スーツの豆知識

セットアップとスーツの違いとは?今注目される新スタイルを紐解く!

スーツの豆知識

セットアップはスーツと混同されがちですが、しかし、スーツとはデザインコンセプトが違うので、その違いを理解してコーデに生かしたいところです。
上手にしないとダサい格好になってしまうので、避けるべき組み合わせも合わせて確認してみよう。

セットアップとスーツの違いとは?

セットアップ とは

似ているようで違いがある用語に、セットアップとスーツがあります。

そもそもスーツについておさえておこう!

スーツとは、ジャケットとパンツをセットにして提供するもので、同じ生地を使い同じサイズ感で作られています。

使用目的は主にフォーマルなシーンとなっていて、カッチリとしたデザインが特徴です。

スーツの歴史!ブリティッシュを起源としたグローバルなスタイルとは?
スーツやジャケットに関する歴史やスタイルを大公開!ブリティッシュスタイルから、今流行のおすすめブリティッシュブランドも一挙大公開!歴史と共に進化を遂げた、グローバルなスーツスタイルを紹介していきます。

セットアップについておさえよう!

一方でセットアップとは、同じ生地を使っていて、同じデザインコンセプトで作っているものの、ジャケットとパンツを別で売っているものになります。

スーツとは異なり、単品での使用を想定しているのですが、もちろん、上下セットで着ることもでき、どちらの使用でも構わないという考えで成り立っています。

そして、スーツとは異なり、完全にフォーマルなスタイルではなく、カジュアル感が強いというのも特徴となっています。

スーツは大抵の場合は肩パッドを入れたり、固めに芯を入れてしっかりとシルエットをキープしていますが、しかし、ジャケットをアンコン、つまり芯なし肩パッドなしにするなどして、かなり柔らかい印象に仕上げているのも違いとなって見えてきます。

ビジネスシーンでも着ることはできるが、どちらかというとカジュアルシーンを意識したコンセプトであるのが、大きな特徴と言えます。

スーツの上着とジャケットの違いとは?サイズ・ボタンやポケットも!
スーツのジャケットと、ジャケパンで使うジャケットの違いについて細かく解説!サイズ感や丈の違いから、生地、ボタンにポケット等の細かいパーツまで様々な違いがあるジャケットですが、それぞれの違いの知識を身に付けることで、最適な着こなしが実現可能に!合わせるパンツやネクタイ選びに加え、直しを行う際にもおすすめな情報が満載!

セットアップの魅力を紹介!

セットアップ とは

このように、セットアップはビジネスシーンでも着られる整った作りでありながら、カジュアルで着ることもできるという懐の深い服になります。

この特徴をコーデに生かさない手はありません。
いつもスーツ姿とは違いを出し、ラフで着崩した感を強調することができて、ファッションに変化を付けられるのです。

イタ男に学ぶジャケパンコーデ術!色合いやカジュアルコーデの極意とは?
イタリアオヤジから学ぶジャケパンの組み合わせについておすすめコーデを総まとめ!春先から夏にかけ多く見られるジャケパンでの組み合わせですが、あなたをより魅力的な男性へと演出する色合いやアイテム選びのコツを掲載!ベルトやネクタイ・スニーカーなど、小物の活用方法も伝授。合わせてジャケパンスタイルにおすすめの人気ブランド4選も紹介!

変幻自在なセットアップコーデを楽しもう!

また、ジャケットとパンツのコンセプトは同じだが、別々に着ることができるので、日によって違うパンツと組み合わせてみたり、上下を揃えてみたりと同じセットでも着回しができるのが使い勝手の良いところです。

また、このタイプのジャケットは、一般的なスーツに比べて若干着丈が短くなっているなど、若々しさが特徴となっているのも魅力になります。

春夏の時期にさわやかな色のシャツと合わせて、清涼感のあるビジネススタイルとすることができるうえ、さらに、アウトポケット仕様のジャケットがあるなど、個性的でカジュアル感の出た雰囲気も特徴となっています。

そんな点を生かして、クールビズやビジネスカジュアルデーなどに取り入れると、違和感のないビジネススタイルにチャレンジしてみよう。

スーツやパンツの丁度良い丈の長さはこれ!短い裾の流行も加味して解説!
ちょうど良いスーツやパンツの丈について、短めの流行も加味して徹底解説します!スーツの着丈や裾丈の基準は、時代と共に流行が変わってきます。現在はスーツの着丈や裾は短めが主流で、パンツ丈も短めが一般的化しています。短めが流行りとされている中、どのぐらいの丈にすべきかの基準について、画像もまじえ分かり易く解説していきます。

ダサいとは言わせない!セットアップコーデのポイントを解説!

セットアップ とは

着回しがしやすいのが特徴だが、組み合わせを間違えるとダサい格好になってしまいます。

ダサいと思われないためにも、まず上下のデザインコンセプトやサイズ感をマッチさせることがポイントです。

パンツ選びは要注意!

同じジャケットでもスーツのものとは違い、カジュアル寄りに設計されているため、パンツはカッチリとし過ぎており、いかにもスラックスという感じのものを履いてしまうと、上下の雰囲気が合わなくなりダサい姿になってしまうケースがあります。

また、逆にセットアップのパンツを、スーツ仕様の芯がしっかりと入った固めのジャケットにすると、ダサい格好になってしまうので注意しよう。

ジャケパンで取り入れたいジャケットやパンツの色の組み合わせとは?
ジャケパンはビジネスシーンでもカジュアルでも着られる万能コーデになります。 それだけに、色や柄、サイズ感などジャケットとパンツの組み合わせに工夫を凝らして、このスタイルならではの魅力を楽しめるようにしていこう。

デニムパンツを活かしたコーデもGOOD!

こうしたダサいコーデを避け、カジュアルらしさを上手に生かしたいものです。

たとえば、柔らかい印象のジャケットに合わせるために、デニムパンツを履くというのも一つの手になります。

ジャケットの色にもよりますが、ちょっと濃いめの色にしてカジュアルでありつつも、キレイ目系のスタイルを崩さないようにしたいものです。

また、上下をセットにして着た上で、シャツをロング丈のホワイトTシャツにするというのもおすすめで、この場合、パンツの裾をロールアップしてノーアクションとするのも良いでしょう。

オフィスカジュアルコーデ特集!ジーンズ選びで差がつく大人の魅力とは?
オフィスでもカジュアルデーを設けるところが多くなっています。 そこで、ジーンズはどこまでOKなのかを考えてみよう。 また、おしゃれに整ったメンズコーデをするポイントと、ビジネスでは不可となる境目を探っていきます。

\あなたにおすすめ/