靴の豆知識

【ローファー×ジーンズ】大人のメンズコーデはこの組み合わせが最強!

靴の豆知識
スポンサーリンク

ローファーとジーンズの組み合わせというメンズコーデは、さわやかで綺麗めのスタイルを作ることができ、ローファーの選び方、ジーンズの色やシルエットによって随分と雰囲気が変わってきます。
ポイントをチェックして、自分のコーデに取り入れてみよう。

ローファー×ジーンズコーデの気になる印象とは?

ローファー ジーンズ

ローファーは、ある程度フォーマルな装いでもカジュアルファッションでも合うので取り入れやすいアイテムになります。
特にカジュアルコーデの場合は、ジーンズとの相性も良く、ジーンズとの組み合わせを中心として様々なコーデが可能です。

革靴×ジーンズのおすすめコーデ完全版!ダサいと言わせない基本はこれ!
革靴にジーンズという組み合わせは、いろいろなコーデができてオシャレをするのが楽しくなる今おすすめしたいおしゃれコーデです。 ダサい格好にならないための、バランスを上手に取るポイントを解説し、合わせてにジーンズと合うおすすめのブランド革靴も紹介しています。

ローファー×ジーンズコーデは綺麗め推しがポイント!

このローファー×ジーンズコーデは、綺麗めの印象を強調することがポイントとなり、ローファーはジャケットと合わせることが多いことからも分かるように、ポップなイメージよりもフォーマルよりのメンズアイテムに合わせることが多いように、ローファーを履くことによって、カジュアルでありながらも上品な印象を演出させることが可能です。

【最新版】スーツ×ローファーのメンズコーデ特集!おかしいと言わせないポイントはこれ!
【2021年最新版】スーツにローファーはおかしい?どんな組み合わせが最適?スーツにローファーはマナー違反?皆さんは普段このようなことを疑問に感じたことはないでしょうか?そこで、今回は簡単で即実践可能な、メンズマル秘コーデ術や、今流行のタッセルローファーの活用術等を、マナーも押さえた組み合わせを徹底解説致します。

爽やかな印象を与えられる!

もう一つのポイントは、軽やかでさわやかな印象を演出できるというところにあり、ローファーは、足首がカットされた形となっているため、足回りがすっきりとまとまります。
靴の重たさを感じさせないので、シンプルで軽い印象となるのがメリットで、このさわやかさをいかにメンズコーデの中に表現できるかが工夫のしどころでもあります。

イタ男に学ぶジャケパンコーデ術!色合いやカジュアルコーデの極意とは?
イタリアオヤジから学ぶジャケパンの組み合わせについておすすめコーデを総まとめ!春先から夏にかけ多く見られるジャケパンでの組み合わせですが、あなたをより魅力的な男性へと演出する色合いやアイテム選びのコツを掲載!ベルトやネクタイ・スニーカーなど、小物の活用方法も伝授。合わせてジャケパンスタイルにおすすめの人気ブランド4選も紹介!

ポイントを押さえバランス良くトータルコーデをしよう!

こうした基本的なポイントを押さえておかないと、バランスが悪くなるので注意が必要です。
綺麗めでさわやかなイメージを持つローファーなのに、ジーンズや他のアイテムが重たく、ポップ過ぎるものだとちぐはぐな印象を与えてしまいます。
やはりベースとなるコンセプトを押さえた上で、アイテムの選択をするようにしよう。

モテる男の7割が実践している革靴の正しい履き方とは?
革靴は正しい履き方、脱ぎ方をしないとかかと部分にダメージを与えてしまい、見た目の印象が悪くなることがあるため注意が必要です。 そこで、モテる男の9割が実践する革靴の正しい履き方を今回特別に紹介致します。合わせて、知らなきゃ損する、革靴の正しい履き方や脱ぎ方についても徹底解説するのでチェックしてみよう。

ローファー×ジーンズコーデを着こなすポイントを解説!

ローファー ジーンズ

前述の通り、ローファー×ジーンズでは足元の軽やかさを出すことがポイントとなり、そのためには、ジーンズの丈に注意する必要があります。
スニーカーとの組み合わせのように、靴の甲が隠れるほど長いジーンズだとバランスが崩れてしまうため、ローファーとの組み合わせでは、ノークッション、つまり足の甲が完全に見え、足首より上も多少見えるくらいの丈にするのが基本です。
これは、元々短めの丈のパンツを履くこともでき、長めのパンツであればロールアップしてもよいでしょう。
特にロールアップは、ジーンズの表生地に対して明るい裏生地を出せるので、トーンのメリハリが付いてとてもおしゃれになります。

スーツのパンツ丈はノークッションが主流!断然格好良くなる方法とは?
現在のパンツ丈の主流とも言える『ノークッション』について徹底解説致します。そもそも3種類あると言われているパンツ丈の違いをはじめ、スナップも参考に、イタリア男のパンツコーデのポイントや、おすすめスラックスブランド3選についてもわかりやすく紹介しています。

ソックス選びも重要なポイント!

そして、ソックスをどのように合わせるかもメンズコーデのポイントとなります。
靴下を見せたいのであれば、肌が見えることがないようにある程度長めのものをチョイスし、靴やジーンズとは異なる色合い、たとえば明るめのブラウンや紺などにして、アクセントとするのがおすすめです。
こうすることで足元に視線がいくので、靴下を見せないインビジブルソックスを履くという選択肢もあります。
このコーデだと、よりさわやかなでオシャレなイメージを作ることが可能です。

ローファーの魅力を引き出す靴下コーデとは?おすすめ靴下3選はこれ!
ローファーは数ある革靴のタイプのなかでも定番の部類に入ります。 そもそもローファーとはどんなタイプのものか、どんな靴下との相性が良いのかをチェックし、ローファーコーデに使えるブランド靴下も確認し、オシャレの幅を広げよう。

ローファーに良く合うおすすめジーンズ3選はこれ!

ローファー ジーンズ

カジュアル感が演出可能!『DIESEL(ディーゼル)』のジーンズ

ローファー ジーンズ

カジュアルの雰囲気を出すのであれば、「DIESEL(ディーゼル)」のジーンズがおすすめです。
濃いめのデニムとすることで、綺麗なイメージを演出することが可能です。
また、裾の長さにこだわり、足首が見える程度のものを選ぶことによってローファーの相性が良くなります。
若干太めのシルエットとなっているので、歩きやすさも確保されていて快適です。

シルエットがスマート!『ボリオリ(BOGLIOLI)』のジーンズ

ローファー ジーンズ

「ボリオリ(BOGLIOLI)」のジーンズもローファーと合いやすいくおすすめです。
濃いめの色合いで、シルエットがスマートなのですっきりとした印象を表に出すことができます。
ロールアップすることによって、メリハリの利いた足元にでき、軽やかな雰囲気が出るので、暑い季節にもうれしいブランドです。

ボリオリ(BOGLIOLI)のジャケットで大人コーデ!価格や評判を大公開!
アンコンジャケットやで迷ったらボリオリ(BOGLIOLI) のスーツ・ジャケットがおすすめ!定番の『Kジャケット』や『DOVER(ドーヴァー)』『COAT(コート)』など、各コレクションのサイズ感や評判・価格感までも徹底解説!

組み合わせ自在!『ラルディーニ(LARDINI)』のジーンズ

ローファー ジーンズ

「ラルディーニ(LARDINI)」のデニムパンツは、程良い退色をしていてカジュアル感を出すのにも適しています。
バリエーションも豊富なので、体型を選ばずに着られるというのもうれしいところです。
ジャケットやシャツなど、トップの組み合わせもいろいろできるので、楽しいメンズコーデができるのが人気の秘訣になります。

ラルディーニ(LARDINI)特集!モテ男のスーツコーデや店舗情報とは?
芸能人御用達のイタリアの人気ブランド『ラルディーニ(LARDINI)』について徹底解説!ブランドを支えるデザイナー情報や花をモチーフにしたロゴについて、タリアトーレと比較!サイズ感抜群のラルディーニ (LADINI)を生かしたモテる着こなしやトータルコーデも紹介!取り扱い店舗情報も確認し今すぐ最寄りの店舗へアクセス!