スーツの豆知識

スーツのお直しが必要な理由とは?おすすめの方法を特別公開!

スーツの豆知識

いくらサラリーマンの制服とはいえ、スーツを着るからにはやっぱりカッコよく着たい、と思う方は多いに違いありません。
安くない買い物ですし、数年で買い替えるという服でもないからです。
スーツをビシっと決めて着るために体形に合ったリフォームをしてから購入するというスーツのお直しを紹介するとともに、トレンドに合わせたスーツのお直しに加え着込んでガタがきかけた部分のお直しや、虫食い等の穴への対応まで、スーツのお直しの集大成としてまとめてみました。

スポンサーリンク

スーツ購入時に必ずお直しして体型にフィットさせる

スーツ お直し

「スーツを買う時は、必ずお直しをしてから」という一家言を持つ方がいます。
お直し=リフォーム、あるいはカスタマイズという面からみると、確かにお直ししてから着用しているスーツは常にキマっていて見栄えが良くなります。

スーツのお直し部分がいつも同じため違和感はすぐに分かる

お直しをしないで着られる既成のスーツがない場合、オーダーメイドスーツを仕立てることが、選択肢として浮上します。
しかしながら、オーダーメイドスーツの敷居の高さやご予算・納期というのも非常に重要な選択基準になるので、既製服を着用した際に、ご自身のお直し部分を把握し、お直しショップに持ち込むことで、既製服でありながらも、オーダメイドスーツに近い着心地や、出来上がりのフィット感も体感頂くことが可能になります。
更にその後、ご自身の身体の癖や好みを理解した上で、オーダーメイドのスーツ仕立てにチャレンジすることも効果的になると考えられます。
そして、まずはスーツを選ぶ際のポイントを知ることもお直しを考慮した際には重要になってきます。
そこで、別の記事でスーツを選ぶ際のポイントをまとめておりますので、詳細を知りたい方はご確認下さい!

スーツの選び方を大公開!パンツやジャケットのサイズ感が基本?
スーツの選び方について基礎となるバイブルを一挙大公開!スーツの選び方は、20代・30代・40代と年齢の変化や、体型の変化に応じて異なってきますが、ジャケットや、パンツの選び方さえマスターすれば、シャツにコートと幅広く応用が可能になります。まずはサイズ感をマスターし、靴やベルトも合わせてコーデ!

スーツ購入時の主なお直しの2つの理由

スーツ お直し

出典:shutterstock.com

スーツ購入時のお直しに一家言あって上手に着こなしている方の例を紹介しましたが、一口にスーツのお直し、リフォームといっても大きく分けて2つの理由があります。

購入時のスーツのお直しは裾や袖などが多い

スーツ お直し

一つは、一家言の彼のように購入時に行うお直しです。
ジャケットの袖やパンツの裾のお直しが代表例でしょう。

お直し必須として袖ボタンなしでスーツを売るショップもある?

そんな要求もあってか、スーツの袖にボタンがついていない状態で展示、販売しているというショップもあります。
主にエグゼクティブ向けで、ジャケットの袖の長短は必須のお直しのため、採寸してからボタンをつけます。
どのぐらいの着丈・袖丈・裾丈が理想的なのか?について、更に詳しくご確認されたい方は、別の記事にて詳しくまとめています。お直しをされる前に、是非参考までにチェックしてみて下さい!

スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。