スポサーリンク

ブランドスーツ『PAUL SMITH-ポールスミス-』の特徴とは?コーデや価格帯・取扱い店舗まで徹底解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『PAUL SMITH-ポールスミス-』の歴史とは?

ポール・スミスは挫折を乗り越えファッション業界へ転身

ポール・スミスは1946年にイギリスのノッティンガムに生まれました。
彼は15歳の時には学校を自主退学してレーサーを目指しますが、事故に遭って重傷を負い、レーサーの道を断念します。
退院後は進路を断たれてなすすべもなくパブに出入りしますが、そこでアートスクールの学生たちと仲良くなり、アートに心を奪われます。そこでアートに関わる様々な仕事の仲介役を自分の仕事にすることを17歳の時に決意します。
その仕事ではシャツの工場を探したり、生産に関わったり、ファッションの仕事を実際に体験して身につけます。

ポールスミスの設立から現在まで

1970年、24歳になったポール・スミスはポール・スミス・リミテッドを設立します。
初めての店をノッティンガムにオープンします。その後4年間で専門的なデザインワークやビジネスについて、実際の仕事の中から学び、ロンドンのファッション業界でその仕事ぶりが噂されるほどとなりました。
1976年には初めて自身のコレクション・ショーを開き、翌年からは毎年パリで展示会を開くほどになります。
1979年、33歳の時に念願だったロンドンの市内にショップをオープンします。
その後ビジネスは成功し、コベントガーデンのショップは10年で4店が並ぶ店に成長しました。
また、ロンドンのみならず、ニューヨークやパリ、東京など世界中に店を次々にオープンさせて大成功し現在に至ります。
こうした実績は国家に大きく寄与した事と評価され、2000年にはエリザベス女王からデザインの勲功により、ナイト爵位(SIR) の称号を授与されました。

おすすめメンズスーツ!年代別ブランドスーツランキング15選!
あなたの好きなブランドは何位?世代別、スーツのおすすめブランドランキング15選!

ポールスミスの特徴とは?各種ラインも紹介!

マルチカラーのストライプと花柄が特徴的でおしゃれ!

ポールスミスの特徴と言えば、ブランドを象徴するデザインのカラフルなマルチカラーのストライプといえます。
メンズウェアブランドとしてスタートしたポールスミスですが、イギリスの伝統的なスタイルを守りつつ機能性や実用性を重視し、色づかいはカラフルながらも優しいイメージを与えるアイテムが多いです。
ポール・スミス本人は「ひねりの効いたクラシック」と定義しているように、正統派のイギリスをイメージしたデザインに、彼の独特の世界観をミックスし、特徴的だけれど誰にでも愛されるデザインが魅力と言えます。
また、スーツやネクタイなどの裏地に使用される、ポールスミス独特の花柄デザインも「ひねりの効いたクラシック」の象徴と言えます。

生地にも拘りが・・・ゼニアやロロピアーナなど高級生地を使用!

ポールスミスの特徴としてはイギリス式のスーツでありながら、柔らかいイタリア生地と組み合わせることでガチガチのイギリス式スーツではなく、軽やかで華やかなイギリス式のスーツになっています。

オーダースーツのおすすめブランド『Ermenegildo Zegna-ゼニア-』の生地が人気!
...
ロロ・ピアーナ(ロロピアーナ)の生地ランクや取り扱い店舗情報とは!?
オーダースーツのおすすめブランド『ロロピアーナ』について徹底解説!人気の秘訣や生地の特徴から評判まで包み隠さず全てを徹底紹介!

Paul Smith

メインラインであり、メンズはパリコレクション、ウィメンズはロンドンのコレクションで発表されます。メンズ・レディース共にイタリア製が多いなか、精密な縫製などは日本で行われているものもあります。

Paul Smith COLLECTION(ポールスミスコレクション)

日本限定のメンズのプレステージラインです。
ハイクオリティ、ハンドメイドフィーリング、アーティスティックフィーリングの3つのコンセプトがあり、ラグジュアリーなメンズウェアを展開しており、日本での縫製が中心です。

Paul Smith LONDON(ポールスミスロンドン)

ビジネススーツを中心としたメンズのライン。
確かなテーラリングの技術と遊び心のあるデザインが人気です。
日本人特有の体型に合わせて作られたフィットのスーツが人気

Paul Smith BLACK(ポールスミスブラック)

ビジネスシーンでの装いをコンセプトにしたウィメンズのブランドです。
プリントのワンピースやスーツ、通勤用のコートなどが人気です。

Paul Smith JEANS(ポールスミスジーンズ)

ジーンズを中心としたカジュアルウェアのライン。
ジーンズはもちろん、リュックなどのカバンや靴なども人気です。

RED EAR(レッドイアー)

日本製の高品質なこだわりのジーンズを中心にしたライン。
素材やディティールにこだわりを持った高級ジーンズが揃っています。
ネーミングはポール・スミスのブランドアイコンであるウサギの耳から由来しています。

Paul Smith JUNIOR(ポールスミスジュニア)

ポール・スミスの子供服のライン。
華やかなプリントと鮮やかな色にあふれた子供服です。
可愛いプリントやパターンのTシャツや鮮やかな色目のトップス、ボトムスなどが人気です。

R.NEWBOLD(アールニューボールド)

ポール・スミスがディレクションするカジュアルブランド。
イギリスの音楽、カルチャー、ストリートの感覚を取り入れたラインです。
R.NEWBOLDとは、もともとイギリスのポール・スミスの服を縫製している工場でしたが、廃業した際にポール・スミスが買い取ってブランド化しました。
街中で着られるカジュアル服で、スウェットパンツやスニーカー、先染めのシャツなどが人気です。

タイトルとURLをコピーしました