靴の豆知識

革靴の選び方の基本とは?おさえておくべきポイントを徹底解説!

靴の豆知識
Shot with DXO ONE Camera

スーツに革靴というのはビジネスマンにとって日常的な装いになります。
この組み合わせをより魅力的にするために、靴の選び方をしっかりと押さえておくことが重要です。
そのポイントと、スーツに合うブランド革靴を紹介していくのこれを機会にでチェックしておこう。

革靴の選び方を知っておくべき理由とは?

スーツ 革靴 選び方

革靴はビジネスマンにとってなくてはならないアイテムになります。
それだけに、どんな革靴を選ぶかは非常に重要なことです。
というのも、特にビジネスシーンにおいては、革靴の種類によってはマナー違反となることもある上、フォーマルな場にふさわしいデザインや色などが決まっているので、その基本的な知識を基にして革靴を選ぶ必要があります。

スーツにローファーはおかしい?デキる男のメンズコーデのポイントを解説!
【2021年最新版】スーツにローファーはおかしい?どんな組み合わせが最適?スーツにローファーはマナー違反?皆さんは普段このようなことを疑問に感じたことはないでしょうか?そこで、今回は簡単で即実践可能な、メンズマル秘コーデ術や、今流行のタッセルローファーの活用術等を、マナーも押さえた組み合わせを徹底解説致します。

そして、スーツと同じくらい靴は大事なファッションアイテムになり、履いている革靴によって、その人がどんなセンスをしているのか、身繕いについてどんな見方をしているのかを把握することができます。
デキる男としての演出に革靴はかなり大きな影響を与えるので、魅力的な印象を与えるためにも靴にはこだわりたいものです。

スーツにブーツはあり?マナーも考慮しスーツに合う5種類の王道ブーツを徹底検証!
スーツにブーツはあり?ビジネスマナーも考慮して5種類の王道ブーツを徹底検証致します!男性必見のビジネスマナーをはじめ、ショートブーツについて等、今おしゃれでおすすめのかっこいいコーデ術を画像も交え分かりやすく解説致します!カジュアルからフォーマルのまで、細かく解説をしているため、成人式や結婚式用途でも応用が可能です!

良い革靴の特徴はこれ!

スーツ 革靴 選び方

良い革靴とされるものにはいくつかの特徴がります。
まず、品質の良い革を使っていることだ。靴のほとんどの部分を占める革の質が、靴自体の質を決めるといっても過言ではありません。
艶があり、堅牢な良い革を使っているものは価格も高いが、それだけの価値が十分にあり、なにより革本来の美しい輝きや色の深みは、見る人を惹きつけます。
そして、良い革はきちんと手入れをすれば、シワや多少のひび割れが入っても修復する力を持っているため、ずっと綺麗な状態を保てるし寿命も長いのだ。高価な革靴も結果的にはコストパフォーマンスの高い靴といえます。

革靴のシワを簡単に取り除く方法とは?原因と方法を解説!
革靴にシワが入ってしまうと見栄えが悪くなってしまうし、ひび割れなどのさらにひどい状態に進行してしまうこともあります。 そのために日ごろすべき手入と、付いてしまったシワを取り回復させる方法をチェックしてみよう。

見栄えや耐久性の他にも、履き心地がとても良いというのも良い革靴の特徴になります。
パーツの切り出しを繊細に行っているし、縫製もかなり丁寧に行っているため、足に無駄に当たる部分が出てきません。
また、全体的なフォルムも足を包み込むようになっていて、余計な圧迫感を与えません。
これは足を入れた瞬間に感じられるものであり、靴に足を入れた時、スルッと滑らかに入ってくれ、しっかりとしたホールド感があるのに、窮屈さはなく快適に履くことができます。
長時間履いても疲れにくいし、通気性も良いので足が蒸れにくいというのもポイントです。

実はデキる男の7割が知っている!革靴の部位や名称を総まとめ!
革靴には細かな部位がたくさんあり、それぞれに大事な役割を果たしています。 また、小さなパーツのデザインによって雰囲気も大きく変わるため、そこで、それぞれの部位の名称を覚え、どんな異なる種類があるのかを知っておこう。

スーツ男子必見!ビジネス用の革靴のおすすめ!

スーツ 革靴 選び方

ビジネスシーンでシーンに合わせて革靴を履くのであれば、まずいくつかのマナーを押さえた選び方をする必要があります。
たとえば、紐のある靴とすべきで、基本的にローファータイプはビジネスシーンにはそぐわないタイプの革靴になります。
また、トゥの形も押さえておく必要があります。
革靴にはウィングチップなどたくさんの種類があるが、基本的にビジネスシーンではプレーントゥかストレートチップのみとなります。
もちろん、仕事上のパーティーなどでは飾り気の強いトゥデザインのものでも構わないが、普段の仕事ではシンプルなデザインのものがおすすめです。

スーツの着こなしは5つの原則で決定!男性ビジネスマン必見の基本とは?
スーツの着こなしは、春夏秋冬によって異なります!イタリア人のコーデも参考に、あなたの体系や個性を引き出す5つの原則を特別大公開!スーツの着こなしはコディネートだけじゃない!!ジャケット・パンツ・ネクタイ・ワイシャツ・ベルト・靴下 etc・・・ビジネスマン必見!気になるパーツごとの基本原則とは?

そして、色はブラックとブラウンが基本となり、ブラックはどんなスーツにも状況にも合うので万能だが、無難な選択でもあります。
そのため、ブラックの他にいくつかトーンの異なるブラウンの革靴を揃えておくのがおすすめです。
フォーマルな装いの場合にはダークブラウンにして、雰囲気を変えたい時には明るいトーンのブラウンの靴を履くといった変化を付けられます。
スーツの色や柄に合わせた靴の色の選び方をすることによって、オシャレ度が格段に上がります。

知らなきゃ危険!スーツの色が与える印象とは?今おすすめの人気コーデはこれ!
知らなきゃヤバい!スーツの色が与える印象について驚愕の事実を解説!今おすすめなで人気コーデについても、代表的な4つの色を例に相手に与える印象について解説していきます。種類や違いを押さえ、あなたのビジネスにも応用しよう!ワイシャツの色やネクタイの色等も鑑みて、ビジネスにも役立つトータルコーデを提案致します。

フィッティングで気を付けるポイントはこれ!

スーツ 革靴 選び方

毎日長時間革靴を履くビジネスマンは、自分の足に合ったものを選ぶことがとても重要です。
フィッティングでは、足のサイズだけでなく甲までの高さも見ることが大切で、甲の高さがしっかり合っていると、靴の中で足がずれることなく靴ずれが起きなくなりますし、ぴったりホールドするので歩行による疲労感も軽減されます。
ポールジョイントというポイントにも気を付けたいポイントです。
親指の付け根から小指の付け根までの長さのことで、靴の広さを決める要素となり、そのままの状態ではなく、立ったり歩いたりすると体重でポールジョイントは広くなるので、そこを考えた選び方をすると快適な靴を選べます。
そして、できれば夕方にフィッティングをすると良く、というのも、夕方になると足がむくんできてサイズが大きくなるので、より現実的なフィッティングができるからです。

革靴のフィッティング!きつめは危険?失敗しない革靴の選び方とは?
毎日のように履く革靴は、しっかりと自分の足のかたちやサイズを知ったうえで選ぶことで、足の疲れを減らすことが出来ます。 革靴を選ぶ際には、はじめはきつめの方が良いと聞くことも多いですが、それは本当に正しいのでしょうか?フィッティングの基本を学んであなたにピッタリの靴を選ぼう。