シャツの豆知識

シャツは着丈が命!印象を変えるサイズ選びのポイントとは?

シャツの豆知識

シャツの着丈が長いとダサいコーデになってしまいます。

しかし、着丈のバランスというのはわずか数センチの違いなので、見極めが難しいことは誰もが経験することでしょう。

どのようにシャツのベストの長さを決められるのか?おすすめのシャツブランドと一緒にチェックしてみよう。

カッコいい&ダサいを左右するのがシャツの着丈!

シャツ 着丈

シャツを選ぶポイントはいくつもあって、その中には柄や色など、好みで決める点もあります。
それに加えて、しっかりと見たいのが着丈です。

とにかく色が自分の好みに合っているという発想でシャツを選ぶと、サイズ感の合わないものを着てしまうことがあります。

また、ハンガーに吊るされている状態では分からないが、実際に着てみると着丈が本人にマッチしていないシャツは、とてもダサい印象を与えてしまうがあります。

たとえば、着丈が長いシャツはだらしない感じでダサいし、人から借りてきたかのように、いかにも合っていないという雰囲気を与えてしまいます。

逆に短すぎるシャツもダサいと思われることもありますので、注意が必要です。

特に絞ってある脇の部分から腹が見えてしまうこともあり、これはどうしても避けないといけけません。

スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。

基準が分かる!ちょうど良いシャツの着丈を解説!

シャツ 着丈

ちょうど良いシャツの着丈を知るには、まずどんなシャツの着方をするかを決める必要があります。
というのも、シャツインするかしないかによっても、適切な着丈は変わってくきます。

シャツインするためのものであれば、体を動かしてもシャツが出てこないように、多少長いのがおすすめです。

また、少々長い方が腰回りに余裕を持たせて着られて、余計なシワを入れずに済むというメリットがあります。

一方で、外に出すスタイルでシャツを着るのであれば、しっかりと着丈の長さを見ないとダサい印象になってしまいます。

多くのブランドは、シャツインしないという前提で着丈を70センチ程度にしています。

これは、日本人の身長が170センチくらいであることを踏まえて、腰回りのちょうど良い位置に来るよう計算して出てきた数字になるのです。

しかし、ブランドごと、またサイズによって2〜3センチの違いがあり、これを見極めないとダサいコーデになってしまいます。

スーツの選び方を大公開!パンツやジャケットのサイズ感が基本?
スーツの選び方について基礎となるバイブルを一挙大公開!スーツの選び方は、20代・30代・40代と年齢の変化や、体型の変化に応じて異なってきますが、ジャケットや、パンツの選び方さえマスターすれば、シャツにコートと幅広く応用が可能になります。まずはサイズ感をマスターし、靴やベルトも合わせてコーデ!

サイズ感で失敗しないシャツ選びのポイントとは?

シャツ 着丈

実際に着丈を見ながらシャツを選ぶ場合には、いくつかの要素があります。
まずブランドの個性です。

日本の若い世代をターゲットとしたモード系のブランドでは、着丈を短くする傾向があります。

逆にヨーロッパ系のブランドでは、メンズシャツについては着丈が長めで上品なシルエットを出すケースが多いです。

どちらが良いということではなく、好みと求めるファッションイメージの違いなので、それぞれが好きな方を選ぶということになります。

また、着丈の長さによってフォーマル感が強くなるか、カジュアル感が出てくるかという違いもあります。

着丈が短めで腰の位置に近い方が、シャープな印象が強くなるのでモードやフォーマルなスタイルに見えます。

一方で、ちょっと長い着丈はカジュアルファッションに向いています。
より着丈が長いシャツは、パンツを腰履きするヒップホップ系のファッションにも合わせることができるようになります。

ただし、これらは身頃のシルエットにも左右されるので、バランスを考えることが大切です。
前述のように、ヨーロッパ系のブランドは全体的に着丈が長いが、細身のシルエットにしてシャープ感を出しています。

\あなたにおすすめ/

【Suit ya】オーダースーツをネットで注文|すべて29800円、追加費用なし