靴の豆知識

ローファーの魅力を引き出す靴下コーデとは?おすすめ靴下3選はこれ!

靴の豆知識
スポンサーリンク

ローファーは数ある革靴のタイプのなかでも定番の部類に入ります。
そもそもローファーとはどんなタイプのものか、どんな靴下との相性が良いのかをチェックし、ローファーコーデに使えるブランド靴下も確認し、オシャレの幅を広げよう。

そもそもローファーの意味とは?

ローファー 靴下

革靴の一つのタイプであるローファーは、フォーマルなシーンでジャケットと合わせることもでき、またカジュアルファッションでも使え、幅広い用途を持っています。
そもそもローファーとは、靴紐がなく何らかの装飾が甲の部分に付いている革靴を指し、足首のあたりがカットされているため、靴の背が低く靴下がはっきりと見えるのが特徴です。

革靴の選び方の基本とは?おさえておくべきポイントを徹底解説!
スーツに革靴というのはビジネスマンにとって日常的な装いになります。 この組み合わせをより魅力的にするために、靴の選び方をしっかりと押さえておくことが重要です。 そのポイントと、スーツに合うブランド革靴を紹介していくのこれを機会にでチェックしておこう。

同じようなタイプの靴にスリッポンと呼ばれるものがあります。
スリッポンとは、やはり靴紐がない靴のことだが、かかとの部分がないものなども含まれ、気軽にスリッパのようにして履けるものであれば、何でもスリッポンと呼ばれることが多く、基本的にはスリッポンは甲の部分に装飾が付いておらず、ローファーよりも上部がシンプルなデザインになっています。
このように似た言葉ではあるが、ローファーの方がよりジャケットなどに合わせることが多く、フォーマルな雰囲気を持った靴のタイプと言えるでしょう。

モテる男はスーツにローファーをコーデ!おすすめメンズアイテムをまとめ!
スーツに合わせるローファーを徹底検証!イタリアオヤジから学ぶメンズのマル秘コーデ術から、今流行のタッセルローファー等、人気おすすめアイテムを一挙大公開!おかしいなんて言わせないあなたに合った大人の着こなしやブランドに出会えます!

ローファーの定番のタイプは?

ローファー 靴下

ローファーと一口に言ってもいくつかの種類があり、それぞれデザイン性が異なるのでコーディネートする際に意識しよう。

最も一般的な『コインローファー』

その一つが「コインローファー」で、これは、甲の上部にサドルという、切込みが入れられたパーツが付いているタイプになります。
学生が履くローファーにも付いていることが多く、最も一般的なタイプになります。
また、コインとは硬貨のことで、サドルの切込みに硬貨を挟んでいたことからこの名前が付けられでいます。

金具がひときわ個性を惹き立たせる『ビットローファー』

ローファー 靴下

もう一つの定番とは、「ビットローファー」と呼ばれるものです。
やはり甲の上部に金属の装飾が付いているタイプのもので、ゴールドやシルバーなどの長めの金具がついていることが多い傾向にあります。
もともとは、ホースピットという馬に着けるための金具をデザインしてローファーに着けており、革靴に金属という組み合わせは、ほかのタイプでは見られず、輝く金具がひときわ個性を放っています。

足元に装飾が入る『キルトローファー』

ローファー 靴下

「キルトローファー」というタイプもあります。
これは、サドルや金具の代わりに革で作られた飾りが付いているものであり、飾りの種類はいろいろあって、フリンジのような形などそれぞれのブランドで趣向を凝らしています。
キルトとコインローファーの組み合わせなどもあって、装飾性の高い靴が多いのが特徴です。

スーツと革靴の組み合わせ!おしゃれブランドや革靴の種類や色を解説!
スーツに合わせる靴のおしゃれな組み合わせについてイタリアコーデをまじえ紹介!気になるあのブランドや、そもそもの革靴の種類や色など幅広く掲載中!

ローファーの選び方とは?

ローファー 靴下

上記の装飾の違いは、雰囲気の差を生み出します。
クールなイメージを与えるのはビットローファーで、金具の輝きが足元にメリハリを付けます。
金具のデザインによって様々なシーンで履けるのがメリットになり、カジュアルでも合わせやすく、スーツと組み合わせることも可能になります。
コインローファーは定番デザインだけあって、どんな服装でもコーディネートしやすいのがメリットであると言えます。
そのため、ローファー初心者であれば、まずコインローファーを試してみるのもおすすめです。
キルトローファーはファンシーなイメージが強く、また、フリンジが大きいものなどはクールに決めるのが難しいので、全体的なシルエットや飾りのセンスなどを見て、自分のファッションと合っているかを見ながら決めることが重要なポイントになります。

モテる男はスーツにローファーをコーデ!おすすめメンズアイテムをまとめ!
スーツに合わせるローファーを徹底検証!イタリアオヤジから学ぶメンズのマル秘コーデ術から、今流行のタッセルローファー等、人気おすすめアイテムを一挙大公開!おかしいなんて言わせないあなたに合った大人の着こなしやブランドに出会えます!

ローファーと靴下とのコーデ!

ローファー 靴下

ローファーを履くと靴下が見えるため、靴下の色や生地を変えることでコーディネートの幅が広がります。
スラックスと靴の色とのバランスが取れるように、同系色を選ぶと合わせやすく、濃いめのパンツであれば、ダークグレーやブラックの靴下を選ぶとよいでしょう。
靴とまったく同じ色だと、メリハリがなくなってしまうので少し明るいトーンの靴下を選ぶのがおすすめです。
カジュアルに決めたい場合は、靴ともパンツとも異なる色を選ぶのも一つの方法で、たとえば、グレー系のパンツにブラックのローファーであれば、明るめのネイビーやブルーを選ぶというのも面白く、靴下がアクセントカラーとなって、靴にも視線を注目させることができます。
同系色にするにしても、色をあえて変えるにしても、ブランドマークなどの柄は入っていない無地のものを選ぼう。
色の違いによってメリハリを付けるのが、靴下選びのポイントとなります。

もしくは完全に靴下が見えないようにしたい場合は、短い靴下である「インビジブルソックス」を選ぶのもおすすめです。
おしゃれで軽快な雰囲気を足元に演出することができます。

革靴の色選びを解説!スーツに合うおすすめの組み合わせとは?
革靴はスーツとのバランスを取って選ぶことで、全体に統一感が出ておしゃれに決まります。 そのポイントは、色やトーンのバランスを考えることであり、具体的にどんなコーデができるのか、おすすめの組み合わせを考えてみよう。

ローファーに合うおすすめブランドソックス3選はこれ!

ローファー 靴下

ここまで、今や定番とも言われている、魅力を引き出すローファー×靴下コーデについて紹介してきました。そもそものローファーの意味や、種類、そして選び方について理解頂けたかと思います。
ここからは、ビジネスからカジュアルまで幅広く活用ができる、おすすめブランドソックス3選についても紹介していきたいと思います。

品質に拘りたい方必見の『ファルケ(FALKE)』の靴下

ローファー 靴下

「ファルケ(FALKE)」は、品質の高いインビジブルソックスを作っています。
小さな面積でもしっかりと足をホールドしてくれるので、脱げにくく快適な足元を作ってくれるのがメリットです。

価格:1,320円 (税込)

最高薄くて靴からも見えないし、かかとにすべり止めもついていて脱げにくいので最高です。

楽天市場

高級志向なら一度試しておくべき『パンセレラ(PANTHERELLA)』の靴下

ローファー 靴下

「パンセレラ(PANTHERELLA)」はイギリスの高級ソックスブランドです。
スーツに合わせるための靴下を製造していて、世界的な支持を得ていて、上品な生地の雰囲気と、よれることのないとても快適な履き心地はさすがとしか言いようがありません。

価格:3,520円 (税込)

プレゼント用に購入しました。
良い買い物ができました。

楽天市場

価格:2,750円 (税込)

『ポロ・ラルフ・ローレン(RALPH LAUREN)』はカジュアルからフォーマルまで幅広く活用可能

ローファー 靴下

「ポロ・ラルフ・ローレン(RALPH LAUREN)」の靴下はローファーとの相性が良いのが著名です。
シンプルで上品な作りとなっていて、カジュアルからシックなコーデで足元をまとめるのに役立ちます。

ラルフローレンのスーツを徹底解説!サイズ感の評判や値段相場とは?
アメリカントラディショナルの王道ブランドとして歴史のある『ラルフローレン』のスーツ特集!サイズ感抜群な驚きの理由に迫ります。女子ウケが高くファッション性に優れたイメージのあるラルフローレンのスーツについて各モデルの気になるお値段や評判について徹底解説致します。公式店舗情報も確認の上、今すぐ最寄りの店舗へアクセス!

まとめ

今回は、革靴に合う靴下コーデについて幅広く解説して参りました。
現在、数ある革靴のタイプの中でも、ローファーは定番と言えるタイプのマストシューズになるため、ローファーに合わせる靴下選びも抜かりなく行いところです。
今回スーツからカジュアルまで、特に合わせやすいと評判のおすすめブランド靴下も紹介してみましたので、是非この機会に一度お試し下さい。