スーツの相場を特別公開!リクルートやビジネスの気になる値段とは?

量販店から専門店、百貨店の紳士服コーナー、有名テーラーまでスーツを扱うお店は数多く存在します。
値段もピンキリで、オーダーメイドのスーツが一番値段が高いような気がしますが、そうとは限らないのがスーツの相場。
会社勤めのサラリーマン、特に家庭持ちとなるとスーツの相場の値段が気になるところ。
就活のリクルートスーツを含めてスーツの相場をまとめてみました。

スポンサーリンク

スーツの相場は年齢に比例して上がる?

スーツの相場と値段

スーツの相場と一口に言っても、生地や裁縫、DCかどうかに加え生産国など様々な要素が絡んできます。
さらに年齢が上がるに従って、会社での役職や収入の違いなどから、年齢とスーツの相場は比例していくと考えて間違いないでしょう。
そうした要素を交えながら、年代別にスーツの相場を考えてみます。
まずはリクルートスーツから。

リクルートスーツなら相場1万円代が妥当

リクルートスーツの相場と値段

出典:https://journal.rikunabi.com

就活用のリクルートスーツを選ぶ際、やはり相場は気になるポイントです。
就活時の長くて1年間だけ、あるいは、就職後も着続けるとしておそらく最大で約2年しか着ないであろうスーツに多額の予算は避けませんよね。

リクルートスーツは着用期間が短いのでスーツの相場は1万円前後で

無難なのが量販店での紺スーツ。
ウールとポリエステルの混紡で海外生産品で あるのが一般的で、値段も1万円台からあります。
着る期間が短いこと、目的が就活メインであることを考えれば、リクルートス ーツの相場は、どこで買うのかは別にしても予算的には1万円台のスーツで十分ではないでしょうか。

20代後半までのスーツ相場は高くても1着5万円まで

20代後半のスーツの相場と値段

高校、大学を卒業して新入社員として働き始めてからも、もちろんスーツは必要になります。
そんな10代後半~20代前半のスーツの相場を見てみます。
職場に毎日着ていくスーツながら、収入に見合ったスーツを選ばざるを得ないのがこの年代。
若いだけに営業職でなくともスーツ姿で動き回らなければならないこともあります。

20代後半までのスーツ相場の素材は混紡がメインの生地

20代後半までのスーツ相場の素材は混紡

そうした要素を加えたスーツの相場は、1着2~3万円、高くても5万円まででしょう。
素材も混紡がメインで、ウール100%は冬用に1着あればというのがこの年代の相場です。

家庭持ちが増える30代前半までのスーツ相場は10万円以下で

30代後半のスーツの相場と値段

出典:https://www.global-style.jp

次いで20代後半から30代前半は、独身とオサラバして家族を持ち始める年代。
加えて会社でも中堅として期待されてくるため、収入の割に出費がかさむため、スーツに割く予算も限られてきます。
さらに体型も変わってくるため、上位は良いとしてもパンツの腹回りがキツくなってきてヘタをすると破れてしまうことも。

パンツ2本付きや胴回りが広がるタイプがスーツの相場

スーツの相場と値段

出典:https://www.global-style.jp

ですので20代後半に買うスーツはパンツ2本付きのスーツ、またはベルト周りを緩められるパンツにしておけば、体型が少し変わっても、スーツ新調という出費は避けられます。
20代後半に、30代半ばまでの使用を視野に入れたスーツ選びが重要といえます。
相場としては3万円代から高くても10万円を切るスーツを季節も考えて最低5~6着あれば足りるでしょう。

残業などで収入増が見込めるのであればスーツの相場もアップ

ただし、歩合や残業での収入増が見込める職種なら、収入に見合ったスーツ、 つまり続いて紹介する30代後半以降の相場をあてはめるのもありです。

スーツの豆知識
スポンサーリンク
FOLLOW US!〜最新情報を受け取る〜
スポンサーリンク
data-matched-content-ui-type=”image_stacked”data-matched-content-rows-num=”2”data-matched-content-columns-num=”8”
Wealthy Class