スポサーリンク

スーツのメンズブランドとして『HERMES-エルメス- 』がおすすめな理由とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HERMES-エルメス-の歴史とメンズブランドの軌跡!実は〇〇との深い関係

HERMES-エルメス-のバーキンは馬の鞍を入れるカバンから?

1837年にHERMES(エルメス)は、「ティエリ・エルメス」が馬具工房をフランスのパリにて創業したことからブランドがスタートしています。
その後、HERMES(エルメス)は、1867年と、1878年にフランスのパリで行われた万博で、その製造技術が高く評価され、銀賞と金賞を受賞することとなり、その結果、業者への卸売業だけでなく、ブティックの移転に伴い、1880年から、顧客への対面販売をスタートさせることになります。
そうして、1892年には、「バーキン」の原型となる、サドル・バッグ(馬の鞍を入れるカバン)を発売することとなり、1900年には、ロシア皇帝ニコライ2世への馬具と鞄の売り込みに成功しています。
しかしながら、HERMES(エルメス)は、アメリカで乗用車が普及し出したことを受け、馬具のマーケットが縮小傾向になると予想し、レディース向けのサイフやカバンに注目し始め、皮革製品のラインナップを広げていきます。

シャネル-CHANEL-も魅了した、HERMES-エルメス-のファスナー使いとは?

そして、1920年には、社内にハンドバッグ部門を新設し、世界で初めて、バッグにファスナーを用いたデザインを発表します。
このことを皮切りに、世界的な有名ブランドであるシャネル(CHANEL)が、ファスナーをスカートに用いるデザインを考案したと言われています。
更にHERMES(エルメス)は、ケリーバッグと称される、「サック・ア・クロア」を1935年に、販売し始め、2年後の1937年には、HERMES(エルメス)初となる、スカーフコレクションを発表します。
その後、 創業者である、3代目の「エミール・モーリス・エルメス」が1951年に死去した後、「ロベール・デュマ・エルメス」が4代目に就任することとなり、スカーフの製造に力を入れるようになっていきます。
加えて、1984年には、HERMES(エルメス)の代名詞とも言えるバーキンを発表し、HERMES(エルメス)は、世界中の誰しもが憧れる、ステータスブランドとして、瞬く間に成長を遂げています。

HERMES-エルメス-が靴の最高峰『ジョンロブ』の経営難を救った?

出展:https://www.mens-ex.jp

1829年に設立されたジョンロブは、会社設立後、フランスのパリに支店を展開し、今では若い富裕層の誰もが憧れる、セレブ御用達のシューズブランドとして有名になっています。
そんなジョンロブは、今でこそイギリス最高峰のシューズブランドとして、根強い人気を誇っていますが、実は経営難に陥っていた時期がありました。
そんなジョンロブの状況の最中に、当時のHERMES(エルメス)が、ジョンロブのブランド商標権を買い取り、経営難の波から救うこととなります。
当時のジョンロブは、ビスポークのみで商品展開を行っていましたが、HERMES(エルメス)の支援のもと、1981年から、レディースメイドの製造販売に踏み切ることになり、更にその後、既成シューズである、ジョンロブ・パリを発表、結果として、現在もなお多くの愛用者に根強く支持され続けるまでに、成長を遂げることになります。

ジョンロブは革靴ブランドの王様?おすすめする理由とは!
メンズ革靴ブランドの王様『ジョンロブ』の人気の理由とは?特徴から店舗情報まで徹底解説!

ファッション業界初!HERMES-エルメス-のメンズブランドを牽引してきた女性デザイナーの存在とは?

出展:https://www.fashion-headline.com

HERMES(エルメス)のデザイナーは、唯一ファンション業界の中で、メンズコレクションを手掛ける女性として、1988年から「ヴェロニク・ニシャニアン」が就任しています。
「ヴェロニク・ニシャニアン」は、当時HERMES(エルメス)のCEOを務めていた、「 ジャン=ルイ・デュマ」からデザイナーとして、“創造の自由”を与えられ、以後約30年間、HERMES(エルメス)のメンズコレクションを担当し一時代を築くこととなります。
彼女の名を世間に轟かせるようになったきっかけは、HERMES(エルメス)の紳士プレタポルテを担当していた時の事で、当時、フランスパリの新進クリエイター賞で彼女の才能が認められ、見事グランプリを受賞したことにあります。
そんな「ヴェロニク・ニシャニアン」は、現在もなお、HERMES(エルメス)の紳士プレタポルテを中心とし、靴や帽子なども含めたメンズ部門の包括的なディレクションを行っています。
「ヴェロニク・ニシャニアン」が手掛けてきたHERMES(エルメス)のメンズウェアは、ブランドのロゴを前面に出すデザインこそありませんが、ブランドのロゴがなくしても、エルメスだと認識出来るデザインこそ、「ヴェロニク・ニシャニアン」のデザインの特徴になります。

ルイ ヴィトン(louis vuitton)のメンズスーツがおすすめ!値段や店舗情報まで紹介!
世界的に有名な高級ブランドのルイ ヴィトン(louis vuitton)のメンズスーツがおすすめな理由!値段や特徴、店舗情報まで徹底紹介!

エルメス・ソルドに招待して、HERMES-エルメス-の世界観・買い物を優雅に楽しもう!

HERMES(エルメス)では、“エルメス・ソルド”という招待制のセールイベントも定期的に開催しているのも特徴です。
”エルメス・ソルド”は誰もが無条件に参加できるわけでもなく、招待券の持参者と同伴した人(最大2名)のみが参加出来る格式高いセールイベントで、エルメスオーナーの特権になります。
招待券の発行条件は明らかにされていませんが、友人・知人・大切な人等、エルメスのステータスを比較的手頃に体感頂けます。
セール品として販売される”エルメス・ソルド”のアイテムには、エルメスの刻印部分にアルファベットの「S」のマークが刻印されています。
そのため、そのことをご存知の方が見ると、ソルド品として判断が可能ですが、品質その物は通常のHERMES(エルメス)のアイテムと変わりません。
また、本来HERMES(エルメス)で扱う紙袋は、HERMES(エルメス)カラーのオレンジ色になりますが、”エルメス・ソルド”で提供される紙袋は白色となっています。

プラダのメンズコレクション!人気ブランド情報や公式店舗情報を紹介!
プラダのメンズファッション特集!気になる価格やブランド情報、そして公式店舗情報まで一挙公開!
タイトルとURLをコピーしました