ジュエリー

意外と知らないDiamondの読み方!ダイヤ?ダイア?その違いを解説!

ジュエリー

ダイヤモンドとダイアモンドは、どちらもDiamondのことです。

文部科学省の表記によるとダイアモンド、メディアの表記によるとダイヤモンドが一般的ですが、どっちを使っても意味に違いはありませんし、同じ石のことを表しています。

スポンサーリンク

ダイヤ?ダイア?読み方はどっち?

ダイヤ ダイア

婚約指輪や結婚指輪などにも使われる無色透明の宝石と言えば、Diamondをイメージする人が多いでしょう。

英語表記ではDiamondとなるこの石は、日本語にするとダイヤモンドと表記されることもあれば、ダイアモンドと表記されることもあります。

ダイヤモンドでもダイアモンドでも、どっちもDiamondのことを指しているということは、多くの人が想像できます。

しかし、正しい読み方はどっちなのか、気になった経験があるという人は多いのではないでしょうか?

そもそも違いはあるのか?

ダイヤ ダイア

もともとDiamondは、日本においては戦前から存在していました。

当時はダイヤモンドとかダイヤといった呼び方がされていましたが、戦後にはダイアモンドとかダイアという呼び方が多くなりました。現在においては、テレビや報道等のメディアではダイヤモンドと統一しています。

メディアで統一された使い方となっているため、私達が雑誌やテレビの広告などで目にするDiamondは、ダイヤモンドと書かれていることが多いのです。

ダイヤモンドの硬さの理由に迫る!硬さの単位や強度はどのくらい?
ダイヤモンドが硬い理由をご存知でしょうか?ダイヤモンドの硬さは、モース硬度表では最高単位の硬度10と評価されています。 そこでどんな硬さの単位や、ダイヤが硬くなる過程や秘訣を掘り下げて、分かりやすく紹介していきます。 合わせて、大人の魅力を格段と上げる、ダイヤモンドのおすすめアイテム6選も紹介していくので、是非参考にしてみて下さい!

ダイヤモンドの方が正しい読み方?

慣用的という点でどちらが正しいかを決めるなら、ダイヤモンドの方が正しいと言えるかもしれません。

しかし、ダイアモンドと表記したからといって、全く別の何かを示していると考える人はいないでしょう。

タイポかな、なんて考える人はいるかもしれませんが、どちらでもDiamondのことだと分かります。

その点では、ダイヤモンドでもダイアモンドでも大きな違いはないと考えてよいかもしれません。

なぜどちらの読み方も正しい?

ダイヤ ダイア

ダイヤモンドが慣用的に正しいとか、多く使われているからといって、ダイアモンドが間違っているというわけではありません。

なぜ、もともとダイヤモンドと呼ばれていたものが、ダイアモンドと呼ばれるようになったのでしょうか?

『Diamond』の読み方の由来!

Diamondはもともと外国から日本へ入ってきた外来語です。

外来語をどのようにカタカナ表記するかについては、文部科学省が表記方法を定義しています。

その定義によると、「イ列の音の後にアの音が来るときには、アと表記する」と決められています。

Diamondを発音すると、最初のDiの部分がダイと発音されるため、その次に来るaはアと発音するというのが正解となります。

それでは、なぜ文部科学省が決めた定義通りにダイアモンドと表記するのではなく、ダイヤモンドと表記されるようになったのでしょうか?

発音方法による表記!

この理由は、日本人の発音に合わせて表記されているからと考えられます。

正式にはダイアモンドと発音するのが正解なのですが、日本語の発音ではダイヤモンドと聞こえることが多く、それが少しずつダイヤモンドという表記方法になっていったのかもしれません。

ちなみに、「イ列の音の後にアの音が来るときには、アと表記する」という文部科学省の定義があるにもかかわらず、ダイヤモンドのようにアではなくヤの発音に変わった単語は、他にもあります。

例えば、ダイヤルがそうです。英語表記ではDialで、文部科学省の定義に基づいたカタカナ表記なら、ダイアルが正解です。しかし、日本語の発音の中において、少しずつダイヤルに変わっていきました。

他にも、ヒヤリング(Hearing)とかイヤリング(Earring)などがあります。

結婚10周年にダイヤモンドを贈る!知らなきゃヤバいスイートテンの新定番とは?
結婚10周年に贈る記念品はどんな想いで何を選ぶ予定でしょうか?現在の新定番として今最も重宝されている『ダイヤモンドジュエリー』について解説していきます。またそもそもの疑問であるスイートテンとは?についてをはじめ、おすすめしたいダイヤモンドアイテム3選や今注目のダイヤモンドジュエリー6選についても厳選し紹介していきます。

「Diamond」の由来を知り理解を深めよう!

ダイヤ ダイア

Diamondは、人類の歴史と深いかかわりがあります。

最初に人類がダイヤモンドと出会ったのは紀元前4世紀ごろのインドだと考えており、それがヨーロッパへ伝わりました。

ダイヤモンドはギリシャ語が語源?

Diamondの語源は、ギリシャ語のAdamazeinです。
おそらくヨーロッパに伝えられた後に、この石にDiamondという名前が付けられたのでしょう。

時代と共に研磨技術が確立されると、ダイヤモンドは上流階級の人が愛する宝石という位置づけとなりました。

また、ダイヤモンドのカット方法についても研究が重ねられ、時代と共にさまざまなカット方法が誕生しました。

現在、ダイヤモンドの美しさを最大限に引き出せると言われているラウンドブリリアントカットは、19世紀のベルギーで考案されたものです。

ラウンドブリリアントカットとは?ダイヤモンドの最高傑作を徹底解剖!
ダイヤモンドの4Cの評価対象となっている、ラウンドブリリアントカットとは? ラウンドブリリアントカットの魅力について、歴史的な背景や、カットグレードの評価など気になる情報を分かりやすく紹介していきます。

ダイヤモンドの和名について!

Diamondには日本語の和名が付けられています。

金剛石(こんごうせき)というのがダイヤモンドの和名で、強靭で壊れないとか、金属の中で最も硬いという意味を持つ金剛という文字を使い、ダイヤモンドの性質を表現しました。

現在ではダイヤモンドのことを金剛石と呼ぶ人はほとんどいませんし、多くの人は金剛石と言われても、それがダイヤモンドのことだとは知らないでしょう。

しかし、この石のルーツや語源を知ることによって、より一層愛おしさが増すのではないでしょうか。

えっ?世界一硬い石はダイヤモンドじゃないって本当!?
ダイヤモンドは世界一硬い石として知られています。 しかし実際には、ダイヤモンドよりも硬度が高い石があり、宝石としての価値を見いだせる可能性を秘めた鉱物も多く存在しています。 そこで、ダイヤモンドの硬さの実態や、それらを決定付ける評価基準について分かりやすくシンプルに解説し、ダイヤモンドより硬い鉱物3選紹介していきます。

男の魅力を格段と上げる!ダイヤモンドアイテム6選!

cvd ダイヤモンド

オンラインショップでアイテムをチェック!

おすすめ『PARCH(パーチ)』3選から!

デキる男はダイヤモンドを纏う。
新しいスタイルのダイヤモンドジュエリーです。

そもそも「パーチ(perch)」とは止まり木のことを指し、このダイヤモンドジュエリーは、小鳥が羽を休める止まり木のように、変幻自在にオシャレを楽しめるアイテムになります。

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

おすすめの『LOOSE(ルース)』3選から!

「愛でる」ルーペから広がるダイヤモンドの世界へ!
男心をくすぐるレア度重視のダイヤモンドルースになります。

歴史を感じさせる原石を是非この機会にご堪能してみてはいかがでしょうか?

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

まとめ

ギリシャ語をルーツに持つDiamondは、文部科学省の外来語表記の定義に基づけば、ダイアモンドとなります。

しかし、日本語の発音の中ではダイヤモンドと聞こえるため、現在ではメディアがダイヤモンドに表記を統一しています。

どちらが正しいとか間違っているということはなく、どちらもDiamondのことを示しています。