ジョンロブのおすすめ革靴5選!バイリクエストや公式直営店舗も紹介!

今回はイギリスの高級ブランドである『ジョンロブ』のおすすめ革靴5選を総まとめ致します。
ご存知の通り、ジョンロブはエドワードグリーンやチャーチ、オールデンと並び、多くの芸能人や世界中のセレブを顧客に抱えております。
そんなジョンロブの、エルメスとの歴史的な関係や、名作木型の紹介をはじめ、オーダーサービスとしても大人気のバイリクエストについても紹介致します。
スーツとのコーデも相性が抜群であるジョンロブの、公式直営店も公開しておりますので、是非最後までお付き合い頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ジョンロブはロンドンを代表する革靴ブランド!

ブランド150年の歴史を持つジョンロブは、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を授かっているイギリスを代表する名門革靴ブランドです。
数あるオーダーメイドのブランドの中でも世界最高峰でありキング・オブ・シューズとも言われています。
そのプレミアム度たるや、高級車を盗まれた持ち主が新聞広告で「車はくれてやるから、トランクに入れてあったジョンロブの靴だけは返してくれ」と犯人に呼びかけた、という逸話が残っているくらいです。

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

ジョンロブとエルメスの深い繋がりとは?

その後、第一次世界大戦を経て、世界中にブティックを展開するようになったのですが、手間とコストがかかるジョンロブのシューズ生産は、やがて経営難の危機を迎えます。
ついに1976年には、パリの2号店も閉店を迫られることとなりました。そこで救いの手を差し伸べたのが、エルメスだったのです。
ジョンロブの靴作りの技術を高く評価していたエルメスが、パリのブティックを買収したことで、ジョンロブはエルメスグループの傘下に入りました。
エルメスについて更に詳しく知りたい方は、別の記事に詳細をまとめているので、こちらからご確認下さい!

エルメス(HERMES)のスーツ全集!ロゴの秘密や公式店舗とは?
HERMES(エルメス)の魅力や評判を徹底解説!歴史やロゴの意味から、ブランドを支えた有名デザイナーも紹介!気になるスーツの価格帯や、プレゼントに最適なアイテムについて、更には、刻印に秘められたあの情報やエルメスソルドについても掲載!東京銀座を中心に展開するHERMES(エルメス)の店舗情報も確認し今すぐアクセス!

「ジョン・ロブ・ロンドン」と「ジョン・ロブ・パリ」の違い!

ジョンロブがエルメスグループの傘下に入ったこの時に、ロンドンのお店、John Lobb Ltd.だけは一族の手に残り、今でも「ジョン・ロブ・ロンドン」(John Lobb London)の名前で、ビスポーク専門ブランドとして独自に運営を続けています。
一方、エルメスに買収されたジョンロブは「ジョン・ロブ・パリ」(John Lobb Paris)として活動することとなり、ジョンロブには、「ロブロンドン」「ロブパリ」と呼ばれる、2つのメーカーが存在しています。
エルメスグループに入ってほどなく、今までのジョンロブが、いわゆる一部の上流階級だけを対象としたビスポークしか取り扱っていなかったことから、既製のシューズも需要があると気づきます。
そして1982年にブランド初の既製靴のコレクションを発表、1990年には既製靴を取り扱う初の店舗をパリにオープンさせました。
さらに1994年には、著名な靴製造業者が軒を連ねるイギリスのノーザンプトンにファクトリーを設立。
現在の既製靴のデザインと、ハンドメイドによる靴作りは、このファクトリーで行われています。
その後は、ロンドンのジャーミンストリートをはじめ、ヨーロッパはもちろん、アメリカ、アジア、中東に至るまで、主要都市に次々にお店をオープン、世界中にブランド展開をしています。

・ジョン・ロブ・ロンドン
ビスポークのみ
価格:約45万円〜
職人のこだわりが強い

・ジョン・ロブ・パリ
既製品あり
価格:既製品は18万円〜

*ビスポークの相場はジョン・ロブ・ロンドンの約2倍
お客さまの要望に対して比較的柔軟に対

【靴のサイズ表記】UK・US・EUインチについて換算表を公開!
靴のサイズ表記について、UK・US・EUインチや海外のサイズについて換算表を紹介!靴のサイズは近年オンラインショップ等で便利に購入出来るようになる一方、アメリカ・イタリア・イギリス等の所謂ヨーロッパサイズや各々国ごとにサイズ表記が異なり、サイズの選び方に悩むケースが多々あります。そんな悩みを解決すべく換算表を大公開!

ジョンロブの歴史はビスポークからスタート!

出典:https://forzastyle.com

1866年、靴職人であったジョン・ロブがロンドンのリージェントストリートにお店を出したのが、ブランドの始まりでした。
ロンドンに1号店をオープンしてまもなく、その技術と品質の高さは世界最高峰であるとの評判が広がり、上流階級や政財界のエリートなどを顧客として、ビスポークシューズの受注をとるようになりました。
世の紳士たちがこぞってジョン・ロブにオーダーをし、たちまち当時の靴職人として一流の地位を築き上げたのです。
そして1902年には、二代目がフランスのパリにもブティックを出店、現在でも受け継がれている名モデル「ウィリアム」(William)、「ロペス」(Lopez)などを生み出し、洗練されたパリっ子たちをも魅了し、さらに評判が拡大していきました。

【革靴ブランド】クロケット&ジョーンズの人気モデル特集!
欲しい革靴・ロファーがきっと見つかる!クロケット&ジョーンズの人気・定番モデル特集!

ジョンロブのおすすめランキング5選!1)ジョンロブのベケット

価格:190,000円(税込)

ジョンロブのおすすめランキング5選!2)ジョンロブのチャペル

価格:214,800円(税込)

ジョンロブのおすすめランキング5選!3)ジョンロブのフィリップ

価格:189,000円(税込)

ジョンロブのおすすめランキング5選!4)ジョンロブのウィリアム

価格:140,400円(税込)

ジョンロブのおすすめランキング5選!5)ジョンロブのシティ

価格:140,400円(税込)

スーツにブーツはあり?ビジネスマナーも考慮しメンズコーデを大公開!
スーツにブーツはあり?海外コーデでじっくり検証!男性必見のビジネスマナーやショートブーツについて等、今おしゃれでおすすめなかっこいいコーデ術を画像も交え大公開!ファッションメンズコーデの真髄が分かる!カジュアルからフォーマルの着用可否についても掲載しているため、成人式や結婚式用途にも応用可能です!
ブランド革靴
スポンサーリンク
FOLLOW US!〜最新情報を受け取る〜
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
Wealthy Class