ジュエリー

サファイヤは9月の誕生石!
世界四大宝石の一つのこの宝石の石言葉は?

ジュエリー
スポンサーリンク

9月生まれの誕生石は、サファイヤです。深みのある青色がとても美しい石です。

古代からこの青さに人々は魅了され続けてきました。聡明とか冷静さ、一途などの意味を持っています。傷がつきにくく割れにくい石のため、お手入れはしやすいでしょう。

クリソベリル 石

月刊誌Lightningにも掲載され
SNS界隈でも注目を集める『OTOKODIAMOND』
フォーマルからカジュアルまで、男のダイヤモンドが
\あざとかわいい女子から可愛いを誘う!/

▶︎詳細はこちらから
スポンサーリンク

9月の誕生石!サファイヤとは?

サファイヤは、世界4大宝石の一つとして知られている宝石です。

人類の歴史において、古代から高尚な人々に愛されてきました。この石はコランダムに分類される鉱石で、コランダムにどんな物質が混ざるかによって、色が青くなればサファイヤ、赤くなればルビーになります。

サファイヤは、ミャンマーやスリランカなどの東南アジア地域、オーストラリアやマダガスカル、アメリカなどで採掘されています。ヒマラヤ山脈などの高地でも見つかっており、宝石としての希少価値は高いものの、世界各国様々な国で採掘されています。

サファイヤは、世界に有名な石がいくつもあります。

例えば、ロックフェラーサファイヤです。これはミャンマーで採掘された、なんと62ctもある巨大サファイヤで、1934年にアメリカのロックフェラー一族がインドのマハラジャから入手したものです。その後、数回の再カットが行われながら現在では複数のブローチや指輪などになっており、その一つはイギリスのウィリアム王子の妻となったケイト・ミドルトンの婚約指輪としても知られています。

気になる宝石言葉やその意味

サファイヤという宝石の名前は、ラテン語で「青」という意味を持つ単語、Sapphirusに由来しています。この石は、和名を蒼玉(せいぎょく)と言います。

サファイヤと言うネーミング、そして蒼玉というネーミングも、宝石が持つ美しい青色がとても印象的だったことから、このようにネーミングされたのだと考えられます。

サファイヤは、古代から、真実や高潔、誠意を象徴する石だとされています。王族や聖職者の装飾品として多く愛されたのは、そうした石に秘められた意味によるものだったのかもしれません。古代ギリシャや古代ローマにおいては、サファイヤを持つことによって危機やトラブルから身を守ることができると信じられており、厄除けやお守りとして身につけられていました。また、古代ペルシャでは、地球が大きなサファイヤの上に乗っていると考えられていました。

空が青いのはサファイヤのためなのだと信じていたのです。

この宝石は、結婚23周年記念のメモリアルジュエリーとされています。

誠実、慈愛と言ったサファイヤが持つ意味は、結婚23年目を迎える夫婦にとっては、ピッタリな称号ですね。

サファイヤはどんなパワーを与えてくれる?

物事の真実を見通すようなサファイヤの透き通った青色は、所有者の内面に眠る強い気持ちを呼び起こすことができるとされます。また、身に着けることによって誠実な気持ちを維持でき、それが穏やかで真実の愛へつながると言われています。

サファイヤは、美しい宝石として身につけられるだけでなく、パワーストーンとしても高い効果が期待される石です。特にこの石が持つ青色は、聡明さや知性を高める効果があると言われていて、仕事運を高めてくれるそうです。身に着けると、自分を取り巻いている邪念など、マイナスのエネルギーをスッキリと浄化し、プラスのエネルギーを呼び込むことができるでしょう。

また、この石が持つ「慈愛」や「誠実」という石言葉から、一途な思いを貫く力が与えられることを期待できるとされています。かつてのフランス皇帝ナポレオンは、自分の妻が浮気するのではないかと心配し、サファイヤの宝飾品を妻に与えて身につけさせていたと言い伝えられています。身に着ける人の気持ちを一途にしてくれる、という効果が期待できるのでしょう。

気になる取り扱いやお手入れの方法

サファイヤは、モース硬度9の鉱石です。これは、表面に傷がつきにくい硬度です。

また、割れやすさを示す靭性も優秀で、落としたりぶつけたりという衝撃を受けても、ヒビが入ったり割れたりする心配はそれほど高くありません。このことから、普段の取り扱いについて神経質になる必要はなく、毎日使うジュエリーにピッタリな宝石と言えます。

サファイヤは、原石の状態でも美しい耀きがあります。発色をよくするために熱処理が施されることが多く、一度入れた色は基本的には半永久的に維持できます。しかし、フラクチャーの充填や格子拡散、また染色などあまり一般的ではない処理方法を受けている石の場合には、再カットした際に色が取れてしまったり、レモン汁などの酸に触れただけでも変色してしまうことがあります。サファイヤを選ぶ際にはそうした処理方法のところにも目を向けましょう。

サファイヤのお手入れ方法は、柔らかい布で汚れをふき取るだけでなく、中性洗剤をぬるま湯に溶かして汚れを洗い落とす方法も良いでしょう。また、超音波洗浄機やスチームクリーナーなどを使っても問題ありません。ただし、特別な加工処理が施されている石の場合にはスチームクリーナーや超音波洗浄機の仕様は控えましょう。

デキる男が身につけるダイヤモンドジュエリーをPICK!

アイデアル ダイヤモンド

今密かに注目を集めている『OTOKO DIAMOND』のダイアモンドアイテムを編集部が厳選しPICK。

今時な大人が選ぶラグジュアリーで人気なダイヤモンドジュエリーを押さえておこう!

ダイヤモンドパーチがデキる男のフォーマル感を底上げする!

アイデアル ダイヤモンド

メンズ向けダイヤモンドジュエリーで人気のOTOKO DIAMONDでは、タイピンとしても、ラペルピンとしても活躍できるパーチが大人気。

ダイヤモンドをプラチナやゴールドなどの本物素材にセッティングしたパーチは、幅広いシーンで活躍してくれます。

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンブラウンカラー〉ラウンドカット 0.1ct SV925

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈コニャックブラウンカラー〉  0.20ct K18YG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉0.25ct K18YG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンゴールドブラウンカラー〉 0.1ct PT900

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉プリンセスカット 0.1ct K18PG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈シャンパンブラウンカラー〉 プリンセスカット 0.1ct K18PG

▶︎詳細はこちらから

DIAMOND PARCH_天然ダイヤモンド〈無色〉 スクエアカット 0.13ct PT900

▶︎詳細はこちらから
フォーマルの新定番!「OTOKO DIAMOND」のダイヤモンドパーチはワンランク上の女性からかわいいを誘う!
「OTOKO DIAMOND」は、ワンランク上の大人の男を魅了するダイヤモンドジュエリーを豊富に取り扱い、今最も注目したいラグジュアリーブランドだ。 中でも独自商標を持つダイヤモンドパーチや、ダイヤモンドの原石を使ったリングなど、オシャレでコーデ映えするアイテムは今SNSでも大人気で注目を浴び続けているブランドだ。 今回は、今注目のOTOKO DIAMONDが提唱する男のダイヤモンドに関する、独自の世界観や、今注目されている魅力の裏側に迫る。

まとめ

9月の誕生石であるサファイヤは、世界4大宝石の一つにもされる、美しい石です。聡明さや冷静さを高めるエネルギーを呼び込むことができ、仕事運や人間関係においては開運効果をもたらしてくれるとされます。結婚23周年のメモリアルジュエリーです。9月生まれの人でなくても、アニバーサリージュエリーとして楽しむことができる石です。