ルイ・ヴィトンのメンズスーツが人気な理由!オーダー情報も公開!

今回は、フランスパリの高級ブランドであるルイ・ヴィトン(louis vuitton)のメンズスーツが人気な理由について徹底解説致します!
ご存知の通り、芸能人や世界中のセレブ御用達のルイ・ヴィトン(louis vuitton)ですが、歴史的な背景やデザイナー情報をはじめ、ロゴやマークに隠された意味などおもしろ情報を幅広く紹介致します。
また、メンズスーツについて、気になるお値段や特徴にも迫りますので、是非最後までお付き合い頂けたらと思います。

スポンサーリンク

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の歴史とは?

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の歴史の資料

出典:https://jp.louisvuitton.com

1821年のフランス で、12人兄弟の6番目の子供として、 誕生したルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、14歳の時に、母親との関係が悪くなったことをきっかけに、家を出ることとなり、結果、フランスのパリへ向かうこととなります。
当時のパリの流行は、スカートの裾を針金で広げたスタイルがブームとなっており、特に富裕層の人々は、スカートを複数枚持ち運ぶ為の、専用トランクが旅行時のマストアイテムとなっていました。
そこに目をつけ、「鞄に畳んで積む事が出来る」という謳い文句を掲げた、トランク職人が多数存在しており、当時のルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、一流の荷造り職人の見習いになることを決意します。
その後、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、 徐々に実力をつけていくこととなり、遂には、フランスの皇室からも、受注が入るまでに至り、フランス随一のトランク職人へと育っていきます。

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の独立から世界的企業への成長まで!

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)のモノグラムのトランク

出典:https://jp.louisvuitton.com

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)がトランク職人として、評価されるようになったきっかけは、創業者のルイが死去した後に「グリ・トリアノン・キャンバス」 というトランク工場を構えた事がきっかけになります。
このことをきっかけに、ルイ ヴィトン(louis vuitton)は、1854年、33歳の特に遂に独立を決意します。
その後、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)として、 フランスのパリ・カプシーヌ通りに、世界で初となる、旅行用鞄の専門店を展開することとなり、そして、1859年には、最初のアトリエをアニエール=シュル=セーヌに構え、特殊コットン素材を用いた軽量トランクの展開をスタートします。
その結果、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、瞬く間に世界中で認知されるまでに成長を遂げ、1869年には、エジプトのイスマーイール・パシャ総督や、1877年にはロシアのニコライ皇太子が、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)のトランクを注文することとなり、ルイ・ヴィトン社は、フランスが世界に誇る企業へと成長を遂げます。

『ダミエ・ライン』や『モノグラム・ライン』の登場!ロゴ・マークはコピー品対策!

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)のモノグラム・ダミエの財布

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、1885年にロンドンに初となるショップを構えることになり、ロンドンへの出展においても、成功を収めたルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、更なる飛躍への道を歩んでいきます。
その第一歩となるのが、模倣品防止のため、1888年に発表された、「ダミエ・ライン」の登場になります。
「ダミエ・ライン」は、ご存知の通り、チェス盤とルイ・ヴィトン(louis vuitton)の銘をモチーフにしており、現在もなお、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の主要ラインの一つとして、根強く人気を誇っています。
更に1892年に、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、ハンドバッグの販売を開始しており、その同年2月27日に、惜しまれながら、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は死去することになります。
そして、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の後を引き継いだジョルジュが、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の舵をとることになり、ジョルジュは、万国博覧会に出展を行う等、多大なる功績を残し続けることになります。
また、1896年には、「ダミエ・ライン」の模倣品が多く出回ってきたことから、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、新たなデザインを発表します。
それが、かの有名な「モノグラム・ライン」であり、シンボルとして採用された、「LV」マークは、万国博覧会で目にした日本の家紋が基となりデザインされたと言われています。

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の東京進出は1978年から!

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の公式店舗

その後、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、1914年に、世界最大の旅行グッズ専門店を、フランスのパリに出展します。
1978年3月に、遂に東京3カ所に同時進出し、サンローゼ赤坂、日本橋の高島屋、渋谷の西武に展開をし始めます。
その後、1981年には、日本国内初となる直営店を、銀座にオープンさせることになります。
また、1987年には、大手シャンパンメーカーのモエ・ヘネシーと合併契約を結び、コングロマリット、LVMHとして変貌を遂げ、その後LVMHはクリスチャン・ディオールやフェンディ(FENDI)など、世界的有名ブランドを傘下におさめる程のグループに飛躍していきます。

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)のデザイナーはなんと・・・あの◯◯も就任していた!

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)のデザイナーであるマークジェイコブス

ルイ・ヴィトン(louis vuitton)は、1997年にプレタポルテへの参入を計画し、クリエイティヴ・ディレクターとしてマーク・ジェイコブスを新たに迎えていきます。
その後、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)社として初となる、アパレルのラインをスタートしていきます。
1998年の秋冬パリ・プレタポルテ・コレクションからは、ルイ・ヴィトン(louis vuitton)の新ラインとして、レディースコレクションが登場し、これに続いて、2000年には、メンズコレクションも新たにスタートさせます。
その後、「バレンシアガ」でクリエイティヴ・ディレクターを務めていた、ニコラ・ジェスキエールが2014年からアーティスティック・ディレクターに就任することとなり、ンズコレクションラインは、チーフディレクターとして、キム・ジョーンズが就任しています。

おすすめメンズスーツ!年代別ブランドスーツランキング15選!
あなたの好きなブランドは何位?世代別、スーツのおすすめブランドランキング15選!
ブランドスーツ
FOLLOW US!〜最新情報を受け取る〜
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
Wealthy Class