ブランド小物

【オロビアンコ】年齢層別人気アイテムや修理・公式取扱い店舗を紹介!

ブランド小物
スポンサーリンク

今回はビジネスマン必見のメンズアイテム『オロビアンコ(Orobianco)』のメンズバッグ特集です!
ビジネスにも、プライベートシーンでも活躍するオロビアンコについて、ブランドの歴史や特徴・評判をはじめおすすめアイテムまで幅広く紹介していきます!
合わせて、店舗情報も公開しているので、最寄りの店舗も確認の上、是非一度足を運んでみて下さい!

オロビアンコ(Orobianco)の歴史とは?

オロビアンコ(Orobianco)

出典:https://otonaninareru.net

オロビアンコ(Orobianco)は1996年に誕生したイタリアのブランドで、ジャコモマリオヴァレンティーニと、エリサロヴァティによって設立されています。
特にジャコモマリオヴァレンティーニは著名な革職人で、主に高級品を取り扱い手掛け続けてきた人物です。
また、CEOの肩書きを持つ現在でも、デザイナーとして現場に立っているのが特徴です。
高貴で価値あるものという意味のオロビアンコ(Orobianco)は、イタリア製という部分に拘っていて、厳選された素材を使い美しく仕上げています。
そのため、イタリアのファッションの中心イタリアローマを始めとして、今では世界中で名前が知られます。

オロビアンコ(Orobianco)のロゴの意味に迫る!

オロビアンコ(Orobianco)

出典:https://simple-wallet.net

オロビアンコ(Orobianco)のロゴは独特ですが、中心に添えられているのはカシミア山羊で、これはバッグを取り扱う前にカシミア製品を取り扱っていたのが由来です。
つまり、オロビアンコ(Orobianco)のロゴ意味は同ブランドの原点で、何処にルーツがあるか再確認するためのものだといえるでしょう。
価格帯は手頃ですが、素材と加工のレベルが高いことから、評価が厳しい日本においても、自慢の革製品が受け入れられています。

エッティンガーのバッグや財布・小物特集!評判や店舗情報も紹介!
エッティンガーのバッグや財布・小物特集!気になる評判から年代別のおすすめアイテムからビジネスで活用出来るレザー小物アイテムを一挙公開!これを見ればエッティンガーの魅力が分かる!

オロビアンコ(Orobianco)の特徴や評価・評判とは?

オロビアンコ(Orobianco)

オロビアンコ(Orobianco)といえば、製品に取りつけられているエンブレムプレートも特徴で、これがブランドを証明したり個性や存在感を強めます。
しかし、悪目立ちすることはないですし、良いアクセントになる感じですから、安っぽさはなく好意的に評価されます。
むしろこのエンブレムが所有欲を満たしてくれる、そういう評判すらあるほどです。
オロビアンコ(Orobianco)は、何かと価格帯の近い国内ブランドのポーター比較される関係性があります。
オロビアンコ(Orobianco)は3万円から5万円の価格帯が中心で、20代以降に支持されているおしゃれなブランドです。
対するポーターは、1万円台半ばから4万円ほどとやや低めの価格帯で、10代に人気がある点が異なります。

オロビアンコ(Orobianco)のブランドイメージとは?

オロビアンコ(Orobianco)

出典:https://otonaninareru.net

オロビアンコ(Orobianco)は、高級感と実用性を兼ね備えていて、しかも品質が良いというのがブランドイメージです。
また美しさと知性を感じさせますから、良い物を選びたい20代以降の年齢層に人気があります。
バッグやリュックに財布とペンケースなど、必需品ともいえるアイテムが充実しています。

砂川のソメスサドル!財布やバッグの評判から店舗情報まで紹介!
北海道砂川が生んだ、日本の名門ソメスサドルの魅力に迫る!日本のエルメスと称される、ソメスサドルの歴史や評判そして、おすすめバッグや財布に・小物と幅広くアイテムも紹介!

オロビアンコ(Orobianco)の修理編!

オロビアンコ(Orobianco)

オロビアンコ(Orobianco)のメンズバッグは、公式のリペアでバッグ修理を任せることができます。
バッグ修理は、切れてしまった持ち手修理や、ファスナーの引っ掛かり改善縫い目のほつれ補修などが中心です。
地域のリペアセンターに電話で問い合わせて、見積もりを受けてから手続きを進める形です。
費用は、革の種類や状態にもよりますが、一般的には多くの場合1万円未満で修理してもらえます。

オロビアンコ(Orobianco)のお手入れ編!

オロビアンコ(Orobianco)

バッグ手入れ方法については、普段は埃を手で軽く取り除いたり、乾いた布で優しく拭くのが基本です。
オロビアンコ(Orobianco)に限らず革製品は水に弱いので、水滴がついたり濡れたら速やかに拭き取りましょう。
埃が溝に入ってしまったり、表面がくたびれてきたと感じたら、ブラッシングをしてクリームを馴染ませます。
ブラシは馬や豚の毛が理想的で、これらを使って優しく、そして溝に入り込んだ埃も取り除きます。
後は少量のクリームを布で塗り込み、ブラッシングで仕上げれば良い状態が保てます。
3万円から5万円の価格帯のメンズバッグが多いブランドですが、丁寧に扱うことで長持ちしたり、お金では楽しめないエイジングが味わえます。