ヴァルディターロのスーツやコートを徹底紹介!気になる店舗情報とは?

今回は、シップスと、イタリアを代表する大手アパレル会社である、マコ社とのコラボで誕生した『ヴァルディターロ(Valditaro)』のメンズスーツやコートについて徹底解説致します。
本場イタリアメイドの高コスパブランドとして、人気が高いヴァルディターロ(Valditaro)の最大の魅力に迫ります。
ヴァルディターロ(Valditaro)の歴史的背景から、スーツ・コートの特徴をはじめ、気になる価格や相場情報など、幅広く情報を掲載中ですので、是非最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

まずはヴァルディターロ(Valditaro)の歴史に迫る!

ヴァルディターロ(Valditaro)

ヴァルディターロ(Valditaro)はセレクトショップのシップスと、イタリアを代表する大手のアパレル、マコ社がコラボして1958年に誕生したブランドです。
元々は、ナポリでテーラーを行っていたラファエル・カルーゾがパルマで工房を立ち上げ、そこでエレガントなファッションを追求したのが始まりです。
ヴァルディターロ(Valditaro)もこのカルーゾに属するブランドで、コートやスーツなどを作り続けてきた歴史があります。

ヴァルディターロ(Valditaro)は本場イタリアでの生産!

ヴァルディターロ(Valditaro)は、老舗で伝統を大切にしていますが、必ずしも昔ながらの手作業に拘るわけではなく、必要に応じた設備を導入して合理的な生産を可能としています。
中でも、独自性のある立体裁断が特徴で、ハンドメイドの工程を組み合わせることによって、品質と効率の両立に成功しました。
そういう生産面の改善が、イタリアのアパレルの歴史に刻まれています。
実際のところ、日本ではややマイナーで流通するアイテムも限られますが、本場イタリアでの生産ですから、コートもスーツも風格や味わいのようなものを感じさせます。

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズスーツの特徴とは?

ヴァルディターロ(Valditaro)

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズスーツは、イタリアのテーラー、ラファエロ・カルーゾの元で作られています。
正確にはシップスとマコ社のコラボですから、自社というよりもカルーゾに作ってもらっている形です。
その為、品質や仕上がりはカルーゾのアイテムに準ずるものとなります。
カルーゾといえば、正統派でエレガントという、まさにイタリアらしい特徴で知られます。
ヴァルディターロ(Valditaro)のスーツにも伝統や哲学が注がれているので、共通する魅力を感じることができるでしょう。

ヴァルディターロ(Valditaro)の気になるお値段や相場とは?

ヴァルディターロ(Valditaro)

気になる値段の相場は、1着あたり10万円台が目安の1つで、本場で作られていることを思えばかなりお得です。
シルエットは細めの傾向ですが、実際はゆったりとした着用感が得られますし、日本人でも無理なく着られるはずです。
生地は良質で肌触りが良く、見た目よりも軽く柔らかな風合いとなっています。
細部には丁寧な作業が行き届いていますから、作りに厳しい日本人の目でも納得できると思われます。

この時期最適なヴァルディターロ(Valditaro)のメンズコートはこれ!

ヴァルディターロ(Valditaro)

この時期に合うヴァルディターロ(Valditaro)のメンズコートといえば、イタリアらしく味わい深いクラシカルモデルです。
ダブルの前合わせが特徴で大人の落ち着きを感じさせますし、何より生地に適度な厚みがあって高級感が魅力的です。
生地はコーデュロイの採用により素材感があるので、人を選ぶといえばそうですが、しかし気に入れば手放せない一品になるでしょう。
日本人体型を考慮してシルエットを追求していますから、着用感が絶妙ですし、格好良く身につけることができます。

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズコートはいくらぐらい?

ヴァルディターロ(Valditaro)

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズコートのお値段は、10万円台後半と高めの相場ですが、それに見合うだけの満足のアイテムが手に入ります。
外出時にサッと羽織るだけでもコーディネートが引き締まりますし、スーツで決めて仕上げに身につけるのもありです。
高級なアイテムではありますが、ヴァルディターロ(Valditaro)はあまり気負わず気軽に使えるので、割と活用できるシーンが少なくないでしょう。
いずれにしても、エレガントなコートが1つあれば何かと便利ですから、購入を検討している人の候補におすすめです。

ヴァルディターロ(Valditaro)をお買い求めの方必見!店舗情報とは?

ヴァルディターロ(Valditaro)

ヴァルディターロ(Valditaro)のメンズスーツの取り扱いは、セレクトショップのシップスの店舗で行われています。
東京では中央区にある銀座店を始めとして、渋谷店や池袋西武店、二子玉川店に新宿店などで購入の相談ができます。
他にも、池袋パルコや有楽町にも店舗がありますから、東京なら実物を確かめられるチャンスが多いといえます。
しかし札幌や仙台に新潟、横浜や名古屋に静岡と、シップスはかなり広範囲にお店を展開中です。
関西だと大阪に複数のお店があるので、身近な場所で実物を見られる可能性があります。
メンズスーツの取り扱いが行われていれば、コートも販売されている確率が高いですから、最寄りのお店に問い合わせの上で足を運んでみましょう。
近くに取り扱い店がなくても、シップスはオンラインショップも提供しているので、全国の何処からでもネットで購入可能です。
ヴァルディターロ(Valditaro)ほどのブランドだと、やはり実際にアイテムを見て購入を決めるのがベストですから、できるだけお店に足を運ぶのが賢明です。

まとめ

ヴァルディターロ(Valditaro)

セレクトショップのシップスと、マコ社のコラボで誕生したヴァルディターロ(Valditaro)はイタリアのブランドです。
スーツやコートの取り扱いが得意で、10万円台の高級なアイテムの提供に特徴と定評があります。
日本ではマイナーな方ですが、それでも知る人ぞ知るイタリアらしい魅力を兼ねたブランドとなっています。
秋冬の季節にはコーデュロイ生地のクラシカルなコートがおすすめで、高級感のある素材感を楽しむことができます。
日本人体型を考えて設計しているブランドですから、実は日本人と相性が良いといえるでしょう。
幸いなことに、全国展開するシップスの各店舗でアイテムを確認したり購入可能なので、買う前に実物を確かめられます。
東京や大阪では複数の店舗が展開していますし、その他の地域でも1つのエリアに1店は見つかります。
身近なお店が見つからないとしても、シップスのオンラインショップかシップスを取り扱うお店であれば、ヴァルディターロ(Valditaro)のアイテムに出合えます。