ブランド革靴

ペグマンの革靴の評価や特徴を総まとめ!ローファーやプレーントゥに特徴あり?

ブランド革靴

今回は、日本が生んだアメリカンドレスシューズの代名詞『ペグマン(Pegman)』の革靴の評価や特徴を総まとめしています!
世界的にも有名な革靴ブランドである、オールデン等を取り扱うラコタ社が立ち上げた、メイドインジャパンの革靴の魅力に迫ります。
『ペグマン(Pegman)』の評価や評判に加えて、価格相場や、公式店舗情報と、気になる情報が満載です。 ローファーやプレーンズトゥなど、あなたにあった今流行りの最適アイテムが見つかります。
是非最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ペグマン(Pegman)とは?まずはの歴史から!

ペグマン(Pegman)

出典:https://www.lakotahouse.com/

ペグマン(Pegman)は日本生まれの靴ブランドで、アメリカのオールデンの輸入代理店を務める、株式会社ラコタが2011年に立ち上げています。
1994年からオールデンを取り扱っている歴史があるので、その経験を活かして独自のブランド展開を始めた形です。
オールデン以外にも、欧州を中心に様々な靴を取り扱ってきたので、良し悪しを見極めるノウハウを持ちます。
また、日本企業らしく日本人の好みにも精通しており、日本人の足に合うアメリカンドレスシューズの提供を目的に立ち上げられました。
品質と価格の両立を追求しているので、非常に満足感の高い一足を手に入れることができます。
拘りや技術的な追求もありますから、決して価格なりのアイテムを提供しているわけではないです。
むしろ、短い歴史から生まれたとは思えない、完成度の高いアイテムを取り揃えています。
伝統を大切にしつつコストの圧縮に取り組むことで、幅広い層にアメリカンドレスシューズの魅力を伝える存在となりました。

オールデンに関する、ブランド紹介については、別の記事にて詳細を細かく纏めています。
ブランド詳細について、気になる方は合わせてこちらの記事もご確認下さい。

オールデンの革靴スタイル!修理・公式取り扱い店舗情報も紹介!
芸能人愛用のオールデンスタイルを徹底解説!スーツスタイルでもカジュアルスタイルでも万能に使えるオールデンは、インスタ映え間違いなし!サイズ感抜群の人気アイテムで全身コーデ!また、お手入れや修理方法から取り扱い店舗(代理店)情報まで、幅広く紹介中!今すぐ最寄りの店舗へアクセス!

ペグマン(Pegman)の革靴の特徴とは?

ペグマン(Pegman)

ペグマン(Pegman)の革靴は、主力のプレーン トゥやローファーに特徴があります。
プレーン トゥはシンプルながらも完成度が高く、実用性を保ちながら高級感も感じさせます。
質感が良く満足度が高いですから、履いて楽しむのは勿論、所有するだけでも魅力が味わえるでしょう。
後者のローファーも基本は共通で、やはり作りの丁寧さや質の高さが目を引きます。
日本人の足にフィットさせる為に、長い開発期間を掛けた木型を使用して作られています。
ペグマン(Pegman)のアイテム全般に通じるのは、アッパーとウェルトを縫合する部分の手作業です。
ミシンではなく手作業なので手間は掛かってしまいますが、その分軽さと反りの良さを兼ね備える履き心地が実現します。
デザインはビンテージ寄りですが、割と普遍的な作りなので、履く場面を選ばず万人受けするといっても過言ではないでしょう。
トラディショナルを念頭に置いていますが、実用を犠牲にしてはいないので、普段遣いにおいて幅広く足元の相棒として活躍するはずです。

靴のサイズ表記については国別に表示等を纏めています。
サイズ感についてお困りの際は、是非こちらの記事もご参考にして頂けたらと思います。

【靴のサイズ表記】UK・US・EUインチについて換算表を公開!
靴のサイズ表記について、UK・US・EUインチや海外のサイズについて換算表を紹介!靴のサイズは近年オンラインショップ等で便利に購入出来るようになる一方、アメリカ・イタリア・イギリス等の所謂ヨーロッパサイズや各々国ごとにサイズ表記が異なり、サイズの選び方に悩むケースが多々あります。そんな悩みを解決すべく換算表を大公開!

ペグマン(Pegman)の気になる値段や価格・評価とは?

ペグマン(Pegman)

出典:https://ameblo.jp/natoriya/

ペグマン(Pegman)は5万円前後の価格帯が中心で、手頃なアイテムだと4万円台です。
上は6万円台が相場ですが、どの価格帯でも値段以上に満足できる靴が手に入るでしょう。
20代~30代をターゲットにすることでデザインを絞り込み、集中的にアイテムを投入することでブランドイメージの確立に成功しています。
素材は最高級で製法に妥協はありませんから、完成度が高くお得で満足できると愛用者の間で評判です。
他のブランドでは同等の質でもこの値段で買うことはできないと、まさに破格の評価がつけられています。
アメリカンスタイルの再現に拘っているブランドなので、アメカジ好きを中心に好評です。
革靴ではありますが、実用性重視で雨にも耐えられますから、天気に関係なく履けるでしょう。
着用感を大切に作られているだけあり、足に馴染んで疲れにくいと評価される傾向です。
大切に取り扱えば数年単位で愛用できる、優れた耐久性を備えますから、お気に入りを長く履きたい人にも人気です。
トータルの完成度やバランスの評判も良好なので、誰にでもおすすめできるブランドとなっています。

アメカジスタイル以外にも、様々なメンズシューズスタイルは存在しています。
革靴発祥のイギリスシューズやイタリアシューズ etc・・・
自分らしい一足を見つけるためにも、是非革靴の様々な種類や特徴をご確認下さい!

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

ペグマン(Pegman)の公式店舗情報も公開!

ペグマン(Pegman)

出典:https://www.lakotahouse.com/

ペグマン(Pegman)は日本の靴ブランドですから、国内における入手性に問題はないです。
公式店舗として、東京にはラコタハウス青山店とラコタハウス丸の内店の2店が展開中です。
また関西にはラコタハウス大阪店があるので、こちらでもペグマン(Pegman)のアイテムを直にチェックすることができます。
青山店と大阪店は12時00分~20時00分、丸の内店は11時00分~20時00分の営業です。
定休日はそれぞれ異なるので、事前に確認してから足を運ぶ必要はありますが、立地は良好なのでアクセス性に優れます。
公式店舗は今のところ3店ですが、他のお店やネットでの取り扱いもあるので、購入のチャンスは十分にあるといえます。
品揃えや実物がチェックできる環境の充実を考えると、やはり直営店の拡充が望まれますが、しかし現状でも不足ではないでしょう。
割と身近なお店でも取り揃えられていたりしますから、直営店が急速に増えることがベストとは限らないです。
既に東京と大阪のエリアはカバーされているので、後は他の地域で少しずつお店が増えていけば、知名度が高まったりファンが増えるものと思われます。

まとめ

ペグマン(Pegman)は2011年に誕生した日本の靴ブランドで、アメリカンドレスシューズを取り扱う輸入代理店が立ち上げた歴史があります。
日本人の足に合う木型作りと、手作業での縫合に特徴があって、4万円~6万円の価格帯にも関わらず、価格以上の靴が手に入ると評判です。
ビンテージでクラシックなイメージですが、実用性を追求していますから、普段遣いとして気軽に履けます。
デザインと作りや履き心地に耐久性と、何処を取っても不満を感じにくい、完成度の高さが光るブランドだといえるでしょう。
東京の青山と丸の内、そして大阪に実店舗がありますから、直接足を運んで実物をチェック可能です。
本格的な作りのアイテムを実用的な価格で手にしたい、そういうニーズに応えていますから、メインターゲットの20代~30代に安定した人気を誇ります。
素材は厳選されたもので、作業は熟練の職人が手作業をしますから、仕上がりが良くて高級感が感じられるのも納得です。

革靴を長く愛用頂くために、メンテナンス方法についても別の記事にて、詳細を纏めています。
既に愛用中のシューズメンテナンスを含め、合わせてこちらの記事もご参考にして頂けたらと思います。

【本革靴の手入れ方法】革靴の手入れ方法や手入れ頻度の目安も解説!
靴の手入れ方法について徹底解説!本革シューズや、スエードやゴアテックスの手入れをはじめ、気になる手入れの必要頻度についても掲載中!また、100均の商品でも安心して活用出来る、お手入れアイテムや、編集部おすすめの手入れ商品も一挙公開!これを見れば、高級ブランドシューズを長く大切に履き続ける極意が分かります!
スエード靴のカビや汚れ対策は大丈夫?手入れや丸洗いの方法を紹介!
スエード靴のカビや汚れ対策は大丈夫?特に梅雨の雨染みや、夏の時期においては衛生に管理しておきたい、あなたの大切なスエード靴!マル秘手入れ方法や水洗いでの丸洗い方法など、スーエード靴に関する気になる情報が盛り沢山!汚れの効率的な落とし方から、100均の活用術をはじめ幅広くお得情報を掲載!

・価格:972円(税込 )

・価格:3,240円(税込)