ブランドスーツ

ヴァルディターロのスーツやコートを徹底紹介!気になる店舗情報とは?

ブランドスーツ
スポンサーリンク

今回は、シップスと、イタリアを代表する大手アパレル会社である、マコ社とのコラボで誕生した『ヴァルディターロ(Valditaro)』のメンズスーツやコートについて徹底解説致します。
本場イタリアメイドの高コスパブランドとして、人気が高いヴァルディターロ(Valditaro)の最大の魅力に迫ります。
ヴァルディターロ(Valditaro)の歴史的背景から、スーツ・コートの特徴をはじめ、気になる価格や相場情報など、幅広く情報を掲載中ですので、是非最後までお付き合い下さい。

まずはヴァルディターロ(Valditaro)の歴史に迫る!

ヴァルディターロ(Valditaro)

ヴァルディターロ(Valditaro)はセレクトショップのシップスと、イタリアを代表する大手のアパレル、マコ社がコラボして1958年に誕生したブランドです。
元々は、ナポリでテーラーを行っていたラファエル・カルーゾがパルマで工房を立ち上げ、そこでエレガントなファッションを追求したのが始まりです。
ヴァルディターロ(Valditaro)もこのカルーゾに属するブランドで、コートやスーツなどを作り続けてきた歴史があります。

ヴァルディターロ(Valditaro)は本場イタリアでの生産!

ヴァルディターロ(Valditaro)は、老舗で伝統を大切にしていますが、必ずしも昔ながらの手作業に拘るわけではなく、必要に応じた設備を導入して合理的な生産を可能としています。
中でも、独自性のある立体裁断が特徴で、ハンドメイドの工程を組み合わせることによって、品質と効率の両立に成功しました。
そういう生産面の改善が、イタリアのアパレルの歴史に刻まれています。
実際のところ、日本ではややマイナーで流通するアイテムも限られますが、本場イタリアでの生産ですから、コートもスーツも風格や味わいのようなものを感じさせます。

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズスーツの特徴とは?

ヴァルディターロ(Valditaro)

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズスーツは、イタリアのテーラー、ラファエロ・カルーゾの元で作られています。
正確にはシップスとマコ社のコラボですから、自社というよりもカルーゾに作ってもらっている形です。
その為、品質や仕上がりはカルーゾのアイテムに準ずるものとなります。
カルーゾといえば、正統派でエレガントという、まさにイタリアらしい特徴で知られます。
ヴァルディターロ(Valditaro)のスーツにも伝統や哲学が注がれているので、共通する魅力を感じることができるでしょう。

ヴァルディターロ(Valditaro)の気になるお値段や相場とは?

ヴァルディターロ(Valditaro)

気になる値段の相場は、1着あたり10万円台が目安の1つで、本場で作られていることを思えばかなりお得です。
シルエットは細めの傾向ですが、実際はゆったりとした着用感が得られますし、日本人でも無理なく着られるはずです。
生地は良質で肌触りが良く、見た目よりも軽く柔らかな風合いとなっています。
細部には丁寧な作業が行き届いていますから、作りに厳しい日本人の目でも納得できると思われます。