ジュエリー

5月の誕生石、エメラルド。
だけではなく、翡翠もあります。

ジュエリー
スポンサーリンク

5月の誕生石は、世界中で広く知られているエメラルド以外にも、日本が追加制定した翡翠があります。どちらも緑色が美しい宝石で、翡翠は主にパワーストーンとして使われることが多い石です。石言葉の意味は、どちらも平和や幸運です。

クリソベリル 石

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

5月の誕生石エメラルド

5月の誕生石と言えば、新緑を彷彿させる緑色が美しいエメラルドです。深みのある緑色は見る人を魅了するほど美しく、ダイヤモンドやサファイヤ、ルビーなどと並んで世界4大宝石としても知られています。

エメラルドは、人類の長い歴史の中では、ダイヤモンドよりも価値がある宝石だと考えられていた時期があります。古代エジプトのクレオパトラはエメラルドを非常に愛し、自身のためだけにエメラルド鉱山を所有していたのだとか。現在でも、そのエメラルド鉱山は存在しています。

また古代ローマ帝国においては、皇帝ネロがエメラルドのメガネを作って、眩しい光線から目を守るために外出の際に着用していたというエピソードもあります。緑色は目を癒してくれるという考え方は、この当時からすでに浸透していたのかもしれません。

エメラルドのカット方法は、その名もエメラルドカットと呼ばれる、ステップカットが多く用いられています。これは、角が欠けやすいという石の特徴を生かしたカット方法で、宝石を横から見ると階段状に見えるのが特徴です。しかし近年では、石の透明度や輝きを高めるために、ダイヤモンドに採用されるカット方法が用いられることが増えています。

気になる石言葉や意味

エメラルドの石言葉には、「幸福」「幸運」という意味があります。もともとエメラルドというネーミングは、サンスクリット語で「緑の石」という意味を持つ言葉に由来しています。

古代からこの石を身に着ける人は、みな幸せを手に入れることができたと言い伝えられてきました。

またこの宝石には、長寿や夫婦愛、安定などの意味もあります。これらはどれも、幸運という意味につながり、人間関係や恋愛運、仕事運などにおいて幸せを手に入れられるエネルギーを呼び込むことができるとされます。

エメラルドが与えてくれる効果

エメラルドには、英知や精神力を高めるパワーを与えてくれます。何か大切なことをしようとする際には、必ず様々な段取りを考えた上で計画的に行動することが多いです。エメラルドを身に着けることによって、精神力や集中力を高めることができ、行動する前により成功しやすい直感的なプランを作れるようになるでしょう。それが、成功に結び付きやすくなるのです。

またエメラルドには、精神を安定させる効果があるとされます。気持ちが高ぶっている時や緊張しやすい人が身に着けることで、精神状態を鎮め、より冷静な判断ができる内面を作り出すことができるでしょう。

エメラルド以外の5月の誕生石

エメラルドは5月の誕生石として知られていますが、エメラルド以外にも5月には誕生石があることはご存知でしょうか?

誕生石を何にするかについては、世界の国や地域によって多少の違いはあります。エメラルドが5月の誕生石という点は、多くの国で共通していますが、日本ではエメラルド以外に翡翠(ヒスイ)も誕生石とされています。

エメラルド以外の誕生石『翡翠』

日本には、5月の誕生石はエメラルドと翡翠の2つがあります。

この翡翠は、1958年に全国宝石卸商協同組合が定めたもので、他の国でも翡翠が5月の誕生石になっているというわけではありません。

翡翠とは、エメラルドとよく似た新緑色をした宝石です。

エメラルドのように透明ではなく、半透明な石です。石言葉は、「健康」「徳」「長寿」です。

この点ではエメラルドとよく似ているのではないでしょうか。翡翠はもともと、不老不死をもたらすエネルギーや、何かを再生させるエネルギーを持っていると信じられてきました。中国の歴史の中では、秦の始皇帝が遺体を翡翠の玉で覆わせたという言い伝えもあります。近年では、北京オリンピックのメダルにも、翡翠が使われていました。

誕生日石なら充実のラインナップ!

誕生石には、生まれた月によって決められている誕生月石がある他、生まれた日によって決められている誕生日石もあります。一般的に誕生石というと、生まれた月によって決められているものを指すことが多いのですが、誕生日石も誕生石と考えた場合、5月は31日間あります。

それぞれが異なる宝石を誕生日石としているので、その数は全部で31種類となります。そこに5月という生まれ月の誕生石であるエメラルドと翡翠と加えると、合計で33種類の宝石が5月生まれの人の誕生石としてラインナップされていると考えられます。

ちなみに、誕生日石として採用されている石の多くは、パワーストーンとして人気が高いものが多く採用されています。誕生月石と組み合わせて身に着けることによって、高いお守り効果が期待できそうです。

デキる男が身につけるダイヤモンドジュエリーをPICK!

アイデアル ダイヤモンド

今密かに注目を集めている『OTOKO DIAMOND』のダイアモンドアイテムを編集部が厳選しPICK。

今時な大人が選ぶラグジュアリーで人気なダイヤモンドジュエリーを押さえておこう!

ダイヤモンドパーチがデキる男のフォーマル感を底上げする!

アイデアル ダイヤモンド

メンズ向けダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、タイピンとしても、ラペルピンとしても活躍できるパーチが大人気。

ダイヤモンドをプラチナやゴールドなどの本物素材にセッティングしたパーチは、幅広いシーンで活躍してくれます。

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンブラウンカラー〉ラウンドカット 0.1ct SV925

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈コニャックブラウンカラー〉  0.20ct K18YG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉0.25ct K18YG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉 0.1ct PT900

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉プリンセスカット 0.1ct K18PG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンブラウンカラー〉 プリンセスカット 0.1ct K18PG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉 スクエアカット 0.13ct PT900

▶︎詳細はこちらから
フォーマルの新定番!「OTOKO DIAMOND」のダイヤモンドパーチはワンランク上の女性からかわいいを誘う!
「OTOKO DIAMOND」は、ワンランク上の大人の男を魅了するダイヤモンドジュエリーを豊富に取り扱い、今最も注目したいラグジュアリーブランドだ。 中でも独自商標を持つダイヤモンドパーチや、ダイヤモンドの原石を使ったリングなど、オシャレでコーデ映えするアイテムは今SNSでも大人気で注目を浴び続けているブランドだ。 今回は、今注目のOTOKO DIAMONDが提唱する男のダイヤモンドに関する、独自の世界観や、今注目されている魅力の裏側に迫る。

まとめ

5月の誕生石は、よく知られているエメラルドだけでなく、日本が戦後に追加制定した翡翠もあります。エメラルドは世界4大宝石の一つにもなっている高価な石で、心の安定や平穏を手に入れるための心身バランスにエネルギーを与えてくれるとされています。