ジュエリー

ダイヤモンドのカラット(Carat)とは?失敗しないダイヤ選び3つのポイント!

ジュエリー

ダイヤモンドの重量は、カラット(Carat)という国際基準単位で表示されています。

1カラット(Carat)は0.2gに相当しますが、ジュエリーによっては石1粒当たりの重量ではなく、メレダイヤも含めた総量で表示されていることもあるので注意が必要です。

カラット(Carat)の意外と知らない豆知識をテーマに、あなたの素朴な疑問を解消していきます。

カラット(Carat)の起源とは?

カラット とは

よくダイヤモンドを購入する際などに、カラット(Carat)という言葉を聞くことが多いかと思います。

実はこのカラット(Carat)は、石の重量を示す単位になっており、国際基準として使われています。
そして、この1カラット(Carat)の基準を最初に考案したのがGIA(アメリカ宝石学会)という組織になっています。

加えて、現在では、ダイヤモンドの重量は、カラット(Carat)という世界標準基準で表示がなされています。

ダイヤモンドの4Cとは?歴史から値段までを徹底解説!
ダイヤモンドについて良く耳にする4Cとは?意外と知らないダイヤモンドの豆知識を徹底解説致します! ダイヤモンドは、宝石の中でも最も値段が高い石として人気があり、実は、『4C』と呼ばれる国際的な評価基準によって価値が決まっていることをご存知でしょうか?そんなダイヤモンドの4Cとはについて分かりやすく解説していきます。

カラット(Carat)の名前の由来について!

もともとカラット(Carat)は、ギリシャ語でKeratien(ケラチオン)に由来しています。
そして、ケラチオンとは実はイナゴ豆のことをしており、このイナゴ豆はサイズがほぼ同じという特徴があり、1粒の重量が0.197gになっていることに由来しています。

世界標準としてカラット(Carat)が確立される前は、ジュエリートレーダーたちがダイヤモンドの重さをはかる時に、このいなご豆を使って天秤にかけていたと言われています。

このようなことから、ダイヤモンドの重量はカラット(Carat)と表示されるようになったのです。
ちなみに、1カラット(Carat)の重量はイナゴ豆の重量にちなんで、1カラット(Carat)=0.2gとなっています。

カラット(Carat)の種類について!

カラット とは

カラット(Carat)というと、多くはダイヤモンドの重量を測る単位だとイメージするでしょう。

確かに、ダイヤモンドだけでなく、宝石の重量を計測する際には、Carat(Ct)という単位を用います。

貴金属ではKaratという単位が用いられている?

しかし貴金属の重量を測る際には、Caratに加えてもう一つ、Karatという単位が用いられています。

Karatは、貴金属の中でも金の純度を示す際に使われる単位になり、不純物が混ざっていない純金は、24Kと表示されますが、このKはKaratのことを指しているのをご存知でしたでしょうか?

Karatは、金の純度を24分割して算出されており、18Kなら金の純度は24分の18、すなわち、75%の純度となっています。

カラット(Carat)の意味!表示方法も押さえておこう!

ダイヤモンドのカラット(Carat)は、石の大きさではなくて重量を示す単位になることを説明してきました。

ダイヤモンドの1カラット(Carat)あたりの重量がは0.2gと決められているため、カラット(Carat)が多くなれば一般的にはダイヤの大きさも大きくなる傾向にあります。

石によって1カラット(Carat)あたりの大きさは異なる!

しかしながら、カラット(Carat)は、ダイヤモンド以外の宝石にも使われており、石の特徴に応じて質量が異なるため、同じ1グラムの石であっても、石の種類によっては大きさが異なります。

密度の軽い石もあれば重たい石もあるため、同じ1カラット(Carat)の宝石でも種類によって大きさは異なる点は押さえておこう。

カット方法によっても1カラット(Carat)毎の大きさは異なる!

ダイヤモンドの見た目の大きさは、カラット(Carat)によって決まるだけでなく、職人がどのようにカットしたかによっても大きく変わります。

職人のスキルによって、同じカラット(Carat)数の石でも大きく見えるものもあれば、小さく見えるものもあります。

カラット(Carat)の表示方法!2つの異なる考え方!

カラット とは

ダイヤモンドがあしらわれているジュエリーの中には、複数の石が使われている作品もあります。

そのような背景もあいまって、実はカラット(Carat)の表示方法は2つの異なる考え方が存在しています。

ダイヤモンド1石の重量として表示する考え方!

本来のカラット(Carat)は、ダイヤモンド1石の重量を示す単位として用いられるのが一般的です。

ダイヤモンド全体の重量の合計として表示する考え方!

一方ジュエリーによっては使われているダイヤモンド全体の重量の合計をカラット(Carat)として表示しているものもあります。

この場合、1粒の石だけの重量ではなく、複数の石の重量の合計ということになります。

特に、1粒が0.2カラット(Carat)以下のメレダイヤと呼ばれる小粒ダイヤが使われているジュエリーの場合には、ダイヤモンドの総量がカラットCarat表示されることが多いです。

メレダイヤの魅力とは?ダイヤとの違いや失敗しない品質やグレードの見分け方!
大人を虜にするメレダイヤの魅力とは?他では教えてくれないメレダイヤの品質や、グレードを見分けるコツを特別に公開しています。 失敗しないダイヤモンド選びをマスターしワンランク上の、ジュエリーを楽しもう! 加えて、プロがおすすめするダイヤモンドアイテム6選も厳選し紹介中です。 通なダイヤモンドアイテムを今すぐチェックしてみよう!

一粒毎の大きさが大きくなれば高くなることが多い

もちろん、宝石としての価値は、1粒の大きさが大きなものほど高くなります。

そのため、同じ1カラット(Carat)でも、1粒が1カラット(Carat)なのか、それともメレダイヤも含めたダイヤの総量が1カラット(Carat)なのかによって、そのジュエリーの価値は大きく変わります。

ダイヤモンド選びの3つのポイントとは?

カラット とは

ダイヤモンドを選ぶ際には、以下の3つのポイントは是非とも抑えておきたいものです。
中々お店で教えてくれない、重要なポイントになるため、しっかりと抑えておくことをおすすめします。

1)マジックサイズを狙おう

ダイヤモンドのマジックサイズとは、そのサイズを境目として価格が大きく変わるサイズのことで、0.5ct、0.75ct、そして1.0ctがあります。

例えば0.499ctと0.501ctとでは、見た目の大きさはほとんど変わりませんが、価格の面では20%以上変わってしまうこともあります。

見た目も満足でき、価格も満足できるダイヤモンドを探すなら、マジックサイズが狙い目です。

2)カラット(Carat)表示方法に注意しよう

ジュエリーのカラット(Carat)数は、ダイヤ1粒当たりの重量なのか、それともメレダイヤを含めた総量なのかによって、宝石としての価値は大きく変わります。

ジュエリー全体にエレガントで豪華な雰囲気を与えてくれるメレダイヤですが、石としての価値という点では、1粒の大きさが大きなダイヤにはかないません。

見た目を重視するのか、それとも宝石としての価値を重視するのかによって、選びたいジュエリーは変わるでしょう。

3)一生もののジュエリーは大粒を狙いたい!

婚約や結婚の際に贈る指輪にダイヤモンドをあしらうなら、資産としての価値が高く、そして長い人生の中でリフォームが可能な大粒カラット(Carat)を選ぶのがおすすめです。

年齢と共に指が太くなったりシワができたりして、指輪が似合わなくなってしまうことは起こります。

そんな時、大粒ダイヤの方がジュエリーのリフォームをしやすいという点で、フレキシブルではないでしょうか。

ダイヤモンドに関するその他の価値!

カラット とは

ダイヤモンドの価値は、カラット(Carat)だけでは決まりません。

23等級に分類される色を始め、透明度や職人のカット技術などによっても、価値は大きく変わります。

ダイヤモンドのジュエリーを選ぶ際には、カラット(Carat)だけに惑わされるのではなく、その他の評価基準も参考にしながら、気に入った一つを選びたいものです。

おすすめのダイヤモンドアイテム6選はこれ!

カラット とは

古代の男性たちは、ダイヤモンドを「勝利をもたらすお守りや権威」として大切にしてきた歴史があり、かつてのダイヤモンドは実は男性の宝石でした。

しかし現代では「ダイヤモンドは女性のもの」というそんな固定観念を取り払うために、OTOKODIAMONDは 「男のダイヤモンド」をコンセプトに掲げ、様々なサービスを提供しています。

そこで、今話題の『OTOKODIAMOND』からおすすめアイテムを厳選PICKし一部紹介していきたいと思います。

オンラインショップでアイテムをチェック!

おすすめ『PARCH(パーチ)』3選から!

デキる男はダイヤモンドを纏う。
新しいスタイルのダイヤモンドジュエリーです。

そもそも「パーチ(perch)」とは止まり木のことを指し、このダイヤモンドジュエリーは、小鳥が羽を休める止まり木のように、変幻自在にオシャレを楽しめるアイテムになります。

\おすすめPICK/

カラット とは

価格:¥ 21,000 税込
・メイン石:天然ダイヤモンド
・カラット:0.12
・カット:スクエアカット
・カラー:無色透明
・地金の種類:プラチナ900
・枠の直径:約3.7mm
・針の長さ:約4mm
・キャッチ:真鍮

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

カラット とは

価格:¥ 21,000 税込
・メイン石:天然ダイヤモンド
・カラット:0.1
・カット:ラウンドブリリアントカット
・カラー:シャンパンブラウン
・地金の種類:プラチナ900
・枠の直径:約4mm
・針の長さ:約4mm
・キャッチ:真鍮

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

カラット とは

価格:¥ 33,000 税込
・メイン石:天然ダイヤモンド
・カラット:0.121
・カット:プリンセスカット
・カラー:イエロー
・地金の種類:K18YG イエローゴールド
・枠の直径:約3.7mm
・針の長さ:約4mm
・キャッチ:真鍮

▼この商品の詳細を確認する▼

おすすめの『LOOSE(ルース)』3選から!

「愛でる」ルーペから広がるダイヤモンドの世界へ!
男心をくすぐるレア度重視のダイヤモンドルースになります。

歴史を感じさせる原石を是非この機会にご堪能してみてはいかがでしょうか?

\おすすめPICK/

カラット とは

価格:¥ 25,000 税込
<天然ダイヤモンド 1種>

◆ 天然ダイヤモンド原石(ソーヤブル)1ピース
・大きさ:0.26カラット
・形状:正八面体
・サイズ:直径 3.2 ~ 3.4 m
・色:ブラウン
・透明度:良好
・光沢:ダイヤモンド光沢 
・トライゴン:探してみてください
・専用クリアケース
・専用ボックス
・携帯用お守り袋

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

カラット とは

・価格:¥ 29,800 税込
<天然ダイヤモンド 2種>

◆ 天然ダイヤモンド原石(ソーヤブル)
・大きさ:0.23カラット
・形状:正八面体
・サイズ:直径 3.3 〜 3.5 mm
・色:ブラウン
・透明度:良好
・光沢:ダイヤモンド光沢
・トライゴン:探してみてください

◆天然ダイヤモンド ラウンドブリリアントカット
・大きさ:0.10カラット
・形状:ラウンド58面体
・サイズ:直径 2.7 〜 2.9 mm
・色:シャンパンブラン
・透明度:良好
・光沢:ダイヤモンド光沢
・専用クリアケース
・専用ボックス
・携帯用お守り袋

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

カラット とは

価格:¥ 29,800 税込
<天然ダイヤモンド 2種>

◆ 天然ダイヤモンド原石(ソーヤブル)
・大きさ:0.22カラット
・形状:正八面体
・サイズ:直径 3.3 〜 3.5 mm
・色:ブラウン
・透明度:良好
・光沢:ダイヤモンド光沢
・トライゴン:探してみてください

◆天然ダイヤモンド ラウンドブリリアントカット
・大きさ:0.09カラット
・形状:ラウンド58面体
・サイズ:直径 2.6 〜 2.8 mm
・色:シャンパンブラン
・透明度:良好
・光沢:ダイヤモンド光沢
・専用クリアケース
・専用ボックス
・携帯用お守り袋

▼この商品の詳細を確認する▼

まとめ

今回は意外と知らないダイヤモンドのカラットについて、1カラットの単位や意味について、紹介してきました。

ダイヤモンドは高価で貴重なジュエリーであることから、選ぶ際の3つのポイントにについても解説しました。

元々ダイヤモンドは、男性の宝石として、長きに渡って愛されてきた背景があるので、今回厳選しておすすめしたパーチや、ルースも是非この機会にお試ししてみてはいかがでしょうか?

ワンランク魅力的な大人の男性の趣味として、粋な楽しみ方や世界感を体験できると思います。