ジュエリー

クリノヒューマイトはどんな宝石?石に与えらえた意味は?

ジュエリー
スポンサーリンク

クリノヒューマイトは、宝石として希少性が非常に高く、石言葉や意味などがまだ未設定のレアストーンです。宝石として美しさを堪能できるほか、ルースとしての販売も人気です。

1ct当たり1万円~8万円程度で購入できます。

クリソベリル 石

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

クリノヒューマイト

クリノヒューマイトは、フランスの科学者が1876年に発見した石灰岩です。スピネルやフォルステライト、クロライトなどの鉱石と共に採掘されることが多く、最初の頃は、宝石として適した石だとは考えられていませんでした。

クリノヒューマイトが宝石として注目され始めたのは、なんと1980年代に入ってからです。ゴールデンオレンジが魅力的な石で、希少性が非常に高く、高品質の宝石グレードの石を見つけることはとても困難です。そのため、ジュエリーコレクターの間には、喉から手が出るほどクリノヒューマイトが欲しい、という人が少なくありません。

クリノヒューマイトは、生成の過程でどうしてもインクルージョンが入りやすい石です。一般的な宝石の場合には、インクルージョンが入ると宝石としての価値が低くなってしまいます。しかしクリノヒューマイトの場合には、インクルージョンを避けて通ることが難しいため、インクルージョンがあるからと言って価値が下がる事はありません。この宝石の価値を決める要素は、大きさや透明度、そして色などです。

色や種類

クリノヒューマイトは、原石の状態では黄色から赤色まで、幅広い濃淡があります。その中でも人気が高い色はオレンジ色で、これはゴールデンオレンジカラーと呼ばれています。石は全体的に透明度が高く、透明度が高いゴールデンオレンジカラーのクリノヒューマイトは、ファセットカットが施され、ジュエリーとして高値で取引されることが多いです。

クリノヒューマイトには、コンドロダイトという兄弟石があります。肉眼でクリノヒューマイトと区別することは難しく、現在でも混同された状態で販売されていることが少なくありません。クリノヒューマイトとコンドロダイトを判別するためには、ラマン分光法という方法が必要になります。これは、石に光を当て、反射や屈折、吸収などの状態の数値を解析し、分子レベルで石がクリノヒューマイトなのか、それともコンドロダイトなのかを判定するという方法です。

クリノヒューマイトの宝石言葉や意味

クリノヒューマイトは、希少性がとても高いレアストーンです。そのため、通常なら宝石の多くが持っている石言葉や意味などは、まだ設定されていません。もしかしたら今後、さまざまなシーンでクリノヒューマイトが分析されたり解析されるなどして、石言葉が与えられるのかもしれません。しかし宝石として注目されてからまだ半世紀にも満たないレアストーンは、人類の長い歴史と共に歩いてきたルビーやエメラルド、ダイヤモンドのような石言葉や意味がまだありませんし、身に着けることでどんな効果があるのかという点について、未知数な可能性が広がっています。

パワーストーンとしての効果

クリノヒューマイトは、宝石グレードの石を見つけることがとても困難なレアストーンです。クリノヒューマイトを取り扱っているジュエリーショップもそれほど多くはなく、おそらくクリノヒューマイトを取り扱っている専門的なネットショップでクリノヒューマイトを購入しなければいけないのではないでしょうか。

パワーストーンは、それぞれの宝石やストーンが持つ意味や効果を考えながら、石同士の組み合わせを考えたり、どんな風に身に着けるのが良いかという点を考えることが多いです。しかしクリノヒューマイトの場合には、まだ石言葉なども与えられておらず、この石がどんな効果を持っているかについても、まだ未知の部分が多いものです。そのため、パワーストーンとしてクリノヒューマイトを身に着ける場合には、身につけながらどんな効果があるのかを肌で体験することになるでしょう。

ただし、クリノヒューマイトは希少性が高い鉱石です。そのため、エネルギーを呼び込む力はとても強いと考えられています。美しいゴールデンオレンジカラーに魅せられた人は、お守りとして持ち歩くのが良いかもしれません。

気になるルースの価格帯

クリノヒューマイトは、ネックレスやピアス、指輪などのジュエリーとして完成した商品を購入することができる他、貴金属にセッティングされていないルースの状態での購入も可能です。採掘量がとても少なく、その中でもジュエリーグレードのモノがあまりないという点で、非常に高い値で取引さえている宝石と言えます。

具体的にどのぐらいの価格で取引されているのでしょうか?

ルースを購入する場合でも、一つ一つの石の大きさや色味、透明度などによって評価が異なります。目安としては、原石の状態1ct程度で約1万円から8万円程度と考えると良いでしょう。ちなみに、2ct程度のクリノヒューマイトでも、ファセットカットされたジュエリータイプのものだと、お値段は15万円~20万円程度になることは、珍しくありません。

デキる男が身につけるダイヤモンドジュエリーをPICK!

アイデアル ダイヤモンド

今密かに注目を集めている『OTOKO DIAMOND』のダイアモンドアイテムを編集部が厳選しPICK。

今時な大人が選ぶラグジュアリーで人気なダイヤモンドジュエリーを押さえておこう!

ダイヤモンドパーチがデキる男のフォーマル感を底上げする!

アイデアル ダイヤモンド

メンズ向けダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、タイピンとしても、ラペルピンとしても活躍できるパーチが大人気。

ダイヤモンドをプラチナやゴールドなどの本物素材にセッティングしたパーチは、幅広いシーンで活躍してくれます。

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンブラウンカラー〉ラウンドカット 0.1ct SV925

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈コニャックブラウンカラー〉  0.20ct K18YG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉0.25ct K18YG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉 0.1ct PT900

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉プリンセスカット 0.1ct K18PG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンブラウンカラー〉 プリンセスカット 0.1ct K18PG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉 スクエアカット 0.13ct PT900

▶︎詳細はこちらから
フォーマルの新定番!「OTOKO DIAMOND」のダイヤモンドパーチはワンランク上の女性からかわいいを誘う!
「OTOKO DIAMOND」は、ワンランク上の大人の男を魅了するダイヤモンドジュエリーを豊富に取り扱い、今最も注目したいラグジュアリーブランドだ。 中でも独自商標を持つダイヤモンドパーチや、ダイヤモンドの原石を使ったリングなど、オシャレでコーデ映えするアイテムは今SNSでも大人気で注目を浴び続けているブランドだ。 今回は、今注目のOTOKO DIAMONDが提唱する男のダイヤモンドに関する、独自の世界観や、今注目されている魅力の裏側に迫る。

まとめ

クリノヒューマイトは、石言葉や意味がまだ未設定のレアストーンです。美しいオレンジ色をした鉱石で、購入する場合にはジュエリーとしての他、ルースでの購入も人気があります。