スーツに合わせるシャツの色や柄!おすすめおしゃれコーデも公開!

自分の体型にあった満足できるスーツを手に入れたら、次に選ぶのは中に着るワイシャツです。
色は白か薄い青、柄は無地か遠目では分からない程度のストライプがおしゃれ感をアップさせます。
ビジネスシーンで欠かせないスーツとワイシャツ、ここではシャツの種類と柄、着こなしなどについてまとめてみます。

スポンサーリンク

スーツに無地の白ワイシャツ、ネクタイはビジネスシーンの鉄則

「スーツを着たら、ワイシャツ、ネクタイは必須のアイテム」というのは、特にビジネスシーンでは鉄則す。
スーツに着るワイシャツの色は、襟付きのホワイトシャツという英語がワイシ ャツに聞えたという語源があるほど、白が圧倒的。

スーツが地味っぽく濃いめなので白で無地シャツが合わせやすい

もちろん白でなくてもいいのですが、スーツの色がネイビーやチャコールグレーなど地味っぽく濃いめの色となるので、やはり白そのものや薄いカラーのシャツが合わせやすいためでしょう。

スーツに着るワイシャツのポケットはないのが正式

出展:https://otokomaeken.com

ちなみにスーツ着用時、胸ポケット付きワイシャツは着ないのが正式です、 ポケットがあっても上に着るスーツに隠れて見えないのに、と思われるかもし れませんが、胸ポケットがあるとつい何か入れてしまいますし、そうなるとシ ルエットが崩れて見栄えが下がるためです。
またかがんだ時に胸ポケットの有無が見える場合もあるので、基本は胸ポケッ トなしの無地ワイシャツということになります。

スーツ&シャツのコーデはシーンや職業で差がある

白以外のカラーワイシャツは、シーンや職業によっては着用できます。
例えばビジネスシーンでなかったり、アフターファイブ用のカジュアルっぽい 場合であれば黄色やピンクのワイシャツでも、着こなせていれば許される色です。
マスコミ関係の場合は、なぜかスーツにカラーシャツが許されています。ただ し、濃いめではなく薄い色のカラーワイシャツではありますが。

袖・襟にも注目!スーツ&シャツのおしゃれな着こなし

続いてカッコよく見えるスーツとシャツの着こなしのヒントを挙げます。
すでにご存じかもしれませんが、スーツの後ろ襟と袖口からシャツの襟や袖が 見える長さについてです。

シャツの襟や袖はスーツから1.0~1.5cmほど出す

スーツから、見えるシャツの襟や袖は1.0~1.5cmほどが、着こなしとしてきれ いに見える長さです。
特にスーツを着ない状態でワイシャツを新調する際は、気を付けて選ばないと スーツの袖口からワイシャツの袖が見えない、あるいは2.0cm以上出ている、なんてことにもなりかねません。

シャツを新調する際は袖口の手首の位置に注意

襟の高さはほとんど変わりませんが、シャツの袖はメーカーやサイズによって 長さが若干違ってきます。
自分の手首のどの辺にシャツの袖口がくればスーツ の袖と合ってきれいに見えるのか覚えておきましょう。

どんなシャツが人気?スーツのシャツはストライプってあり?

シャツの襟や袖口の話が出たところで、スーツに着てよいシャツの襟の種類はどこまでが許されるのでしょう。
ワイシャツの襟は、カラーとも呼ばれオーソドックスなレギュラーとワイドが一般的です。

ボリューム感が出る襟のワイドが人気!ボタンダウンは?

シャツはワイドのほうが若干襟元が開いて見え、ネクタイを締めた時にボリュームが出ることから、着用者が多いようです。
ただし、シャツの襟はスーツ内に収まっているようにし、ワイドよりも襟が開 くホリゾンタルはビジネスには向きません。
ボタンダウンもスーツには着ないのが正しいのですが、ボタンダウンを売り出 したアメリカのメーカーでは、スーツにボタンダウンシャツというコーディネ イトを発信し続けているようです。

・ブランド:ラルディーニ
・価格:税込 21,600円

・ブランド:ラルディーニ
・価格:税込 21,600円

因みに・・・イタリアの超有名ジャケットブランドであるラルディーニについては、別の記事に詳しくまとめていますのでこちらからご確認下さい!

イタリア発『ラルディーニ』のジャケットでジャケパンスタイルを極める!
ラルディーニのジャケットの着こなしやコーディネートを紹介しながら、特徴や評判、取扱い店舗やお値段まで、幅広く紹介!

ストライプシャツもスーツとの着用OK

スーツに無地シャツだけでなくストライプも認められています。
特にイギリスでは無地よりもストライプに人気があり、ロンドンストライプと いう柄もあるほど。
興味深いのは、白地のシャツに紺ストライプのみで、ストライプの幅と紺の濃 淡で種類を増やしています。

・ブランド:デビッドドナヒュー
・価格:税込37,800 円

・ブランド:ルイジボレッリ
・価格:税込 35,640円

・ブランド:イートン
・価格:税込 59,800 円

スーツ2~3着、シャツ10枚以上、ネクタイ20本がおすすめライン!

出展:http://www.marinellatokyo.jp

ビジネスマンとして毎日身に付けるスーツ、シャツ、ネクタイ。
スーツは最低 2~3着、シャツは無地や薄色、ストライプを含めて10枚以上、ネクタイは20本ほどのストックがあるのがおすすめです。
きっと毎日の着こなしに変化を付けられるでしょう。

まとめ

スーツを着てネクタイさえ締めていればシャツは何でもいい、というわけではないのがスーツ着用の難しさです。
紹介してきたように白の無地かストライプ のワイシャツなら、スーツやネクタイも合わせやすくなります。
忙しいビジネ スマンであればスーツやシャツ、ネクタイのコーディネイトに時間を割きたく ないもの。
手持ちのスーツ、シャツ、ネクタイをパッと見てコーディネイトを 即決できるようになればしめたもの。
ただし毎日同じになってしまうようでは、意味がありませんが。