ブランド小物

ジャケパンに合わせる靴下はこれ!チラ見せさせる色はローファーも加味?

ブランド小物

ジャケパンはカジュアル要素の入ったスタイルなので、色々と遊べるコーデになります。
中でも、ジャケパンコーデを際立たせる、一つのポイントが靴下の色を変えてみるという方法になります。
ビジネスシーンでもできるポイントと、カジュアルでローファーと合わせる方法などを解説していきます。

ジャケパンスタイルで選ぶ靴下の色とは?チラ見せの極意を伝授!

ジャケパン 靴下

ジャケパンスタイルはジャケットとパンツの色が異なるため、ビジネススーツという装いよりも全体的に色味が多くなる傾向にあるため、そこに靴や靴下のカラーも加えることができます。

あまりカラーを多くしてはいけませんが、ソックスであれば小さな面積なのでアクセント程度になるので違和感なく使えます。

ジャケパンに取り入れたい遊び心!

もともとジャケパンはカジュアルにも着られるコーデなので、こうした遊び心を入れることは非常に重要です。

特によりカジュアル寄りにしたい場合は、ジャケットやパンツとは異なるカラーにして、足首に軽く注目させるようにするのがポイントです。

アクセントカラーを入れる気持ちで行い、重くなりがちなジャケット姿をポップに見せられる一方で、ビジネスシーンでは、マナーも考えて抑え気味のカラーにすることも重要です。

このように、ジャケットとパンツという組み合わせでは、カジュアルでの装いなのかビジネスシーンなのかと、場面によって靴下のカラーを考えることが大切です。

ローファーの魅力を引き出す靴下コーデとは?おすすめ靴下3選はこれ!
ローファーは数ある革靴のタイプのなかでも定番の部類に入ります。 そもそもローファーとはどんなタイプのものか、どんな靴下との相性が良いのかをチェックし、ローファーコーデに使えるブランド靴下も確認し、オシャレの幅を広げよう。

そもそもビジネスシーンでは肌を見せてはいけない?

ジャケパン 靴下

大前提として、基本的にビジネスシーンでは肌を見せるのはマナー違反とされており、特に足首や脛を出すというのは、場合によっては失礼に当たるので避けるべきです。

こうしたことから、靴下を明らかに見せるノーアクションスタイルのパンツの履き方は、少なくても日本のビジネスの場面では行わなず、また、それと合わせて足首が自然と見えてしまうローファーも履かないことがほとんどになります。

ビジネスではジャケパンスタイルを生かし小洒落た靴下選びを!

しかし、イタリアなどはスーツ姿でもかなり着崩したスタイルが見られることもあり、ローファー×インビジブルソックスにしていたり、ローファーにカラー付きのソックスにしたりして足首を飾っていることもあります。

これはイタリアというファッション文化にある国の話であり、日本では真面目なビジネスシーンでは難しいのが現状です。

そのため、カジュアル要素が強くなるジャケパンを着る時に、控えめに行うのがベストであり、もしくは、カジュアルシーンでラフに着崩す時に使うのが良いでしょう。

とはいえ、上手に品良く着こなすことができれば、ビジネスシーンでも違和感なく合わせられるのでそのポイントをチェックしてみよう。

イタ男に学ぶジャケパンコーデ術!色合いやカジュアルコーデの極意とは?
イタリアオヤジから学ぶジャケパンの組み合わせについておすすめコーデを総まとめ!春先から夏にかけ多く見られるジャケパンでの組み合わせですが、あなたをより魅力的な男性へと演出する色合いやアイテム選びのコツを掲載!ベルトやネクタイ・スニーカーなど、小物の活用方法も伝授。合わせてジャケパンスタイルにおすすめの人気ブランド4選も紹介!

ビジネスシーンで活用出来る!靴下チラ見せコーデとポイントとは?

ジャケパン 靴下

ビジネスシーンでは肌やあからさまにソックスを見せることはしないが、チラ見せ程度のオシャレをするのは日本でもマナー違反とはならないため、いくつかのポイントを押さえて靴下を合わせることが大切です。

靴下は靴の色に合わせよう!

その一つのポイントは、靴の色に合わせるということにあります。

多少明るめの色、ライトブラウンなどの革靴であれば、同じカラーでソックスもそろえることもできます。

こうすれば、ソックスだけが目立って浮くということもないし、マナー違反にもなりません。

知らなきゃ危険!革靴の色選び!スーツに合うおすすめの組み合わせとは?
革靴の色選びは、スーツとのバランスを取って選ぶことで、全体に統一感が出ておしゃれに決まります。 そのポイントは、色やトーンのバランスを考えることであり、具体的にどんなコーデができるのか、おすすめの組み合わせについて考えてみよう。

パンツの色と合わせることも重要!

靴下の色は、靴の色と合わせて、パンツの色と合わせるということも重要なポイントになります。

薄めのネイビーやライトグレーなどのパンツの時は、濃いめのソックスにする必要はなく、むしろ野暮ったい印象になってしまう恐れがあるので、パンツと同じ明るめのものにしても構いません。

足首に軽快なイメージが出るので、ビジネスに合う装いでありながらもオシャレができるのです。

モテる男のシャツ×パンツコーデ特集!イタリア男の着こなしを総まとめ!
シャツとパンツの王道とも言えるコーデを覚えると、着こなしのレベルがぐっと上がる。 そこで、ビジネスシーンでいつも履くスラックス、そして日常生活で着ることが多くなるチノパンなど、それぞれのパターンに合わせてコーデ方法をチェックしてみよう。

\購読者特典プレゼント中/