スポンサーリンク

スーツのメンズブランドといえば?『DUNHILL-ダンヒル-』がおすすめな理由

DUNHILL-ダンヒル- の歴史とは


1893年に15歳であったアルフレッド・ダンヒルは見習いであり、ロンドンにある父親の馬具店でキャリアを積みながらスタートをしています。
その後、21歳で会社を引き継ぎ、社名をダンヒルに変更し、6か月で売上高を倍増させています。
当時、自動車が普及した背景によりオープンカーでも使えるコートやゴーグル、レザー製品などの関連する小物を作るようになり大成功を収めます。
その後、ライターやタバコ関連の製品を販売し1902年モートリティーズの店舗をオープンします。
*モートリティーズとは自動車(Motoring)と権威(Authorities)を合体させた造語で、創業当時のブティック名にもモートリティーズが使われています。

1913年、イギリスの道路にダンヒル初の車トゥウィーニーが登場し、この時期からタバコの規制が入ったため、レザー製品を中心に販売するようになりました。
1924年、現在も創業当初と同じ場所にある最も古いダンヒルの店舗のパリ店が、ラぺ通り15にオープンし、紳士用ラグジュアリーアクセサリーを中心に展開しました。

1930年代は、ダンヒルは新商品の展開や新しい工房のオープンなどがオープンし、ついには皇室御用達ブランドに認定されることとなりました。
また、パリ事業部のディレクターであるクレメント・コートが日本の万年筆メーカーである並木製作所とパートナーシップを組んだことを発表し「ダンヒルナミキ」が誕生しました。

30年代後半には、ウォルサムストーに新しい工房をオープンさせ、最高級のレザーを使ったアイテムを生産しており、同時期にファセットカットという、ガラス表面に多数の面を作り光の屈折による輝きを生み出す加工を施した時計を発表しました。
1950年代に革命的といわれている「ローラガスライター」を発明しました。
*「ローラガスライター」とは、片手で着火できるライターで、ダンディズムに憧れる男性を魅了しました。
1966年、アメリカの有名な小説家トルーマン・カポーティが、舞踏会にてダンヒル(dunhill)にオーダーメイドしたタキシードを着用したことにより、アパレルブランドとしても注目されますが、その後、Carreras Tobacco Company、ファッションブランドのカルティエ、クロエ、IWCなどを傘下に置くコングロマリット・リシュモングループに買収されてしまいます。

1970年代に紳士服の販売をスタートさせ、それから約20年後、ヨーロッパを中心に展開しているメンズブランドのハケット ロンドン(HACKETT LONDON)を買収し、ブランド創立100周年を迎えた1993年には、スイスと本拠地として多くのファッションブランドを傘下に置く、リシュモングループに加わることで中核ブランドとしての成長を遂げます。
ここを節目として、タバコ関連事業は、ロスマンズへ売却し、ダンヒルはロンドンのラグジュアリーブランドとして地位を確立していきました。

ダンヒルと日本の関わりも深く、2000年にはサッカー日本代表へオフィシャルスーツを提供し、以降10年以上にわたりスポンサーシップを続けています。
2016年には大阪の心斎橋に直営ブティックをオープンさせ、翌年はサッカー日本代表のオフィシャルスーツが全国のダンヒルブティックにて数量限定での一般向け販売が実現しました。

出展:https://www.imn.jp/post/108057195267/13003/

DUNHILL-ダンヒル- SUITの特徴とは


出展:https://kashi-kari.jp/lab/post-13713/

ラグジュアリーブランドとして君臨するダンヒルはその名に恥じない生地を提供しています。
かの有名なエルメネジルド・ゼニア、ロロピアーナと並ぶ高級テーラーが使用するブランドです。
スーツスタイルは英国らしい、ブリディッシュ・スタイルでスす。

ダンヒルはサッカー日本代表の公式スーツとして身近なブランドとなっています。

ブリティッシュのシルエットでありながらも、軽やかな生地を用いていることが多いのがこのブランドの特徴です。
生地は軽いけれどもシルエットはイギリス風なので、ややブリオーニに近い印象もありますが、ダンヒルの方がより構築的で、男らしいスタイルにしてくれるスーツが多いです。

作りはマシンメイドとハンドメイドの併用ですが、着心地は良いと高く評価されており、何よりキートンやアットリーニといったイタリアのブランドに比べると実用性に富んでいます。

生地については、ダンヒル本体は生地を卸していないクロージングブランドとなっております。

また、ダンヒルはスーツのみならず、アクセサリーからグローブ、旅行用バッグに至るまで何でも展開しているので、トータルコーディネートとして活用出来るブランドになります。

DUNHILL-ダンヒル-のSUITを試してみる

 メイフェアフィット スリーピーススーツ


出展:https://www.dunhill.com
【価格】

¥ 421,200(税込)

【カラー】
グレー

【特徴】
メイフェアフィットのグレーの3ピーススーツ。2つボタンのジャケットはノッチドラペルと部分的に裏地の付いたデザインが特徴。パンツにはスリムフィットを採用しています。

【詳細】
ダーツ入り / クールウール / グレンチェック柄 / 長袖 / リバースカラー / スリットカフス / フック&ファスナー付き / 2つボタン / マルチポケット / インナーポケット4つ / ノーマルウエスト / バックにスリット2本入り / 裏地あり
素材構成 毛 100%

ベルグレイヴィア フィット スーツ


出展:https://www.dunhill.com

【価格】
¥ 453,600(税込)

【カラー】
CINNAMON

【特徴】
洗練されたブラウンの色合いが美しいベルグレイヴィアフィットのスーツ。フルライニング仕様のシングルブレストジャケットは深めに切り込んだダブルベンツが魅力。フラットフロントのパンツにはサイドポケットが付いています。

【詳細】
サマーウール素材 / 長袖 / ラペルカラー / ポケット複数あり / フック&ファスナー付き / 2つボタン / 内ポケット4つあり / ダブルベンツあり / ミディアムウエスト / 裏地あり
素材構成 毛 100%

ベルグレイヴィアフィット スーツ


出展:https://www.dunhill.com

【価格】
¥421,200(税込)

【カラー】
グレー

【特徴】
ベルグレイヴィアフィットの黒のスーツ。2つボタンのジャケットとフラットフロントのパンツが特徴のアイテム。ジャケットのパッチポケットとデュアルベンツのデザインが目を引きます。

【詳細】
ダーツ入り / クールウール / ハウンドトゥースチェック / 長袖 / リバースカラー / スリットカフス / フック&ファスナー付き / 2つボタン / マルチポケット / インナーポケット4つ / ノーマルウエスト / バックにスリット2本入り / 裏地あり
素材構成 毛 100%

ベルグレイヴィアフィット シングルブレスト ウール スーツ


出展:https://www.dunhill.com

【価格】
¥ 334,800(税込)

【カラー】
ブラック

【特徴】
ベルグレイヴィアフィットのーのスーツ。ジャケットの肩の部分はぴったりとしたデザイン、ボディの部分はゆったりとした作りになっています。定番のフラットフロントとベルトループで完成されたトラウザーにもポイントです。

【詳細】
クールウール / 長袖 / リバースカラー / ボタン付きの袖口 / フック&ファスナー付き / ボタン開閉 / マルチポケット / 胸ポケット1つ / インナーポケット4つ / ノーマルウエスト / バックにスリット2本入り / 裏地あり
素材構成 毛 100%

ベルグレイヴィアフィット スリーピーススーツ


出展:https://www.dunhill.com

【価格】

¥ 453,600(税込)

【カラー】
グレー

【特徴】
ベルグレイヴィアフィットのグレーの3ピーススーツ。ノッチドラペルとぴったりとフィットする肩のラインが美しいフルライニング仕様のアイテムです。

【詳細】
クールウール / 長袖 / リバースカラー / スリットカフス / ダーツ入り / フック&ファスナー付き / 2つボタン / マルチポケット / 裏地あり / インナーポケット4つ / ノーマルウエスト / バックにスリット2本入り素材構成 毛 85% / シルク 15%