがあります。

プラチナの代表的な種類

プラチナは、純度によっていくつかの種類に別れます。

pt900

プラチナジュエリーと日本国内で言われた場合、pt900が定番です。プラチナ純度が90%で、ジュエリーとして加工しやすく傷もつきにくいです。さらに、長く使い続けていても品質低下しづらいという魅力があります。

pt950

海外のプラチナジュエリーと言えば、pt950が定番です。国によっては、プラチナは純度が95%であることと定義されているところもあるほどです。pt900よりも硬度が低く、傷がつきやすくなりますが、純度が高くなることにより、資産価値は上がります。

pt850

pt850はプラチナ純度が85%のもので、プラチナと定義されるギリギリ最低純度となります。割金の割合が高いことで強度が上がり、傷がつきづらいというメリットが期待できます。

pt585

リーズナブルにプラチナを購入したい人に人気なのが、pt585です。プラチナ純度が85%以下なので、プラチナ製品と定義されることもなければ刻印もありません。しかし、リーズナブルで傷がつきにくいプラチナを堪能できます。

結婚指輪におすすめなプラチナ

結婚指輪は、何十年と続く長い年月の中で、毎日指にはめます。そのため、指輪の素材はできるだけ安定しているものがおすすめです。そのような理由から、pt900がよく選ばれるます。しかしながら、通年使用して傷がつくのは嫌という人であれば、あえてpt850を選ぶという方法も良いでしょう。

今おすすめのダイヤモンドアクセをおさえておこう!

キンバーライト

OTOKO DIAMONDが取り扱うダイヤモンドジュエリーの中でも、どんなアイテムが人気なのか?

今おすすめしたいリッチなジュエリーを編集部が厳選しPICK。

フォーマルの新定番!男の襟元に差をつけるダイヤモンドパーチ!

キンバーライト

OTOKO DIAMONDのダイヤモンドパーチは、オシャレにダイヤモンドを身につけたい男性に大人気のアイテム。

ブラウンカラーのダイヤモンドにプラチナやゴールドを合わせた、本物志向のダイヤモンドジュエリーは、シンプルで洗練された男にとって魅力的な要素がふんだんに詰まった仕上がりとなっている。

使用しているダイヤモンドは、天然のブラウンダイヤモンドで、カットはアイテムによってラウンドブリリアントカットやスクエアカットなど多彩なカッティングが施されている。

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.12ct)PT900〈無色〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.33ct)PT900〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.34ct)K18PG〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.1ct)K18YG〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.3ct)K18CG〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.109ct)PT900〈無色〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_スクエアカット(0.121ct)K18YG〈イエローカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

まとめ

プラチナは、元素記号でPTと表記される鉱石です。ホワイトゴールドのように複数の金属を混ぜて作られるものではなく、単一の金属です。プラチナは純度によって、pt900のように表記されます。純度が高くなると傷がつきやすくなるデメリットがある一方、資産価値が高くなるというメリットもあります。