ジュエリー

今更聞けない!1ctの大きさや重さとは?

ジュエリー

ダイヤモンドの1ctに関する、大きさや、重さについて、気になる情報を総まとめしていきます。

実はダイヤモンドの1ctは、0.2gという重量を現しており、その大きさは、ダイヤモンドのカット方法によって異なります。

中でも、ラウンドブリリアントカットのようなカット手法であれば、1ctの大きさが、直径6.5mm程度となるため、存在感がある上、重厚感のあるダイヤモンドを装飾でき、様々なシーンで目を魅きます。

今回、おすすめしたい人気ダイヤモンドアイテムも厳選して紹介しているので、是非ダイヤモンドの豆知識と合わせて、ご参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

1ctの大きさや重さとは?

1ct 大きさ

ダイヤモンドの品質は『4C』という評価基準によってが評価がされていることをご存知でしょうか?

その『4C』の評価基準の中に、馴染み深き『Carat』と呼ばれる評価項目があります。

一見『Carat』と言われると、ダイヤモンドのサイズ感を想像する人が少なくありませんが、実はこの『Carat』と呼ばれる項目は、ダイヤモンドのサイズではなく『重量』を示しています。

この『Carat』は、世界的に使われている計量の単位ではなく、宝石やダイヤモンドだけに使用される、独自の単位となりますので、その点も合わせて覚えておきましょう。

そして、ダイヤモンドの1ctは、『0.2g』と決められており、ダイヤモンドの重量が示されているのです。

ダイヤモンドの4Cとは?歴史から値段までを徹底解説!
ダイヤモンドについて良く耳にする4Cとは?意外と知らないダイヤモンドの豆知識を徹底解説致します! ダイヤモンドは、宝石の中でも最も値段が高い石として人気があり、実は、『4C』と呼ばれる国際的な評価基準によって価値が決まっていることをご存知でしょうか?そんなダイヤモンドの4Cとはについて分かりやすく解説していきます。

カット方法によって見た目の大きさが異なる!

Caratは、石の見た目や大きさではなく、重量を示している点はご理解頂けたかと思います。

また、ダイヤモンドには、様々なカット方法が存在しており、一見同じ重量感であっても、大きさや見た目が多少違ってきます。

加えて、カット方法によっては、サイズが大きく見えるものもあれば、そうでもないものもあります。そのため、Caratだけで見た目のサイズを判断することはできません。

ダイヤモンドのカラット(Carat)とは?失敗しないダイヤ選び3つのポイント!
ダイヤモンドのカラットとは?意外と知らない1カラットという名の単位について、意味や由来を分かりやすく解説しています!合わせて、失敗しないダイヤモンド選びについて気になる3つの重要なポイントについても解説しています。 そして、今おすすめしたいダイヤモンドアイテムと、ルース(原石)6選も厳選して紹介しています。

ラウンドブリリアントカットの場合は大きさの予測が可能!

しかし、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出せるラウンドブリリアントカットの場合には、形やバランスなどが細かく規定されているため、Caratから見た目の大きさを予測することができます。

逆に言えば、見た目の大きさからどのぐらいのCarat数なのかを予測することも可能です。

ラウンドブリリアントカットの場合には、1ctだとダイヤの直径は約6.5mm程度となります。婚約指輪としても、かなり大きめでゴージャス感の高いサイズと言えるでしょう。

ラウンドブリリアントカットとは?ダイヤモンドの最高傑作を徹底解剖!
ダイヤモンドの4Cの評価対象となっている、ラウンドブリリアントカットとは? ラウンドブリリアントカットの魅力について、歴史的な背景や、カットグレードの評価など気になる情報を分かりやすく紹介していきます。

1ctの魅力について!

1ct 大きさ

大き目のダイヤモンドが装飾されているジュエリーとして第一に挙げられるのが、婚約指輪ではないでしょうか?

大きなダイヤモンドの重厚感を感じることが出来る婚約指輪になりますが、1ctサイズのダイヤモンドを身につけている方は、意外にも実は多くない現状です。

結婚指輪の平均的なカラット数を知ってる?

婚約指輪のダイヤモンドについてですが、平均的なカラット数を見ると、大体約0.2ct~0.4ct程度のサイズが購入者全体の半数となっています。

また、1.0ct以上の指輪を購入するカップルは、全体の4%程度しかいません。

その理由は、大きさが大きくなれば、やはり購入費用が高くなってしまうからです。また普段使いするには1ctは大きすぎて悪目立ちしてしまうと感じる人が多く、普段使いしやすいダイヤモンドを選ぶと、平均的な0.2ct~0.4ct程度となるケースが多いのです。

婚約指輪のダイヤ特集!平均的な大きさやカラット数・値段の相場を遂に解禁!
\知らなきゃ危険/婚約指輪のダイヤについて平均的な大きさやカラット数更には、お値段の相場をついに解禁!合わせて、カットの種類や選ぶ際のポイントについても、分かりやすく解説していきます。 他と被らない、おすすめダイヤモンドアイテム6選についても、厳選し紹介していますので、是非までお付き合いください。

1ctのダイヤモンドリングのニーズについて!

実際にご自身で購入する際は、サイズ感が大きめの1ctを選ばないという女性が多いの現状になります。

しかしながら、1ctのダイヤモンドに憧れるという女性も一方では多く存在しており、指に付けた際の存在感は抜群で、パーティ等のイベント時には、十分な存在感を与えてくれます。

そのせいか、婚約指輪としては経済的には現実的でなくても、お互いに歳を重ねたうえで、1ctのダイヤモンド指輪が欲しいと考える女性は少なくありません。

1ctのダイヤモンドを選ぶ際の注意点とは?

1ct 大きさ

1ctのダイヤモンドを選ぶ時には、いくつかの留意点があるのですがご存知でしょうか?

サイズ感への考慮は重要!

1つ目は、石の大きさが大きいため、日常的に使用することを想定して購入に至ると、とても目立ってしまうという点です。

特に職場などで1ctのダイヤモンドをつけていく際には、ゴージャスすぎると感じる人も少なくないためTPOに合わせた選び方をすることが重要になります。

また、パーティなど華やかな場所でつけるなら1ctのダイヤモンドも重宝されますが、日常使いが出来るかどうかという点はよく考えたいものです。

世界最大のカリナンダイヤとは?大きさや驚愕の値段には理由があった!
数々のダイヤモンドが流通されている中、世界最大のダイヤモンドについては大変興味深いことだと思います!そこで、世界最大のカリナンダイヤとは?をテーマに、驚愕のお値段や大きさをはじめ、気になる特徴を分かりやすく解説しています。加えて今話題のおすすめダイヤモンドアイテム6選も厳選し紹介しているので是非参考にしてみて下さい。

ダイヤモンドが割れないように!

2つ目の注意点は、ふと落としてしまったり、ぶつけたりすることで、ダイヤモンドが割れてしまうリスクもあるという点です。

日常使いをすると、日々の生活でぶつけたり落としてしまったり、当然ながらどこかに忘れてしまうなどのリスクも存在します。

ダイヤモンドは、傷がつきづらいという点においては、十分すぎる硬度がある一方で、落としたり、ぶつけた際の衝撃によっては、簡単に割れてしまうことがあります。

一度割れてしまうと修復不能な上、ダイヤモンド自体の価値も低下してしまうため十分に注意しましょう。

ダイヤモンドに傷が…!修理前に不可欠な予防方法や原因を知っておこう!
\ダイヤモンドの傷について!知らなきゃ危険な豆知識とは?/ ダイヤモンドは表面に傷がつきにくいといった特徴がありますが、一定方向からの力には意外と弱く、場合によっては、欠けたり割れたりすることがありますが傷の消し方をご存知でしょうか? 意外と知られていない修理方法や、気になるダイヤモンドの豆知識をまとめて紹介しています。

やっぱり盗難リスクにも配慮が必要!

3つ目は、盗難や紛失のリスクになります。

指輪の着脱を日常的にしなければいけない人にとっては、小さなダイヤモンドリングをついついどこかに置き忘れてしまうリスクもあります。

高価なダイヤモンドであるため、このようなリスクも踏まえた上で、ジュエリー選びをする必要があります。

えっ?世界一硬い石はダイヤモンドじゃないって本当!?
ダイヤモンドは世界一硬い石として知られています。 しかし実際には、ダイヤモンドよりも硬度が高い石があり、宝石としての価値を見いだせる可能性を秘めた鉱物も多く存在しています。 そこで、ダイヤモンドの硬さの実態や、それらを決定付ける評価基準について分かりやすくシンプルに解説し、ダイヤモンドより硬い鉱物3選紹介していきます。

結婚指輪に選ぶなら!価格やポイントを押さえよう!

1ct 大きさ

結婚指輪や婚約指輪としてダイヤモンドリングを選ぶ場合は、どんなシーンで活用するのかなど、購入単価だけじゃなく、幅広い視点で、アイテム選びを行うことが重要になります。

例えば、職場で指輪がNGであるならば、日常的に身につけることは難しくなるため、自ずと、パーティ時や、イベント時に着用することが多くなります。

オールドマインカットとは?アンティークダイヤの最高傑作!
オールドマインカットとは?アンティークダイヤの最高傑として呼び声が高いオールドマインカットについて、人気の裏側に潜む驚愕の特徴や魅力を分かりやすく解説しています!合わせて、今おすすめのダイヤモンドアイテム6選もPICKしブランドの特徴やお値段をまとめています。

ダイヤモンド選びは活用シーンを考慮し慎重に!

一方で、日常使いをする方ならば、サイズ感にも留意し、指にはめた際の雰囲気なども考慮し、目立ち過ぎない程度の、ダイヤモンド選びを行うことが重要です。

現実的にご自身がその指輪を付け生活を行う姿を考えた上で、ライフステージやライフスタイルに合ったアイテムを選ぶことをおすすめします。

ファンシーカットとは?カットの種類や驚愕の魅力を分かりやすく解説!
ファンシーカットダイヤモンドとはラウンドブリリアントカット以外のカット方法が施されているダイヤモンドです。 ダイヤモンドのカット種類は非常に豊富で、石の色を引き立たせてくれるカットや、大きさを堪能できるカットなどカット一つで楽しみ方は様々です。 そこで、ファンシーカットダイヤモンドの魅力や驚愕の特徴を分かりやすく紹介しています。

おすすめのダイヤモンドアイテム6選はこれ!

cvd ダイヤモンド

オンラインショップでアイテムをチェック!

おすすめ『PARCH(パーチ)』3選から!

デキる男はダイヤモンドを纏う。
新しいスタイルのダイヤモンドジュエリーです。

そもそも「パーチ(perch)」とは止まり木のことを指し、このダイヤモンドジュエリーは、小鳥が羽を休める止まり木のように、変幻自在にオシャレを楽しめるアイテムになります。

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

おすすめの『LOOSE(ルース)』3選から!

「愛でる」ルーペから広がるダイヤモンドの世界へ!
男心をくすぐるレア度重視のダイヤモンドルースになります。

歴史を感じさせる原石を是非この機会にご堪能してみてはいかがでしょうか?

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

\おすすめPICK/

cvd ダイヤモンド

▼この商品の詳細を確認する▼

まとめ

1ctのダイヤモンドは、多くの女性にとって憧れの存在です。

例えば、ラウンドブリリアントカットというカット手法は、1ctの直径が6.5mmと非常に大きなサイズになるため、ゴージャス感が演出でき、雰囲気も格段とアップします。

しかしながら、日常的にダイヤモンドを身につける人にとっては、サイズ感が大きすぎると、目立ち過ぎてしまうこともあるため、ダイヤモンドのサイズ選びは、どんなシーンで、またどんな風に身に付けるかを十分に考えた上で選びたいものです。

そして、男性やデキる男性への贈り物として、今回紹介したおすすめアイテム6選も是非とも参考に、一度お試し頂けたらと思います。