スーツにブーツはあり?ビジネスマナーも考慮しメンズコーデを大公開!

雪がちらつく寒い時期はもとより、雨の日などに仕事に行く時、ブーツを履いて足元を温かく快適にしてスーツが着られれば、と思った方は少なからずいるはず。
中にはすでに実践している、という方もいるかもしれません。
スーツとブーツの組み合わせについて、例をあげて検証してみました。

スポンサーリンク

やっぱり秋冬コーデ?スーツにブーツを合わせるシチュエーションとは?

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

出典:https://otokomaeken.com

ブーツは冬の寒い時期や雨の日の強い味方!

まず、スーツは脇に置いて、ブーツをいつ履くかというシチュエーションを考えてみるとお分かり頂けますが、冬場に足元が寒くならないように、ということに加えて、 雨が降っている時にブーツを履き、裾などが濡れるのを最小限に留めることも可能になります。

ジャケパンスタイルの外しアイテムとしての活用もGOOD!

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

また、ジャケパンスタイルでの組み合わせにおいては、特に秋冬シーズンでは、チャッカブーツなどで合わせる事によって全体的に色味もまとまり、外しアイテムとしても活用出来、全体的におしゃれにまとめることが可能になります。
ジャケパンスタイルについては、別の記事で細かくブランドを紹介しています!気になる方はこちらから!

ラルディーニの特徴を総まとめ!モテ男のスーツコーデや店舗情報とは?
芸能人御用達のイタリアの人気ブランド『ラルディーニ(LARDINI)』について徹底解説!ブランドを支えるデザイナー情報や花をモチーフにしたロゴについて、タリアトーレと比較!サイズ感抜群のラルディーニ (LADINI)を生かしたモテる着こなしやトータルコーデも紹介!取り扱い店舗情報も確認し今すぐ最寄りの店舗へアクセス!

スーツを着ても履けるブーツがあればベスト!

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

くるぶしが隠れる程度の高さのブーツならスーツでも大丈夫?

ブーツというと、長靴状のスネまで隠れるタイプや、ひざ下まで伸びている種類もあり、そうしたブーツを考える方もいるでしょう。
しかし、実際は足首あたりまでが隠れるタイプでもブーツと呼んでおり、革靴とは区別されています。

スーツとのコーデが合っていればブーツでもOK

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

ショートタイプのブーツであれば、スーツを着た時に履いてもパンツの裾で隠れるので、 履いている靴の種類がはっきりしない場合もあります。
また万一ブーツであることが分かっても、スーツとのコーディネイトが不自然でなければ問題ないでしょう。

くるぶしが隠れる程度のブーツとスーツの相性は?

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

ハイカットブーツではなく、くるぶしが隠れる程度のショートブーツをいくつかピックアップして、スーツとの相性を考えてみます。

黒や茶色のチャッカブーツならスーツとの相性も抜群!

まずは、チャッカブーツを取り上げます。
チャッカブーツは、甲の高い部分に紐がついているタイプの半長靴で、メーカ ーによっては靴底などもビジネスシューズ仕様にしてあります。
ですので革靴のようにスーツに合わせて履いても、裾でブーツの上部が隠れてしまうため、ブーツだとは思われることが少ないようです。

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

・ブランド:フラテッリ ジャコメッティ
・価格:(税込 100,440 円)

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

・ブランド:ハインリッヒ・ディンケラッカー
・価格:(税込 113,400円)

サイドゴアブーツもスーツコーデに違和感なし!

次はサイドゴアブーツ。
種類が多いものの、基本は両くるぶし辺りがエラスティックで伸びるようになっているブーツで、こちらも高さは足首の少し上あたりまでしかありません。
色も黒を中心にダークブラウンなどビジネスシューズとしても通用する色です。

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

・ブランド:エンツォ ボナフェ
・価格:(税込 124,200円)

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

・価格:(税込 94,249円)

スーツにブーツをコーデする外国人の男性

・ブランド:クロケット&ジョーンズ
・価格:(税込 84,240円)

【革靴ブランド】クロケット&ジョーンズの人気モデル特集!
欲しい革靴・ロファーがきっと見つかる!クロケット&ジョーンズの人気・定番モデル特集!

アンクルブーツを履いてスーツを着ても自然に見える

また亜流として、サイドゴアブーツの足を突っ込む部分が低くなったタイプのアンクルブーツもあります。 こちらもスーツに履いても不自然に見えないので、スーツとの組み合わせが著 しく合っていないという場合を除き、問題なさそうなシルエットです。

編み上げブーツは細身のパンツの裾が決め手

編み上げブーツは、レースアップブーツとも言い、すね辺りまで隠れるタイプです。
脚が長く見えるような細身のパンツなら、裾をブーツから出しても、あるはブーツに入れても違和感は少ないようです。
ただし、スーツを含めたシルエットがすらりと伸びた細身の場合に限るのはもちろんです。
ブーツに力点を置くと失敗しそうな組み合わせなので、スーツの着こなしにスキがないように。
スーツとローファーとの合わせ方・コーデについても別記事で紹介しています!詳しく確認してみたい方はこちらから!

モテ男のスーツにローファーコーデ術!おすすめメンズアイテムとは?
スーツに合わせるローファーを徹底検証!イタリアオヤジから学ぶメンズのマル秘コーデ術から、今流行のタッセルローファー等、人気おすすめアイテムを一挙大公開!おかしいなんて言わせないあなたに合った大人の着こなしやブランドに出会えます!
ブランド革靴
FOLLOW US!〜最新情報を受け取る〜
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
Wealthy Class