スポサーリンク

ジャケパンならボリオリ(BOGLIOLI)がおすすめ!価格や評判とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンコンジャケットの代名詞-ボリオリ-の歴史とは

ボリオリは、1890年にイタリアミラノの職人であるピエルイジ・ボリオリ氏が創業したウェアブランドになります。
「クラシック&モダン」という言葉をコンセプトに掲げており、「ドーヴァー」「Kジャケット」「コート」など、様々な名品を生み出し、革新的なアイディアを取り入れてきたクラシコイタリアに欠かせないブランドになります。
ピエルイジ・ボリオリ氏は、テーラード技術で有名になった職人で、1890年代にメゾンを立ち上げ、第二次世界大戦後の1950年半ばには、息子のジュゼッペ・ボリオリ氏が後を継ぎ、仕立て職人からより幅広い層の方に着て貰う為、アトリエではなくファクトリーとして当時の最先端技術を取り入れた工場を開設しました。
更に、1972年には3代目のマリオ・ボリオリ氏が、ファクトリーを引き継ぎ、企業としても成熟し、世界的に名を広めていきました。
そして、ボリオリの代名詞である、アンコンジャケットの草分け的なコレクションであるKジャケットは2003年に誕生しています。
Kジャケットの発売で勢いが加速したボリオリは、新たにドーヴァーを2008年に発売して以降、確固たる地位と高い人気を誇っています。
ボリオリは100年もの歴史の間、息子、孫の代へ受け継がれながら事業を拡大し、偉大なメゾンへと成長したブランドになります。
また、2015年にブランド名を”BOGLIOLO MILANO( ボリオリ・ミラノ)”と改めており、過去の歴史を大切にしながらもコレクションブランドとして進化し続けています。

BOGLIOLI-ボリオリ-の特徴や評判とは

出展:https://www.pen-online.jp

ラルディーニやタリアトーレといったアンコン系ジャケットブームの源流であるボリオリは、比較的硬派な印象を与えることが美学とされていたジャケットそのものの観念を大きく打ち破りました。
まるで、一枚の布のような作りだが、着てみるとしっかりとしたジャケットとして『サマ』になる、いわゆるアンコンジャケットというイノベーションを起こします。
日本においては、アンコンジャケットという概念が広がり始めたのは、2008年のドーヴァー発売以降のことですが、アンコンジャケットという言葉は、ここ10年ほどで良く耳にするようになっています。
そして、このボリオリが創った“製品染め”、”アンコンジャケット市場”をさらに開拓していく使節団がラルディーニや、タリアトーレ、L.B.M1911となっています。
近年ボリオリは、クラシックからモード路線へ転向し、デザイナーであったピエルイジ・ボリオリがザ・ジジを新たにスタートさせています。

ボリオリのアンコンジャケットの気になる価格や着こなし

ボリオリの大まかな価格感としては・・・

・スーツ:15万円〜20万円前後
・ジャケット:10万円前後が相場感になると言われています。
(*各アイテムで異なる)

出展:http://blog.uktsc.com

更にそもそも、アンコンジャケットについてですが、アンコンストラクション・ジャケットの略とされ、「裏地、芯地、肩パット」などは極力使わずに省いているため、ラフな印象・ソフト感を演出できるジャケットになります。
所謂、カジュアルスーツであったり、ジャケット&パンツスタイルに相性のいいスタイリングです。
そのため、一般的なスーツテイストのジャケットとは若干サイズ感や印象が異なりますが、必要最低限の構築さは残しつつ、羽織るとカーディガンのように軽くてソフトな着心地になります。
ボリオリの独自のラフさとダブル特有のカッチリ感を掛け合わせたボリオリのダブルジャケットもとても人気なラインです。

ドーヴァー・ニュードーヴァーでサルトリアスーツを着こなす

出展:http://www.gloryguy.jp

ドーヴァーのスーツは、機械化による量産品に、手仕事の仕様を上手く取り入れた質の良さも人気の一つとなります。
イタリアのサルトリアのコンセプトに則った、柔らかくしなやかな曲線で男性の美しさが際立ち、全体的に身幅が細く、着丈が短いため、現在の流行にも適しています。
そして現在は、従来よりゴージラインを2cm下げ、ラペル幅を2cm拡大、着丈を1.0cm短くした、よりトレンド感のある「ニュー ドーヴァー」で展開しています。
背幅も2.0cm広げる事で、独特のサイズ感が施され、前への動きがスムーズになっています。

Kジャケットを着てクラシックファッションを極める

出展:https://asm.asahi.com

アンコンジャケットの草分けモデルとなったKジャケットは、高級素材であるカシミヤに大胆な製品染め加工を施すことで、クラシックファッション界に旋風を起こしました。
ラペル等に見られる洗い加工による色落ちは、高級な素材にこなれ感を生み出します。

出展:http://www.gloryguy.jp

タイトルとURLをコピーしました