スーツの豆知識

スーツ姿にメガネは何故モテる?押さえておきたい種類やブランドとは?

スーツの豆知識

スーツ姿にメガネという組み合わせは、女性からかっこいいとモテるスタイルの一つ。
フレームの選び方でイメージが変わるので、いろいろなコーデができます。
男性が工夫できる数少ないアクセサリーの一つなので、ぜひとも上手なコーデの方法を覚えておこう。

スポンサーリンク

何故モテる!スーツ×メガネの最強説!

スーツ メガネ

スーツにメガネを合わせるのは、一つのコーデとして覚えておきたいスタイルになります。
スーツはある程度決まったルールの中で着こなしをすることになり、アクセサリー類はあまり着けられません。
そこでメガネというアクセントになるアイテムを持つのは、とても効果的なコーデとなります。

しかも、女性からかっこいいとモテるスタイルでもあり、元々スーツ姿は男性の魅力をフォーマルなスタイルで盛り立ててくれるファッションになりますが、メガネが加わることでよりその効果が高くなります。
メガネは知的な雰囲気を強く出してくれるので、大人の男性としての魅力をアップしてくれます。
しかも、メガネのフレームはバリエーションが豊かで、選び方によっていろいろな表情を出すこともできるので、上手にスーツ×メガネのコーデを考えることで、違った印象を作りだせるのもメリットになります。

5分で分かる!スーツイケメンになるための重要な3つのポイントはこれ!
知らなきゃ絶対に損する!スーツイケメンになるための驚愕のカラクリに迫ります!スーツ姿がかっこいいというのは、今や定説です。多くの女性が、男性のスーツ姿に魅力を感じています。そこで、スーツイケメンになるためのポイントや、簡単に出来るコーデの方法を特別にに公開致します!モテたい方には必見です!

押さえておきたいフレームの種類を解説!

スーツ メガネ

メガネにはいくつかのフレームの種類があり、それぞれに与える印象が異なります。
その違いを押さえて、上手にスーツに合わせるのがコツと言えます。
たとえば、スクエア型と呼ばれるフレームは、角張っていて横に長い形のものになります。
これは知的な印象を特に強調するもので、シャープさも出てきます。
顔の形にもよりますが、引き締まったイメージを与えることができるので、ビジネスシーンでも使えます。

ウェリントンタイプのフレームも多くの人たちからの支持を得ています。
これは全体が台形に近く、丸みを持たせているのが特徴のスタイルになります。
伝統的なフレームタイプで、いろいろなファッションに合わせやすいのがメリットです。
ブラックなどの濃いめの色のものは、知的で落ち着いた雰囲気を強調してくれるので、誠実な男性というイメージを与え、丸顔の人や面長の顔にフィットするタイプであるのが特徴です。

オーバル型のフレームも多くの人に好まれるフレームになります。
卵の形に近く、男性も女性も好むデザインで、ナチュラルな印象を与えます。
かっこいい男性というよりも、柔らかい印象を出すことができるのが特徴です。

スーツに合わせるメガネの選び方とは?

スーツ メガネ

上記のように、メガネもフレームによって雰囲気が大きく異なります。
そのため、スーツが与える印象やこんな雰囲気を醸し出したいという希望に合わせて、メガネを選ぶことがポイントとなります。

たとえば、ウェリントン型のフレームは誠実なイメージが強いので、落ち着いた色のスーツに合わせるのが良いと言われており、スクエア型はシャープな印象が強いので、モード系のクールなスーツに合いやすいです。

フレームの色もコーデの一つのポイントとなりますので、合わせて覚えておこう。
ブラックを始めとする濃いめの色は、落ち着きや知性を強調するものとなります。
そのため、スーツも定番の濃いめの色にする方が合わせやすい一方で、ホワイトや赤などの明るい色は、若々しさや個性を強調することができます。
細めのシルエットのスーツに合わせるとよりかっこ良さが倍増します。

参考にしたい!スーツ×メガネのおしゃれコーデとそのポイント!

スーツ メガネ

あまり今までメガネとの組み合わせをしてきたことがないのであれば、まずは間違いのないブラックで攻めるのがおすすめになります。
顔の形にもよるが、ウェリントンかスクエアを選び、スーツは多少細身のシルエットで、シャープな印象が強めのデザインを組み合わせます。
このスタイルだと、知的でかっこいいというイメージが強くなり、たいていのシーンで使えるのでおすすめです。
もちろん、ビジネスシーンでも問題がないので、基本スタイルとしてお試し頂けます。

オーバルのフレームでブラウンのメガネはとてもソフトな印象を与え、チェックが入ったグレーや薄めのブラウンのジャケットと合わせることができます。
カジュアルなシーンにとてもマッチするスタイルになります。

\あなたに今おすすめ/