シャツの豆知識

シャツの着こなしだけでモテ方が違う!シャツのコーデを総まとめ!

シャツの豆知識

「メンズシャツ」と一言でくくるのは簡単ですが、シャツの種類の多さに気づくのに時間はかからないことでしょう。
ビジネスやフォーマルでのワイシャツでも数種類ありますし、カジュアルに至ってはシンプルなTシャツも含めて、特徴を細かく分けたらきりがないほど多種多様なシャツが存在しています。
種類豊富なシャツとはいえ、素材や織り方、TPOなども考えて選んでいけば選択肢は狭まります。
主なタイプのシャツの特徴やシチュエーション、コーデ例などを示し、着こなしの参考となるようにまとめてみました。

スポンサーリンク

種類豊富なシャツだが、着こなしやコーデは難しくない?

シャツ 着こなし

シャツごとの特徴やコーディネイト、着こなしについて説明する前にシャツの簡単な定義に触れてみます。
シャツとは、上衣としてのジャケットの対になる内衣とでも言いましょうか、 肌に接する衣類の総称としてよいでしょう。
ビジネスシーンでもワイシャツを素肌に直接着る欧米の慣習が良い例になるかと思いますす。

シャツの色選びがあなたの印象を決める!押さえておくべきポイントとは?
シャツの色から始まる!今押さえておきたいシャツ選びの基本を解説しています。色選びから始まり、襟の種類や柄のポイント等・・・そして最も重要とも言える着こなしについても解説しています。またビジネスシーンにおけるシャツの着用ルールについても一部触れていますので、是非とも知識だけでも押さえて頂けたらと思います。

Tシャツに襟付きのチェック柄シャツの重ね着もおしゃれな着こなし

肌に接する衣類としてのシャツだけでなく、チェック柄などのシャツをTシャツに重ね着するのもおしゃれな着こなしになります。
肌着のように着るTシャツに襟のついたシャツを重ねてジャケットを着るという具合です。

素材や織り方でも呼び名が違う奥が深いシャツ

襟の有無によるシャツの違いのほか素材や織り方でも呼び名が違うなど、 様々なタイプがあるシャツですが、主なシャツの特徴と着こなしをみていきま しょう。
まずはカジュアルシャツから。

メンズのシャンブレーシャツの着こなしをチェック

シャツ 着こなし

デニムに似た生地ですが、織り方が違うのがシャンブレーです。
質感はサラッとしていて光沢があるのが特徴で、その見た目から霜降り感がある、と評されることも。
シャンブレー、デニムとも色糸が縦糸で、白(さらし)糸が横糸と、糸の使い方は同じですが、シャンブレーが平織り、デニムが綾織り、と織り方が異なるのです。

着こなしやすいメンズカジュアルシャツの定番デニム

平織りは縦横の繊維が交互に重なる織り方で、交差が多くなる分、強度があり、通気性もあるので夏向けの素材で多く使われます。
他方の綾織りは、複数の横糸を規則性を持たせてずらして織る方法で、生地表面に綾目ができるのが特徴です。
平織りよりも糸同士の間隔が広く、近づこうとするため生地が厚くなります。
秋冬物やオールシーズンの衣類に使われる織り方です。

スーツの上着とジャケットの違いとは?サイズ・ボタンやポケットも!
スーツのジャケットと、ジャケパンで使うジャケットの違いについて細かく解説!サイズ感や丈の違いから、生地、ボタンにポケット等の細かいパーツまで様々な違いがあるジャケットですが、それぞれの違いの知識を身に付けることで、最適な着こなしが実現可能に!合わせるパンツやネクタイ選びに加え、直しを行う際にもおすすめな情報が満載!

インナーとして重ね着もできるシャンブレーシャツの着こなしとは?

蛇足ながら色糸を横に、白糸を縦にして綾織りした生地がダンガリーです。
生地の厚さは、薄い方からシャンブレー、ダンガリー、デニムとなります。
薄手の生地のため、シャンブレーシャツはインナーとして、また重ね着のできるシャツとしても重宝するのです。

ビジネスでも使えるシャンブレーシャツの着こなしとは?

シャツ 着こなし

シャンブレーシャツは基本的にはワークシャツの部類ながら、ビジネスシーンでも通用するのが強みです。 ビジネスでの着こなしは、オーソドックスなネイビースーツやグレースーツをはじめブラウン系のスーツでも非常に映えます。
グレーのシャンブレーもありますが、水色のシャンブレーシャツのコーデが一般的でしょう。

クールビズなら水色のシャンブレーシャツに水玉のタイで着こなし

ビジネスカジュアルやクールビズでも活躍しそうなコーデも可能なのがシャンブレーシャツ。
淡い色のチノパンに水色か薄いグレーのシャツ、ネイビージャケットにストライプか横縞のタイ、あるいは大きめのドットタイも映えそうです。
タイをしないボタンダウンのシャンブレーシャツならクールビズにもってこいのコーデでしょう。

モテる男のスーツコーデ!カジュアルからデートまで使える着こなしとは?
モテる男のスーツコーデを大公開!オーソドックスなスーツスタイルの基本を覚えれば、カジュアルから、ビジネス、デート仕様と幅広く応用が可能です。加えて上級者は、サスペンダーやバッグに靴やハット、ニットetc・・・おしゃれなメンズ小物で差をつけろ!春夏秋冬、スーツの基本スタイルは変わらない!

メンズのデニムシャツならビジカジでの着こなしも!

シャツ 着こなし

綾織りで若干厚めのデニムシャツも、シャンブレーシャツ同様にビジネスカジュアルとしての着こなしができそうです。
シャツとしての合わせやすさに加え、暑い時は1枚着、寒くなったら中に着たりとオールシーズン対応と便利なシャツなので、1着は持つべきでしょう。

イタ男に学ぶジャケパンコーデ術!色合いやカジュアルコーデの極意とは?
イタリアオヤジから学ぶジャケパンの組み合わせについておすすめコーデを総まとめ!春先から夏にかけ多く見られるジャケパンでの組み合わせですが、あなたをより魅力的な男性へと演出する色合いやアイテム選びのコツを掲載!ベルトやネクタイ・スニーカーなど、小物の活用方法も伝授。合わせてジャケパンスタイルにおすすめの人気ブランド4選も紹介!

ノーネクタイのデニムシャツはボトムとの統一感を意識して着こなし

コーデ例としてはシャンブレーシャツと同じパターンになりますが、クールビズというより、ウォームビズ用がふさわしそうですね。
あとはシンプルですが、デニムオンデニムとしてボトムズとの統一感を出すコーデもおしゃれで人気のあるスタイルになります。
上下の色を揃えてもいいですし、変えても可というマルチな着こなしも可能です。

【スーツのタック】パンツの裾丈の流行やシングルとダブルの起源とは?
スーツのパンツについて徹底解説!今流行りのタック数や裾丈の長さについてや、ダブルやシングル等、パンツの種類に関する特徴や起源を纏めています。あなたのサイズに合ったおすすめの丈の長さを理解し、お直しの際や、着こなしコーデの参考に!

メンズの7分袖デニムシャツでゆったりな着こなし

春夏のシャツとして、メンズ、レディース問わず7分袖デニムも人気です。
淡い色のデニムのボトムかチノパンに黒のTシャツの上にゆったり羽織れば、 清潔感のあるコーデを演出できます。
もちろん、長袖のデニムシャツの袖をまくるのもありです。