ジュエリー

プラチナの王道『pt950』とは?気になる特徴を徹底解説!

ジュエリー
スポンサーリンク

pt950とは、純度が95%のプラチナで、柔らかいために加工がしやすく、資産としての価値が高いです。ただし、pt900と比較すると傷がつきやすく、結婚指輪のように普段使いするジュエリーならpt900の方がおすすめです。

クリソベリル 石

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

そもそもプラチナって何?

プラチナとは白金のことです。

元素記号はptです。

美しい銀白色をしていて、金属としての性質はとても安定しています。そのため、経年による変色や変質を起こしにくく、ジュエリーとしては結婚指輪や婚約指輪の素材としても活躍しています。

プラチナの魅力について

プラチナは金よりも希少性が高いです。

採掘量は金の約30分の1程度しかありません。

そのため、ジュエリーとして身に着けるだけでなく、資産形成として保有しても安定した価値が期待できる、魅力的な金属です。

また、ジュエリーとして身に着ける際には、プラチナの輝きが洗練された印象を与えてくれるとともに、変色や変質しづらいというところから、長く使いやすい貴金属だと言えます。

プラチナの種類を紹介します。

プラチナには、いくつかの種類があります。日本国内で販売されているプラチナジュエリーの多くは、純度が90%のpt900が一般的です。しかし、海外に行くと、プラチナよりも金を好むユーザーが多く、プラチナの純度は95%のpt950にすると法律で定められていることが少なくありません。

純度が100%のプラチナpt1000もあります。しかし、純プラチナになると柔らかくて傷がつきやすくなりますし、色も黒っぽくなってしまうため、ジュエリーとしては適していません。

プラチナの硬度を重視したものは、ハードプラチナと呼ばれています。これは、プラチナの割金に使われているパラジウムに加え、ルテニウムも入っているのが特徴です。

PT950の特徴は?メリットやデメリットを説明します。

pt950には、どのような特徴があるのでしょうか?

メリット

pt950のメリットは、硬度が高く、傷がつきにくいという点です。また、プラチナの純度が95%と高くなり、資産としての価値も上がります。国際標準としては、pt950の方が主流と言えます。

デメリット

pt950のデメリットは、pt900と比較してしまうと幾分か柔らかくなり、傷がつきやすくなるというところがあります。また、日本国内ではpt900がメインとなっているため、pt950のジュエリーを見つけることは難しいかもしれません。

今おすすめのダイヤモンドアクセをおさえておこう!

キンバーライト

OTOKO DIAMONDが取り扱うダイヤモンドジュエリーの中でも、どんなアイテムが人気なのか?

今おすすめしたいリッチなジュエリーを編集部が厳選しPICK。

フォーマルの新定番!男の襟元に差をつけるダイヤモンドパーチ!

キンバーライト

OTOKO DIAMONDのダイヤモンドパーチは、オシャレにダイヤモンドを身につけたい男性に大人気のアイテム。

ブラウンカラーのダイヤモンドにプラチナやゴールドを合わせた、本物志向のダイヤモンドジュエリーは、シンプルで洗練された男にとって魅力的な要素がふんだんに詰まった仕上がりとなっている。

使用しているダイヤモンドは、天然のブラウンダイヤモンドで、カットはアイテムによってラウンドブリリアントカットやスクエアカットなど多彩なカッティングが施されている。

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.12ct)PT900〈無色〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.33ct)PT900〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.34ct)K18PG〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.1ct)K18YG〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_ラウンドブリリアントカット(0.3ct)K18CG〈シャンパンブラウンカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_プリンセスカット(0.109ct)PT900〈無色〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_スクエアカット(0.121ct)K18YG〈イエローカラー〉

キンバーライト
▶︎詳細はこちらから

まとめ

プラチナの中でも純度が95%のpt950は、海外ではプラチナジュエリーの定番とされる規格です。日本ではpt900の方が一般的ですが、pt950やプラチナの純度が高いために、資産として価値が高いという特徴があります。