ジュエリー

自宅で出来る?ダイヤモンドの手入れ方法!洗い方や曇りの解決策とは?

ジュエリー

ダイヤモンドのお手入れ方法について、曇りの解決策や洗い方など、簡単に出来るマル秘解決策を大公開します!

日々の生活の中でダイヤモンドは皮脂や汗などによって曇りやすいこともあり、輝きが半減してしまうといった弱点を有します。

しかしながら、洗い方や手入れ方法をマスターすることで、日々蓄積した汚れを簡単に除去し、いつまでも美しい輝きを維持できます。

ショップに持ち込むという方法もおすすめですが、自宅でも出来るケアの方法を特別に伝授します。

おすすめダイヤモンドアイテムについても、厳選した上で、6選紹介していくので、是非最後まで、お付き合いください!

スポンサーリンク

ダイヤモンドをお手入れする重要性!

ダイヤモンドを日頃から愛用し続けていると、日々の生活の中で徐々に石が汚れてしまうことがないでしょうか?

購入時と比較して、輝きを失い始めたなと感じ、悲しい思いを感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドの特性を把握しよう!

ダイヤモンドは、外傷に対してはかなり強い硬度があるのですが、汗や皮脂による汚れが付着しやすいという特徴があります。

汗や皮脂がダイヤモンドに付着してしまうと、輝きを放っていたはずの表面が曇りはじめ、せっかくの輝きも半減してしまうことがあります。

いつまでも美しい輝きを維持させるためには、ダイヤモンドを定期的にお手入れし、曇りがつかないように気を付けることが非常に重要になります。

ダイヤモンドの硬さの理由に迫る!硬さの単位や強度はどのくらい?
ダイヤモンドが硬い理由をご存知でしょうか?ダイヤモンドの硬さは、モース硬度表では最高単位の硬度10と評価されています。 そこでどんな硬さの単位や、ダイヤが硬くなる過程や秘訣を掘り下げて、分かりやすく紹介していきます。 合わせて、大人の魅力を格段と上げる、ダイヤモンドのおすすめアイテム6選も紹介していくので、是非参考にしてみて下さい!

手入れをすべき頻度とは?

ダイヤモンドのお手入れ頻度については、みなさんどのうように対処を行なっていますか?

ダイヤモンドジュエリーを日常身に着けている方なら、毎日小まめにお手入れすることをおすすめしています。

日々蓄積するする恐れがある汚れの原因とは?

日々の手入れが必要となる最大の理由は、ダイヤモンドを毎日身に着けることで、少なからずの汗や皮脂が付着する上、ホコリなどが付いても、輝きが失われる原因となります。

そのため、身に着けた日には、お手入れを欠かさないという習慣を身につけることが非常に重要です。

メレダイヤの魅力とは?ダイヤとの違いや失敗しない品質やグレードの見分け方!
大人を虜にするメレダイヤの魅力とは?他では教えてくれないメレダイヤの品質や、グレードを見分けるコツを特別に公開しています。 失敗しないダイヤモンド選びをマスターしワンランク上の、ジュエリーを楽しもう! 加えて、プロがおすすめするダイヤモンドアイテム6選も厳選し紹介中です。 通なダイヤモンドアイテムを今すぐチェックしてみよう!

定期的クリーニングもおすすめ!

また、普段のお手入れとは別に、定期的にクリーニングをするという方法もおすすめです。

クリーニングの方法としては、超音波クリーナーなどで汚れを落としたり、洗剤を用いて油汚れを落としたりするなど、定期的にお手入れを行うことで、頑固な汚れも確実に落とし、美しい輝きを長期的に維持するが可能になります。

ダイヤモンドがついたリングの保管方法

ダイヤモンドリングを保管する時の注意点についても紹介していきます。

最も重要なこととは、油汚れなどをしっかり落とし、清潔な状態を保った上で保管をすることなので、是非この点は意識して行うようにしましょう。

汚れが付着したままの状態でダイヤモンドを保管していると、他のデリケートな貴金属にも悪い影響を与えてしまう可能性も出てきます。

最低でも、油の汚れを軽くふき取ってから保管するか、できれば洗剤で汚れをしっかり落とした上で保管するのがおすすめです。

婚約指輪のダイヤ特集!平均的な大きさやカラット数・値段の相場を遂に解禁!
\知らなきゃ危険/婚約指輪のダイヤについて平均的な大きさやカラット数更には、お値段の相場をついに解禁!合わせて、カットの種類や選ぶ際のポイントについても、分かりやすく解説していきます。 他と被らない、おすすめダイヤモンドアイテム6選についても、厳選し紹介していますので、是非までお付き合いください。

汚れたままのダイヤモンド

ダイヤモンドは、他の宝石と比べて高い硬度があります。
そのため、他の石と擦れても傷がついてしまうことはありません。

しかし、ダイヤモンドと擦れることによって、他の石に傷がついてしまう恐れはあります。

そうしたトラブルを避けるためには、ダイヤモンドリングに限らず、保管する際には1個ずつ仕切りなどで区切り、保管中にぶつかったり擦れたりすることのないように注意すると良いでしょう。

えっ?世界一硬い石はダイヤモンドじゃないって本当!?
ダイヤモンドは世界一硬い石として知られています。 しかし実際には、ダイヤモンドよりも硬度が高い石があり、宝石としての価値を見いだせる可能性を秘めた鉱物も多く存在しています。 そこで、ダイヤモンドの硬さの実態や、それらを決定付ける評価基準について分かりやすくシンプルに解説し、ダイヤモンドより硬い鉱物3選紹介していきます。

曇りの原因とは?輝きを保つための対処方法はこれ!

ダイヤモンドは、光を反射することによって、カットされた表面が輝きを放ちます。

この表面部分がくすんでしまったり曇ってしまったりすると、十分に光を反射できないため、当然本来あるべき輝きが失われてしまいます。

曇りやくすみの主な原因とは?

曇りやくすみの主な原因は、油汚れによるものが多いと言われています。
また、ダイヤモンドは親油性という性質があるため、油が付着することで、油汚れが表面に馴染んでしまい、皮膜を作ってしまいます。

ダイヤモンドの曇りを防ぐためには、日々の生活の中で、可能な限り油に触れる機会を少なくすることを意識することをおすすめしています。

例えば、料理や掃除などの家事をすると、油や汗の汚れが石につきやすくなってしまうため、家事をする際は、指輪を外して保管場所に置いておく習慣をつけるのが良いでしょう。

ダイヤモンドの4Cとは?歴史から値段までを徹底解説!
ダイヤモンドについて良く耳にする4Cとは?意外と知らないダイヤモンドの豆知識を徹底解説致します! ダイヤモンドは、宝石の中でも最も値段が高い石として人気があり、実は、『4C』と呼ばれる国際的な評価基準によって価値が決まっていることをご存知でしょうか?そんなダイヤモンドの4Cとはについて分かりやすく解説していきます。

小まめに対処できない方はショップでクリーニングしよう!

ダイヤモンドジュエリーを着け外ししたりするのが面倒だという方や、失くしてしまうのが怖いという人は、定期的にダイヤモンドジュエリーショップに出向いてクリーニングをおこなうことをおすすめします。

特にダイヤモンドジュエリーを購入したショップなら、無料洗浄してもらえる可能性が高いので、定期的に足を運びましょう。

また、購入する際に、無料洗浄を行なってもらえるかなども、事前に確認した上で、購入するといったことも重要になります。

ダイヤモンドはどう洗う?メンテナンス方法を紹介!

まず、ジュエリーを外したら、速やかに汗や油を拭きとりましょう。
この作業を習慣化するかどうかによって、集中ケアの必要な頻度が大きく変わります。

日常生活の中で婚約指輪や結婚指輪を普段使いしている人だと、生活の中で汗や皮脂に加え、ホコリなどの汚れもダイヤモンドに付着してしまいます。

プリンセスカットとは?結婚指輪の輝きを格段と上げるおすすめダイヤモンド!
結婚指輪を購入する際に聞くことが多い、プリンセスカットとは?幸せと輝きを格段とアップさせるプリンセスカットの魅力に迫ります。 ダイヤモンドには、様々なカット方法が存在しており、プリンセスカットは中でも加工プロセスにおけるロスが少ないカット手法になります。 そんなプリンセスカットに関する特徴や選ぶ際の留意点など、気になる情報をまとめて紹介しています。

日々小まめに!これが最も重要!

ついたばかりの汚れなら、放置した汚れと比べて簡単に落とすことができます。

また、ダイヤモンドジュエリーを日頃から身につけていると、化粧品やヘアクリームなどが石に付着してしまうことがあるかもしれません。

できるだけ油が付着する事態を避けるために、メイクをしたりヘアセットをする際にはダイヤモンドを外すのがおすすめです。

お風呂に入る時や料理をする際にも、できる限り外したほうが、ダイヤモンドの汚れ防止としては大きな効果があります。

以上のことに注意していても、ダイヤモンドについた汚れが少しずつ表面に蓄積されると、石は曇ってしまいます。

ダイヤモンドが曇ったら?簡単対処方法!

その曇りを取り除くためには、定期的に洗剤で洗うのがおすすめです。

洗い方ですが、ぬるま湯に食器洗い用の洗剤を薄め、そこにダイヤモンドのジュエリーを浸けたら、柔らかい歯ブラシで軽く擦り洗いをしましょう。冷たい水よりも熱めのお湯の方が、油の汚れは落としやすくなります。

自分でクリーニングしても輝きが蘇らない場合には、ショップに持ち込んで「新品仕上げ加工」を依頼すると、自宅では取れない汚れもしっかり洗い落としてもらうことができ、新品の輝きを取り戻せます。

ダイヤモンドのカラット(Carat)とは?失敗しないダイヤ選び3つのポイント!
ダイヤモンドのカラットとは?意外と知らない1カラットという名の単位について、意味や由来を分かりやすく解説しています!合わせて、失敗しないダイヤモンド選びについて気になる3つの重要なポイントについても解説しています。 そして、今おすすめしたいダイヤモンドアイテムと、ルース(原石)6選も厳選して紹介しています。

男の魅力を格段と上げる!ダイヤモンドアイテム6選!

cvd ダイヤモンド

オンラインショップでアイテムをチェック!

おすすめ『PARCH(パーチ)』3選から!

デキる男はダイヤモンドを纏う。
新しいスタイルのダイヤモンドジュエリーです。

そもそも「パーチ(perch)」とは止まり木のことを指し、このダイヤモンドジュエリーは、小鳥が羽を休める止まり木のように、変幻自在にオシャレを楽しめるアイテムになります。

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

おすすめの『LOOSE(ルース)』3選から!

「愛でる」ルーペから広がるダイヤモンドの世界へ!
男心をくすぐるレア度重視のダイヤモンドルースになります。

歴史を感じさせる原石を是非この機会にご堪能してみてはいかがでしょうか?

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

まとめ

ダイヤモンドのか輝きを半永久的に維持するためには、日々のこまめなお手入れが重要です。

大敵となりえる曇りの原因である、汗や油汚れを、日常的に除去することと、ダイヤモンドジュエリーを日常的な汚れからしっかりと守るという意識を常日頃から持つ事が非常に重要です。

しかしながら、日々お忙しい方や、中々こまめにお手入れする事が難しい方も多いと思います。

そんな方は、是非最寄りのジュエリーショップや、購入先に頻繁に出向き、しっかりとしたジュエリーのケアを行うように心がけましょう。