ブランド小物

フェリージのバッグは年齢層問わず!人気シリーズや店舗情報も紹介!

ブランド小物
スポンサーリンク

イタリアの人気ブランドであるフェリージのメンズバッグについて、おすすめシリーズの紹介や店舗情報等、気になる情報を徹底解説していきます。
芸能人御用達のフェリージのメンズバッグですが、年齢層を問わないビジネスマンのおしゃれバッグとして有名です。
そんなフェリージの歴史や、ロゴに秘めた意味をはじめ、人気シリーズの特徴や評判も大公開致します。

フェリージの歴史とは?

フェリージの歴史

フェリージとはイタリア北部の革工房が発祥、1973年に創業したイタリアの名門ブランドです。
元々靴のブランドでスタートしたもので、日本ではバッグのイメージが強いため、意外だと感じる人も多いようです。
創業者のアレッサンドロ・フェリージおよび現社長のアンナリザフェローニが革工房を立ち上げ、当初は趣味の延長でスタートした、靴製品やアクセサリーを主に生産を行っていたなどの歴史があり、趣味で始めた革製品の、品質およびデザイン性に評価が高まり、これがきっかけで、フェラーリの歴史を持つ一角に、小さな革工房をオープンさせたと言います。
小さな町で一人の若い女性の趣味から始まったのが当ブランドの最大の特徴と言えましょう。

フェリージのロゴやモチーフについて!

フェリージのロゴやモチーフ

フェリージのロゴ(マーク)はフェラーリ地方の名門フェリージ家の紋章が描かれており、モチーフになっているものは、兜・盾・リンゴの木です。
ここには親から子へと受け継がれる様々な思いや願いが込められており、このような精神は、洗練したぬくもりを持つフェリージの製品に受け継がれていると言っても過言ではありません。

パターンオーダーも可能なフェリージの特徴や評価・評判とは?

フェリージのパターンオーダーバッグ

出典:https://www.felisi.net

現在のフェリージは、1987年に日本に入って来たもので、佐藤陽一氏が代表をつとめている時に、南青山のオフィスおよびショールームを構えており、この時にフィーゴ社が輸入契約を結んだのが日本到来のスタートでした。
現在では幅広い年代の人々からの評判を持つこと、芸能人・有名人などもフェリージの製品をこよなく愛する人も多いようです。
素材の良さや耐久性は人気を集める理由の一つ、値段的には少し高めではあるものの、高い耐久性がある長く使える、そしてパターンオーダーができるなどの魅力を持つブランドです。

ガンゾ(ganzo)のバッグや小物特集!人気アイテムや店舗情報も紹介!
国内高級ブランドであるガンゾ(ganzo)の魅力とは?おすすめ小物アイテムから、ビジネスマン必見のメンズバッグ、そして店舗情報まで幅広く紹介!

フェリージの人気おすすめメンズバッグモデルを紹介!

フェリージのメンズバッグ

出典:https://www.felisi.net

フェリージの製品には鞄類や財布、ベルトやカード入れ、キーアクセサリーやポーチなど色々な商品が取り揃っていますが、仕事でも使うことができる商品も多数存在していますが、今回はフェリージのメンズバッグのおすすめシリーズを紹介致します。

通称フロントストラップ!フェリージの20207シリーズ!

フェリージの20207シリーズのバッグ

20207はフェリージのビジネスバッグの一つで、フロントストラップと呼ばれている商品で、20207は日本の中であまり流通していいないため、持っている人を見かけることは少ない希少性の高いアイテムとなっております。

ブリーフケースの定番!フェリージの8637シリーズ!

フェリージの8637シリーズのバッグ

フェリージのブリーフケースとして名高い8637も同じビジネスバッグで定番品になるのですが、8637は利用されている人が比較的多いので、見かけることも多々あり、ビジネスシーンでの活用に最適です!
ナイロン素材で、雨天にも使用でき、サイズ感や配色もとてもおしゃれです。
とても軽いため、使い勝手も良く、多くのビジネスマンが愛用している人気アイテムの一つになります。
おしゃれなフロントストラップが高級感を放ってくれるのが特徴です。

フェリージの8637シリーズのバッグ

価格:(71,280円 税込)

フェリージは1826・20307・20269もおすすめ!

フェリージは1826・20307・20269のバッグ
左から1826・20307・20269

その他にも1826やラゲージの20307、ボストンバッグの20269など、人気を持つメンズバッグの種類が豊富にあります。
旅行や出張・ゴルフなど、活用用途にも応じて使い分けることをおすすめします。
尚、フェリージの定番バッグは公式サイトを利用することで買い物ができるようになっていますので、活用用途を鑑みて、一度チェックをしてみては如何でしょうか?