ブランド革靴

ロブス(LOBB’S)の革靴の魅力とは?評価や評判・店舗情報を総まとめ!

ブランド革靴
スポンサーリンク

今回は、イタリアの名門革靴ブランド『ロブス(LOBB’S)』のシューズについて徹底解説し、ブランドの歴史や、評価・評判をはじめ、店舗情報も紹介していきます。
ブーツやスニーカーなど、幅広く取り扱う『ロブス(LOBB’S)』の魅力とは?
是非最後までお付き合い下さい!

まずはロブス(LOBB’S)の歴史に迫る!

ロブス(LOBB'S)

ロブス(LOBB’S)はイタリアの靴ブランドで、北側にある小さな村で起こったスローフードと、スローライフの精神から誕生しています。
大量生産に頼らないビジネスによって、職人達はリラックスしながら、自分達の本当に作りたい靴を作っているのが特徴です。
技術と情熱をアイテムに惜しみなく投入することで、単なる物だけでなはい豊かさの共有に繋がります。
創業者のセネカ氏は、3代目として生まれ、幼少期に父親から技術を叩き込まれています。
20歳になる頃にはデザインも製作も1人でできるほど、職人に必要な知識と経験をマスターしました。

イタリアの革靴ブランドについては、こちらの記事にて詳細を纏めています。
ご存知のあのブランドについても特徴などを紹介していますので、是非この機会にご確認下さい。

イタリア靴のサイズ感や魅力に迫る!おすすめ高級ブランドも大公開!
大人のマストアイテムであり、高級革靴ブランドの王道とも言える『イタリア靴』のサイズ感や人気の秘訣を一挙大公開!サイズ表記・単位をはじめ、おすすめ人気ブランド5選を紹介!更に、今回本格的なイタリア靴が堪能可能なオーダーメイドショップ情報も掲載中。グッドイヤーウェルト製法を巧みに操るイタリア靴の最大の魅力とは・・・

ロブス(LOBB’S)の設立!

マレリー社のデザイナーに就任した後に注目を集め、やがて経験を積んで独立した歴史があります。
1972年に独立、1974年にロブス(LOBB’S)の創立と、順調にキャリアを築き上げることになります。
基本は正統派ですが、時代に合わせて独自のデザインを追求しており、人を引きつける魅力的な作品が次々と世に送り出されています。
これもイタリアの小さな村で手作りされている、大量生産ではないスローライフ精神によるところが大きいといえます。

ロブス(LOBB’S)の革靴の特徴とは?

ロブス(LOBB'S)

ロブス(LOBB’S)の革靴には、手作りらしい染めのムラや発色、個性的で魅力溢れるデザインといった特徴があります。
創業者は元々マウンテンブーツで名を挙げ、実用性と独自の魅力で一目置かれるようになっています。
独立して最初に作り上げた作品はドライビングシューズで、世界的に注目を集める切っ掛けとなりました。
翌年の1976年には一転して、エレガントさを纏うサマーモデルを発表して話題を集めるに至ります。

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

近年はスニーカーにも注力しているロブス(LOBB’S)

靴作りの技術は革がベースですが、近年はスニーカーにも力を入れています。
兎に角色使いが魅力的で、作りの丁寧さや仕上げの良さは勿論ですが、所有する喜びを感じさせる楽しさがあります。
大人が休日のプライベートに履いて外出を楽しむ、そういうイメージでスニーカーが作り続けられています。
やはり、染めに手作りらしさが表れますし、そこがロブス(LOBB’S)の個性や特徴に結びついているわけです。
色は奥深く深みがありますが、デザインはエレガントかつ遊び心もある、気軽に履けるややカジュアルよりな仕上がりなのがポイントです。

ロブス(LOBB’S)の気になる評価や評判とは?

ロブス(LOBB'S)

ロブス(LOBB’S)の評価は色のラインナップが他のブランドとは違い、色だけで個性を発揮していると評判です。
また、デザイン性も個性的な魅力があって、色の選択と共にブランド独自の良さになっていると好評です。
靴を見てまず目に入るのは、あえて隠すことなくむしろ味にしているムラです。
高級ブランドだとあまり許されない仕上げですが、スローライフを標榜するロブス(LOBB’S)では全く問題にならないです。
逆にそれが個性に繋がり、他では手に入らない靴を提供するブランドと評価される結果になります。
色もデザインも個性的なので、大量生産には向きませんが、そこが職人の手作りによる強みになっています。
ソールは薄くアッパーも欲張らず、シンプルで控えめながらも魅力的なデザインに仕上げられます。
評判はこういったところが高いですが、エレガントなシルエットでついつい履いて外出したくなる、そんな魅力もまた高く評される部分です。
ソールすら魅力を感じさせる色気を備えるので、実際に所有することによって喜びが味わえるでしょう。

ロブス(LOBB’S)の公式店舗情報も公開!

ロブス(LOBB'S)

ロブス(LOBB’S)の購入は公式通販が狙い目で、定番から最新のコレクションまで幅広く取り揃えられています。
主力のスニーカーは勿論、アクセサリー類も充実していますから、公式通販はアイテムが一通り揃っている購入先だといえるでしょう。
実物を見て購入を検討したいのであれば、取り扱い店舗に足を運ぶのがおすすめです。
東京なら新宿小田急百貨店やマドラスMMS八重洲店、池袋東武や革靴専門WorldFootwearGalleryの各店で取り扱いがあります。
愛知県だと松坂屋名古屋店やほの国百貨店、名鉄百貨店本店や名古屋三越栄店、そしてジェイアール名古屋タカシマヤの紳士靴売場です。
八木靴鞄店でも取り扱われていますから、こちらも愛知県における有力な候補となるでしょう。
東京や愛知と比べて扱いは小さいものの、静岡県でも販売が行われています。
少なくとも、松坂屋静岡店と遠鉄百貨店の紳士靴売場で取り扱いがありますから、足を運んでロブス(LOBB’S)のアイテムを確かめることが可能です。

まとめ

ロブス(LOBB'S)

ロブス(LOBB’S)の歴史は創業者の歴史でもあって、靴職人が1972年に独立して、1974年に創立したのがこのブランドです。
スローライフの精神を大切に、職人の手による靴作りが行われている点が特徴となっています。
元は本革を使ったブーツにルーツがありますが、時代によって作るアイテムの方向性が変わります。
最近は各部に薄く革を使ったものや、色使いに魅力があるスニーカーが人気です。
色が他のブランドとは違うセンスで選ばれていて、染めにムラはありますがそこが味と化しています。
購入は公式通販を始めとして、東京と愛知や静岡などにある実店舗で行えます。
百貨店を中心に割と幅広く取り扱いがありますから、実物を手に比較検討できるチャンスは少なくないです。
大阪や京都に兵庫と、三重や広島に富山など、各地に取り扱い店舗があるのも見逃せないところです。
イタリアの小さな村で手作りされていますが、日本でも案外各地で流通していますから、思ったよりも身近に試せる機会があることが分かります。

価格:42,900円(税込)

価格:42,900円(税込)