スポサーリンク

スーツ選びの基本!体型・サイズ・値段を押さえて微調整で決定!

スポンサーリンク

スーツは社会人のユニフォームと言っても過言ではないほど、社会での着用が一般化しています。特に営業職となると、スーツ着用の有無が成果に直結する分野なので、初対面を含めて会う相手に好感を持たせるのがスーツの役割といえるでしょう。ビシッと決まったスーツの選び方の基本に迫ってみました。

スポンサーリンク

スーツ選び方の基本はサイズと値段の2つ

スーツを選ぶ際に何が基準になるのか即答できる方は少ないことでしょう。しかしじっくり考えれば、デザインや色などを含めたサイズと値段に行き着くことに、異論はないと思います。

ぴったり合うサイズを選び値段も安くないスーツを

ビジネススーツの場合、色はおのずとダーク系に決まってきますので、要は自分にぴったり合うサイズを選ぶことと、会社内のみでの着用か、営業マンとして不特定多数のクライアントなどに合う際に着るのか、でスーツの値段も違ってくるわけです。

スーツ選び方の一番のポイントは肩のフィット感

まずはスーツを選ぶ際のサイズについて説明します。
一番の基本は、スーツの上衣が肩にフィットしているかどうかです。肩幅の部分が、ゆったりしすぎていたり、窮屈と感じるスーツは選ぶ対象から外します。
よく言われるのが、上衣のボタンを留めた状態でボタンのある辺りに、握りこぶしが一つ入るぐらいのゆとりを、という選ぶ際の基準で、鉄則として大抵のお店で聞いた経験があることでしょう。

スーツの上衣の裾でヒップが隠れるのが選び方の基本

次いで着丈と呼ぶ、上衣の襟から裾までの長さをチェックします。裾の下部でヒップが完全に隠れるか、わずかに出ている程度の長さがちょうどよい長さになります。

パンツの長さやタックもスーツ選びの重要な要素

パンツの長さ、タックの有無もスーツを選ぶ際の重要な要素です。
まずパンツの長さは、靴を履いた状態で、かかとから3~4㎝上にパンツの裾があるようにします。同様に、パンツのスネ側が若干くぼむ長さが妥当とされています。
このくぼみのことをクッションと呼び、ハーフまたはワンクッションが理想です。ですので裾が短かったり長かったりする場合はリフォームして合わせます。

体型によってはパンツのタック入りにする

タックは体型でツータック、ワンタック、ノータックから選びます。標準的な日本人の体型であればノータックで問題ありませんが、運動選手などヒップが大きい方は、ワンタック以上を選べばお腹の部分が窮屈になりません。
タックは流行もありますが、長く着続けるのであれば体型が変わらない限り、体型優先で選ぶようにしたほうが無難です。
また、体型の変化に応じてスーツのお直しが必要となるケースも少なくありません。
スーツの選び方がわかったところで、既製服の直し方や直すポイントについても別記事でまとめていますので、ご確認下さい!

スーツのお直し7つの理由!それぞれの解決方法をセレクトして解説!
スーツのお直しが必要となる理由や、直しのポイントを整理しまとめて紹介!

値段も大いに関連してくるスーツの選び方

スーツ選びのサイズはこのぐらいにして、次は仕立てや生地なども関係してくる値段についてみてみましょう。
ご存じのように、スーツ量販店の場合、既成の吊るしスーツであれば1万円から買うことができますが、お勧めしません。
というのも、スーツの場合、安かろう悪あろうが如実に反映されるからです。

選ぶスーツの素材は肌触りが良いウール100%で

もちろん、予算があることながら、量販店であれば最低でも3万円前後以上のブランドスーツを選ぶようにします。
素材はウール100%がお勧めですが、ポリエステル50%までの混紡であれば値段との兼ね合いで選ぶようにします。
現実的で一番良い選択は、ウール100%素材で高級インポート生地を使ったスーツです。理由は、ウールだと肌触りが格段に違うのと、シワができても容易に取り除けるためです。これらの条件を満たした1着5万円以上のスーツを選ぶようにすれば、まず間違いありません。
スーツのお値段相場については、別の記事で詳しく紹介しています!詳細について知りたい方はこちらからご確認下さい!

ビジネススーツの相場をチェック!年代別に価格や保持数など総まとめ!
ビジネススーツの年代別にみた価格相場や保持数について紹介!

スーツの選び方は3つのシルエットから体型に合わせて

出展:http://promessa.jp

ただし、値段が高いから誰にでも合うというわけではないのがスーツです。
スーツには、成り立ちの歴史から以下の3つの形(シルエット)があります。

・ブリティッシュ
クラシックで重厚ながら、ウエストが絞ってあるのが特徴です

・イタリアンクラシコ
全体的にゆったりした着心地で、イメージとしては丸みを帯びた感じです。

・アメリカントラッド
肩パッドがないのが主流で、全体に直線的なイメージを醸していますので。
詳細には触れませんが、この3つの中から自分の体型を把握して選ぶようにします。
その際、スーツ専門店のプロの店員の意見も聞いて選べば、フィットするスーツを選べるはずです。
スーツの国別スタイルや、詳細豆知識については、別記事に更に詳しくまとめています。更に知りたい方はこちらからご確認下さい!

オーダースーツの豆知識!種類・縫製・生地・スタイルが分かる!
オーダースーツを作る上で、意外と理解がされていない、種類や縫製、生地の見分け方を紹介! イタリアンスタイル・ブリティッシュスタイルなど、スーツを仕立てる上での基準が分かる!

まとめ

スーツ選びのうち、欠かせない要素であるサイズ、値段+アルファについて説明してきました。オーソドックスにサイズを合わせてパンツも含めての微調整が大切なこと、値段が安すぎるのは除外することが分かっていただけたと思います。
なお、スーツ選びは、細かく見れば、スーツの色や生地の素材、織り方なども選ぶ際の基準になるのですが、それらは別の機会に譲ります。まずは自分の体型を見極めてぴったりくるスーツを選んでみましょう。

タイトルとURLをコピーしました