スポサーリンク

スーツにローファー特集!おかしいとは言わせないメンズコーデとは?

スポンサーリンク

ビジネスシーンでの服装が、かつてほどやかましくなくなっているのは事実でしょう。
とはいえ、ビシっと決めたスーツであればあるほど靴も合わせたいもの。
スーツにはレースアップの靴が基本ですが、時にはおしゃれ感、カジュアルさをアピールしてローファーという手もあります。スーツにローファーはダメ、と思っている方、ローファーの種類とともに、無難な合わせ方なども紹介したので、ご参考ください。

スポンサーリンク

まずはローファーについてのおさらい

出展:https://www.global-style.jp

スーツとローファーのコーディネイトなどの説明の前に、まずローファーとは何なのかを、おさらいしてみます。

実は・・・ローファーとは〇〇のこと!!

ローファーとは、ズバリ「怠け者」という英語が元のようです。
靴ひもを結ぶことなく気軽に履いたり脱いだりできるのが特徴で、スリッポンと呼ぶ、靴に足を突っ込むだけで履ける種類の仲間とみなされています。
日本では制服着用の高校生の指定靴であることが多いことから、社会人になってもローファーにスーツという格好でいたら、先輩に諭された、という例もあるほど知られた靴です。

スーツにローファーでも大丈夫?おしゃれなコーデとは?

ところが、近年のファッションのカジュアル化などともあいまって、スーツにローファーはマナー違反、という指摘はややかげをひそめ、コーディネート優先から許容範囲が広くなっているのも事実のようです。
そこでローファーの簡単な歴史と種類、どんなコーディネートがあるかを紹介していきます。

まずはローファーの起源から!種類は大きく2種類!

そもそも、ローファーの起源は、2種類あります。
一つは英国のオーダーメイド靴店が、王室や上流階級向けの室内履きとして献上した、というもの。
もう一つはノルウェーの靴職人がアメリカで靴作りを学んで帰国し、ノルウェ ーの伝統的なモカシン靴に似せて作り始めた、というものです。
後者のローファーは欧州各国に輸出されたことから、滞在していたアメリカ人 に注目され、雑誌に紹介されたことで広まっていきます。

様々な種類がある?ローファーとスーツでコーディネート!

その後、ペニーローファーとして広まるとともに、甲の部分に房飾りを付けた タッセルローファー、日本の高校生などにおなじみのビーフロール・ローファ ーなどが作られていったのです。
ともあれ、気軽に履けるローファーだけに、スーツでも履きたいと考える方は多いに違いありません。
そこで次は、シチュエーション別でのスーツとローファーの関係やオーソドックスなコーディネートについて触れてみます。

フォーマルな集まりでは・・・おかしい?

スーツにローファーでのコーディネートとして、外しておきたいのがフォーマルな集まりの時です。
このほか開拓営業職の場合やリクルートスーツでは履くのを避けた方が無難になります。
ただし例外として、成人式や大学入学式ならおかしくもなく問題ないようでしょう。

カジュアルならスーツにローファーでも大目に見られる!

出展:https://otokomaeken.com

ビジネスでもクールビス、ウォームビス時期などであればカジュアルっぽい格 好として大目にみられるようです。
むしろ軽快、快適そうに見えていいかもし れません。

ビジネススーツであえてローファーを履くなら!

次は、ビジネススーツでもあえてローファーを履く場合の注意点を考えてみます。

ビジネススーツなら黒かこげ茶のローファーを・・・

ビジネススーツは濃紺か濃いめのグレーになるので、靴も黒かこげ茶が定番です。
ローファーもこれにならって、黒かこげ茶を選びます。
明るめだとどうしてもカジュアル感が抜けないためです。
例えば、こんな革靴なら、おしゃれを演出してくれるでしょう!色味が特にセクシーです。
ジョンロブについて詳しく知りたい方は、別の記事にもまとめていますので、こちらからご確認下さい!

ジョンロブは革靴ブランドの王様?おすすめする理由とは!
メンズ革靴ブランドの王様『ジョンロブ』の人気の理由とは?特徴から店舗情報まで徹底解説!

・ブランド:ジョンロブ
・価格:112,320円(税込)

甲が一枚でなくスムースな革のローファーで

革もスムースレザーがベストで、型押し(クロコ)やスエードは好ましくありません。
さらに甲の部分が一枚の革で構成されていないタイプにします。というのも甲にシワができることで、スーツを着ていると足元だけ不格好に見えてしまうためです。

タッセルローファー+スーツなら・・・

ただし、一枚革でもタッセルローファーであれば、甲の部分に縫い目が入ることで伸びにくく、シワもできにくい構造なので、それほど気を遣うことはなさそうですね。
とはいえ、タッセルの場合は着こなしも影響してくるので、スーツ+ローファ ーの組み合わせを熟知していないと難しいでしょう。
タッセルローファーを試してみるなら、クロケット&ジョーンズのタッセルローファーをおすすめします。
クロケット&ジョーンズについて詳しく知りたい方は、別の記事にもまとめていますので、こちらからご確認下さい!

【革靴ブランド】クロケット&ジョーンズの人気モデル特集!
欲しい革靴・ロファーがきっと見つかる!クロケット&ジョーンズの人気・定番モデル特集!

・ブランド:クロケット&ジョーンズ
・価格:119,880円(税込)

タイトルとURLをコピーしました