シャツの豆知識

シャツの色から始まる!今押さえておきたいシャツ選びの基本とは?

シャツの豆知識

自分の体型にあった満足できるスーツを手に入れたら、次に選ぶのは中に着るワイシャツです。
色は白か薄い青、柄は無地か遠目では分からない程度のストライプがおしゃれ感をアップさせます。
ビジネスシーンで欠かせないスーツとワイシャツ、ここではシャツの色に始まり、種類や柄そして最も重要な着こなしについてをまとめてみます。

スポンサーリンク

無地の白シャツにネクタイはビジネスシーンの鉄則?

シャツの色

「スーツを着たら、ワイシャツ、ネクタイは必須のアイテム」というのは、特にビジネスシーンでは鉄則です。
そして、そもそもワイシャツの語源ですが、実は・・・『ホワイトシャツ』という英語が『ワイシャツ』と聞こえたと言われているほど色においては白が圧倒的です。

スーツ自体が濃い目の色!だから白の無地は最も合わせやすいシャツの色になる!

もちろん色は白のシャツでなくてもいいのですが、スーツの色がネイビーやチャコールグレーなど地味っぽく濃いめの色になるため、やはり白いシャツや薄い色のカラーシャツは合わせやすいというのが一般的な解釈になります。

色以外の視点!スーツに合わせるシャツはポケット無しがベター!

シャツの色

そして、色以外の観点に迫っていくとスーツの着用時は、胸ポケット付きのワイシャツは着用しないのが正式なスタイルです。
ポケットがあっても上に着るスーツに隠れて見えないのに、と思われるかもしれませんが、胸ポケットがあるとつい何か入れてしまいますし、そうなるとシルエットが崩れて見栄えが下がるのが理由になります。
また、かがんだ際に胸ポケットの有無が見える場合もあるので、基本は胸ポケットなしの無地ワイシャツがベターな選び方になります。

スーツ&シャツのコーデはシーンや職業で差がある?

シャツの色

シャツ以外の色も、シーンや職業によっては勿論着用できます。
例えばビジネスシーンでなかったり、アフターファイブ用のカジュアルっぽいケースであれば黄色やピンクのワイシャツも、着こなせてさえいれば十分に許される色になります。
マスコミ関係の場合は特にスーツにカラーシャツが許されておりますが、ただし、濃いめではなく薄い色のカラーワイシャツとなっています。

袖・襟にも注目!スーツ&シャツのおしゃれな着こなしとは?

シャツの色

続いてカッコよく見えるスーツとシャツの着こなしについてヒントを挙げていきます。
すでにご存じかもしれませんが、スーツの後ろ襟と袖口からシャツの襟や袖が見える長さについて、まずは紹介していきます。

シャツの襟や袖はスーツから1.0~1.5cmほど出す!

シャツの色

スーツから、見えるシャツの襟や袖は『1.0cm~1.5cm』ほどが、綺麗な着こなしに見える長さになっています。
特にスーツを着ていない状態でワイシャツを新調する際には、気を付けて選ばないとスーツの袖口からワイシャツの袖が見えない、あるいは2.0cm以上出ている、なんてことにもなり兼ねないので要注意です。

シャツを新調する際は袖口の手首の位置に注意する!

襟の高さはほとんど変わりませんが、シャツの袖はメーカーやサイズによって長さが若干違ってきます。
自分の手首のどの辺にシャツの袖口がくればスーツの袖と合ってきれいに見えるのか覚えておきましょう。