ジュエリー

アゲートと呼ばれる瑪瑙(めのう)は縞模様が入った宝石!誕生石になってる?

ジュエリー
スポンサーリンク

縞模様が入った宝石は、アゲートもしくは瑪瑙と呼ばれています。その中で、赤と白が混ざり合ってオレンジ色の美しい縞模様を作り出しているサードオニキスは、8月の誕生石になっています。夫婦の絆を高めてくれるパワーをもらえるそうです。

クリソベリル 石

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

瑪瑙ってどんな石?

瑪瑙(めのう)は、8月の誕生石の内の一つとなっている宝石です。サードオニキスとしても知られています。オニキスというと、黒く光沢のある石をイメージする人は多いでしょう。しかしオニキスの一種であるサードオニキスは、色は黒ではなりません。明るいオレンジ色をしていて、赤や白などが混ざり合った美しい縞模様が入っています。石に縞模様が入った宝石は、一般的にアゲートといる分類に入れられます。

アゲートの縞模様は、採掘された石に対して人為的に加工処理されているわけではもちろんありません。鉱石が生成される過程で、地質の環境や条件によって縞模様が自然に入ります。そのため同じ縞模様はなく、一つ一つの模様が異なります。

ちなみに8月の誕生石である瑪瑙は、メインカラーは赤色で、そこに白色が混じることでオレンジ色や乳白色、黄色などの濃淡が作られます。そして、これらの濃淡が縞模様を作ります。

8月の誕生石である『紅縞瑪瑙』!どんな力があると言われている?

8月の誕生石であるサードオニキスは、縞模様が目のように見えることから、赤天眼石と呼ばれることがあります。また、赤い縞模様が美しいため、紅縞瑪瑙と呼ばれることもあります。呼び方は異なりますが、どれもサードオニキスのことを示しています。

この宝石は、ジュエリーとしてだけでなく、パワーストーンとしても高い効果が期待できる石です。サードオニキスには、夫婦仲を強め、夫婦のきずなを強くするという、結婚運上昇の効果が期待できるそうです。赤と白が絶妙に混ざりながら美しい縞模様を作り出していることから、男女の関係が上手くいくことを象徴していると言われています。

ちなみに、瑪瑙の中でも縞模様がないものは、カーネリアンという別の宝石に分類されることが多いです。基本的には同じ地質の鉱石で、縞模様の有無によって分類されますが、パワーストーンとして与えてくれる効果は少し異なります。縞模様がある瑪瑙の場合には、夫婦仲や結婚運を高める効果を与えるのに対して、縞模様がついていないカーネリアンの場合には、前向きに物事を進めるためのエネルギーを与えてくれるそうです。無口な人なら、自分の意見や考えを言えるような勇気やエネルギーを呼び込めるでしょう。ただし、既に自分の意見をはっきり述べている人にとっては、プラスのエネルギーが強くなりすぎて自己主張が強くなりすぎてしまうこともあり得るようです。その点は注意したほうが良いでしょう。

石言葉やその意味

8月の誕生石となるサードオニキスは、瑪瑙の中でも、縞模様が入った玉髄類というアゲートに分類されます。最初に瑪瑙が発見されたのはシチリア島のアカーテ(Acate)という川辺でした。そのため、アゲート(Agate)は、ギリシャ語のAchatesに由来しています。

また、アゲートの和名は瑪瑙となり、この瑪瑙という名前は、石に入っている模様が馬の脳に似ていることからネーミングされたのだとか。馬の脳はちょっとイメージしづらいですね。

アゲートと瑪瑙は、日本においては西洋名がアゲートで、和名では瑪瑙として同じものをさす言葉です。しかし海外においては、瑪瑙という宝石の定義が日本とは異なります。日本では、瑪瑙は必ずしも縞模様が入ったものだけを指すわけではなく、無色半透明の水晶などの玉髄もすべて、瑪瑙に分類されています。しかし海外においては、瑪瑙というのは縞模様が入った石のみを指すため、玉髄は瑪瑙とは分類されません。そのため海外で宝石を購入する際には、定義の違いを理解した上で選びましょう。

サードオニキスのお手入れ方法

サードオニキスを含めた瑪瑙は、身につけた日の終わりに乾いた柔らかい布で汗や皮脂などの汚れを拭きとるようにしましょう。ジュエリーやパワーストーンを日常的に使用していると、汚れが少しずつ蓄積されてしまうことがあります。そんな時には中性洗剤をぬるま湯に溶かし、柔らかい歯ブラシなどで汚れを洗い流すと良いでしょう。

ジュエリーのお手入れ方法として人気の超音波洗浄機やスチームクリーナーは、瑪瑙のお手入れに用いるのはNGです。石の内部に入っている小さな空間などからヒビや割れが広がる原因となってしまうことがあります。注意しましょう。もしもぬるま湯で洗うだけでは落とせない汚れがついてしまった時には、自分で無理にお手入れするのは避けて、専門業者にクリーニングを依頼するのがおすすめです。

今おすすめのダイヤモンドアクセをおさえておこう!

キンバーライト

OTOKO DIAMONDが取り扱うダイヤモンドジュエリーの中でも、どんなアイテムが人気なのか?

今おすすめしたいリッチなジュエリーを編集部が厳選しPICK。

フォーマルの新定番!男の襟元に差をつけるダイヤモンドパーチ!

キンバーライト

OTOKO DIAMONDのダイヤモンドパーチは、オシャレにダイヤモンドを身につけたい男性に大人気のアイテム。

ブラウンカラーのダイヤモンドにプラチナやゴールドを合わせた、本物志向のダイヤモンドジュエリーは、シンプルで洗練された男にとって魅力的な要素がふんだんに詰まった仕上がりとなっている。

使用しているダイヤモンドは、天然のブラウンダイヤモンドで、カットはアイテムによってラウンドブリリアントカットやスクエアカットなど多彩なカッティングが施されている。

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.12ct)PT900〈無色〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.33ct)PT900〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.34ct)K18PG〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.1ct)K18YG〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.3ct)K18CG〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.109ct)PT900〈無色〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_スクエアカット(0.121ct)K18YG〈イエローカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

まとめ

縞模様が入った美しい宝石を、アゲートもしくは瑪瑙と呼びます。日本国内と海外とでは瑪瑙の定義は異なります。海外では縞模様が全く入っていないものは瑪瑙とは定義していません。瑪瑙の中でもオレンジ色の縞模様が美しいサードオニキスは8月の誕生石です。サードオニキスには、夫婦仲を高めてくれる効果を与えてくれるそうです。