ブランド小物

サングラスが似合う9割の人が実践!男の魅力がUPするサングラス選びとは?

ブランド小物

サングラスは自分には似合わないと思い込み、敬遠してしまっている人が多くいます。

しかし、実際には顔の形や色に合っていないだけで、選び方を知っていればどんな男性にも似合うアイテムです。

ポイントを押さえてどんなチョイスできるかを確認してみよう。

サングラスが似合う男性が実践している極意を伝授!

サングラス 似合う人

サングラスをしてみたいが、自分には似合わないからと敬遠してしまっている男性も多くいらっしゃいます。
しかし、実際のところ、本当に似合わないという人はごく稀であることが事実的に多いのが現状です。

元々似合っていないというよりも、顔とサングラスの組み合わせがマッチしていないだけで、アイテムの選び方を知ることで、たいていの人に似合うようになるので、あなたに合ったサングランスの選び方を特別に紹介していきます。

サングラス特集!定番の種類・形状・フレームの名称や特徴を総まとめ!
サングラスはファッションに彩りを出してくれるマストアイテムになります。 実にたくさんの種類があり、フレームの形状やレンズの違いによって見た目がかなり変わってきます。 そこで、それぞれの名称と特徴を押さえ、どのようにコーデに使えるかを見てみよう。

印象操作や機能性など多面的な意味合いがある!

サングラスはクールな印象を与えたり、全体のファッションにアクセントを付けたりと、小さなアイテムにしてはかなり大きな効果を持ちます。

また、そもそも夏の日差しがキツイ時期には、太陽光から目を守るという機能的な意味合いもあるため、自分の顔に合うアイテムの見つけ方を知り、実践することがとても重要です。

サングラス選びのポイントはフェイスライン?

その大きなポイントとなるのが、フェイスラインとの対比になります。
顔の形と異なる形状のフレームを選ぶのが基本となります。

つまり、面長であれば、丸みのあるフレームやスクエア型などの扁平な形のものにすると良いでしょう。

一方で、丸顔の場合であれば、ボストンタイプなどの丸い形のフレームは避けるようにします。
こうすることで、フェイスラインとの違いを強調することができて、アイテムとのバランスが取れるようになるのです。

まずは自分の輪郭を意識してから、フレームの形状を考えるようにしよう。

顔や肌の色も加味して選ぶ!

サングラス 似合う人

もう一つの大事なポイントはグラスやフレームの色になります。
そこで、顔や肌の色も加味したサングラス選びのポイントを解説していきます。

肌の色が白い方のサングラス選びのポイント!

基本としては、肌の色が白い人はレンズカラーも薄めにするのが似合うと言われています。

クリアレンズにして薄めのブルーやブラウン、グレーなどにすると、全体的な印象がまとまって違和感がなくなりますが、逆に、濃い色のものを選んでしまうと、かなりレンズが強調されてしまって浮いた感じになるので注意が必要です。

肌の色が濃い方のサングラス選びのポイント!

日焼けしているなど肌の色が濃い人の場合は、レンズカラーも濃い方が似合うと言われています。

ブラックレンズでも全く問題ないですし、ミラーレンズにすることも可能で、多少派手な印象がするくらいの方が映えて良いでしょう。

透過率の高いクリアレンズにしてしまうと、レンズと肌の色が同化してしまって、あまりメリハリのない雰囲気となってしまいます。

せっかくのサングラスが生きてこないので避けた方が良いでしょう。

日本人向け?サングラス選びのポイント!

肌の色の黄色みや赤みが強い人の場合は、イエローからブラウンのレンズにすると相性が良いと言われています。

オレンジのような色だと個性が強く見えてしまうので、落ち着いた雰囲気を好むのであればブラウンレンズにすると安心です。

とはいえ、イエローやオレンジにしても他の肌の色よりも浮いた感じがないので、それほど気にしなくても問題がありません。

赤みが強い肌の場合はブルーレンズをするのも良く、その理由としたは、色の対比ができてクールなイメージを強調しやすくなるからです。

また、視線が集まる目のあたりにブルーを配置することで、肌の赤みを目立たなくしてくれるという効果もあります。

サングラス選びは髪型との相性も重要!

サングラス 似合う人

男の人の場合は、髪型との相性も考慮する必要があります。
全体的なファッションスタイルとの関係もありますが、ブラックレンズの場合はクールなイメージが強くなるので、多少髪が長かったり、ビジネスライクなスタイルでも似合います。

一方で、オレンジやブルーなどのインパクトが強めの色を選んだ場合は、ヘアスタイルも多少オシャレ度の強いものにすると良いでしょう。

ツーブロックにしたりソフトモヒカンにしたりして、個性を強調できるようにしてみよう。

短い髪だとサングラスと合わせるのが難しくなる?

男性の場合、あまり短い髪だとサングラスと合わせるのが難しくなる傾向があります。

そのため、多少長めの髪にして目元とのバランスを合わせることがポイントとなり、かなり短めのヘアスタイルにしているのであれば、スクエア型など小さめのフレームを選ぶのも一つの手になります。

\購読者特典プレゼント中/