エドワードグリーンはメンズの高級革靴ブランドで超おすすめ!

スポンサーリンク

エドワードグリーン(edward green)の歴史とは?

エドワードグリーン(edward green)は1890年、靴の聖地ノーサンプトンにて創業しました。
創業当初から高品質な高級紳士靴の生産に特化し、生産数を1週間あたり約250足まで絞ってクオリティコントロールを行っており、1930年代、大戦期には軍需分野で力を伸ばし、英国空軍向けプーツの分野で最大規模を誇るまでになっていきました。
一方で、ウィンザー公やアーネスト・ヘミングウェイといった著名人たちにも愛用され、「伝説の靴」とまで謳われるようになっていきます。

エドワードグリーン(edward green)も、経営悪化時期があった?

しかし、そんなエドワードグリーン(edward green)も、戦後は徐々に経営が悪化します。
1977年にはアメリカ資本への売却を余儀なくされてしまいますが、それでも経営難を打開するには至らず、倒産寸前にまで追い込まれ、ここがプランドのどん底の時代といわれている。
そんな中、この窮地を救ったのが、イタリアで靴デザイナーをしていたジョン・フルスティックになり、エドワードグリーン(edward green)が抱えた借金+1ポンドの金額でブランドを買収したというエビソードはつとに有名です。
1983年、社長に就任したフルスティックはブランドの再建に着手し、典型的な英国クラシックのデザインであったそれまでのモデルを少しずつ現代的にモディファイしていきました。

窮地を救った先代社長ジョン・フルスティック氏と「808」ラスト!

左:ジョン・フルスティック
右:ヒラリー・フリーマン

808ラストを開発し、エドワードグリーン(edward green)にロングノーズという新しい風を吹き込んだのが、ジョン・フルスティック氏になります。
ちなみに、ジョン・フルスティック氏の靴デザインはポルシェ911のフォルムに影響を受けていたとされています。
そして、その集大成といえるものが、’98年に発表された808ラストになります。
細身のセミスクエアトウはビスポーク靴を現代的にアレンジしたもので、過去になかったスリムな顔つきで話題をさらっています。
また、2000年にフルスティックが死去した後はパートナーのヒラリー・フリーマンがその後を継ぎ、より自社ブランドの強化を推し進めていっています。
そして、’80〜’90年代にかけては他ブランドネームの靴作りも積極的に行っていましたが、この前後から次第に自社ネームに集中していき、実力派ファクトリーから高級シューズブランドとしてのポジションを固めてきました。

エドワードグリーン(edward green)の特徴や評判とは?

エドワードグリーン(edward green)の歴史について紹介してきましたが、ここからは、より具体的に、エドワードグリーン(edward green)の特徴や評判などについて、細かく紹介していきます。

アンソニークレバリーもエドワードグリーン(edward green)製?

英国のブランドシューズの中でも、随一の伝統を誇るエドワードグリーン(edward green)は、最高級品質のカーフスキンを採用していることでも広く知られているブランドになります。
OEMのメーカーとしても数多くの有名ブランドの製造を手掛けており、かの有名な、ラルフ・ローレンなど、名だたる有名ブランドの製造を手がけ、その技術力は折り紙つきです。
ラルフローレンについては、別の記事にて詳しく紹介していますので、更に詳しく知りたい方は、こちらから確認下さい!

メンズスーツのブランドはラルフローレンが絶対おすすめ!
ブランドスーツやジャケットの購入で迷ったら『ラルフロレーン』が絶対おすすめ! ブランドの歴史や特徴・気になるおしゃれスーツのお値段まで徹底紹介!

そのため、アンソニークレバリーの靴の製造も、エドワードグリーン(edward green)製では?
と囁かれています。

エドワードグリーン(edward green)はスワンネックを〇〇に初採用!

また、エドワードグリーン(edward green)は、スワンネックと呼ばれる『白鳥の首』のような、縫い目を鋭角にカーブさせたディテールをドレスシューズとして、初めて採用したブランドであることは非常に有名です。
さらに、創業者エドワード・グリーン氏のブランドコンセプトである、「でき得るかぎりの上質を求める」という名の通り、一つ一つ熟練の職人による手作業で仕上げるハンドメイド製法をもとに、少量生産で、且つ品質を重視した靴作りは、製品そのもに高級感が溢れた仕上がりになっております。そんな靴作りに対するエドワードグリーン(edward green)の拘りこそが、約130年に及び、富裕層やセレブの方々を中心に高く支持されている理由になります。

エドワードグリーンは「202」「82」「808」など木型の名作豊富!サイズ感・サイズ選びのコツとは?

エドワードグリーン(edward green)の靴は、全体的に幅狭の作りになっています。
幅広での方は、特に『チェルシー』などでは、ハーフサイズ(0.5)上のサイズにするか、または購入時に、若干革を伸ばして頂くのが得策かと思います。
また、エドワードグリーン(edward green)の靴全体に言えることですが、踵が若干浅いのが特徴的です。
参考までに、初めてご購入される方は、スニーカーと比較し、1cm〜1.5cm程度捨て寸を考慮した上で、選ぶと良いと思います。
エドワードグリーン(edward green)の革靴は、サイズ表記と別に捨て寸が取ってあるため、靴選びをする際には、ご自身の足長をまずはきちんと計測することがポイントになります。
フィッターさんが在籍しているシューズ専門店などで一度計測を行った後、試着でサイズ感を確かめ、定員さんとも相談をしながら、最適なサイズ選びをして頂くことをおすすめします。

エドワードグリーン(edward green)の『チェルシー(Chelsea)』

エドワードグリーン(edward green)の『チェルシー(Chelsea)』は、エドワードグリーン(edward green)の中でも、特に人気が高い”内羽根ストレートチップ”のコレクションになります。
その特徴は、つま先部分にキャップを被せたようなデザインから「キャップトゥ(オックスフォード)」とも呼ばれており、革靴ブランドの中においても、最もフォーマルな位置づけとされています。
『チェルシー(Chelsea)』は、冠婚葬祭からビジネスまで幅広く仕様出来ることから、幅広い世代の方々に愛用されるコレクションになります。

・価格:171,720円(税込 )

エドワードグリーン(edward green)の『ドーバー(dover)』

エドワードグリーン(edward green)の『ドーバー(dover)』と言えば、正に『ドーバー(dover)』の顔である、つま先とモカの縫合部に施された、スキンステッチが特徴です。
革の裏側から入れた針を表側に貫通させずに縫う技法で、高度な職人技の象徴になっています。
加えて、エドワードグリーン(edward green)の『ドーバー(dover)』の素材は、ボックスカーフという最高級品質の物を採用しており、グッドイヤーウェルト製法の靴の最高峰として、世界中から高く支持されています。

・価格:201,960円(税込 )

因みに・・・高級シューズはケアが大切!おすすめクリーム編!

・価格:972円(税込 )

・価格:3,240円(税込)

まとめ

英国を代表する高級シューズブランドのエドワードグリーン(edward green)について歴史や特徴から、サイズ感・サイズ選び・代表作の価格まで紹介いたしました。
銀座の直営店をはじめ、バーニーズニューヨーク・ユナイテッドアローズ・エディフィス・エストネーションなど、全国の有名セレクトショップなどでお試し頂けます。
是非この機会に、まだお試し頂けてない方は、試着から始めてみては如何でしょうか!?
バーニーズニューヨークのスーツについては、詳しく別の記事にまとめています。
詳細や、おすすめコレクション・気になる価格帯について、更に知りたい方はこちらからご確認下さい!

バーニーズニューヨークのメンズスーツがおすすめ!気になる評判や価格帯・店舗情報まで紹介!
バーニーズニューヨークのメンズスーツは、フォーマルから、ブライダルタキシードまで、幅広く取り扱いがあります。そんな中、おすすめスーツや各種アイテムについて徹底解説しています!