スーツの豆知識

スーツの胸ポケットにペンを挿すのはあり?マナーとデキる男の流儀とは?

スーツの豆知識
スポンサーリンク

スーツの胸ポケットは基本的に装飾としての役割を果たします。
そのため、小物を詰め込むのはマナー違反です。
では、ペンを挿すのはどうなのだろうか?胸ポケットの由来やオシャレのポイントを確認しながら答えを探ってみよう。

そもそもスーツの胸ポケットにペンは挿して良いのか?

スーツ 胸ポケット ペン

スーツには長い歴史があるため、ちょっとした着方にもマナーが関係してきます。
そのため、マナーを押さえておかないと、思わぬところで相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。
たとえば、胸ポケットにペンなど、物を挿しておいて良いのか?という疑問があります。
仕事をしていると、ついつい便利なので胸ポケットにペンなどの小物を挿しておき、必要な時にすぐに出せるようにしておく人も多いでしょうが、しかし、原則として胸ポケットに小物をいろいろ挿しておくのは避けた方が良いでしょう。
というのも、スーツのポケットは収納スペースというよりも、装飾のためのアイテムとして使うことを意識して作られているからです。
胸ポケットの場合は、装飾としてチーフを挿すことが許されているため、単に便利だからといつも使うペンなどを挿すのは目的に適っていないのです。

スーツのポケットにもマナーがある!意外と知らない大きな落とし穴!
スーツのポケットにもマナーがあることをご存知でしょうか?ポケットのフラップを入れるとき、はたまたポケットのフラップを出すときetc・・・意外と知られていないポケットのマナーや意味を解説致します。これを知っておくと、スマートでデキるビジネスマンになること間違いなし!デキる男は必見です!

例外は、装飾にもなるしっかりとした品質のペンです。
スーツの本場ヨーロッパでも、あえて美しいデザインの万年筆を胸ポケットに挿し、一つのアクセサリーとして活用しています。
こうした使い方であれば、ペンを挿しても問題はないどころか、上級者向きの一つの着こなし方も言えます。

モンブラン(Montblanc)のビジネススタイル!おすすめ5選から専門店舗情報まで!
モンブラン(Montblanc)のビジネススタイル徹底解説!おすすめ5選から専門店舗情報まで、一挙大公(Montblanc)開!モンブランの奥深し存在感を体感!

スーツの胸ポケットに秘めた意味や由来とは?

スーツ 胸ポケット ペン

そもそも、スーツの胸ポケットは手袋を入れるために付けられたとされています。
19世紀に、チェスターフィールドコートというアウターがイギリスで使われていたが、寒い冬に必須の手袋を室内に入った時などに収納する場所として使われていました。
もっとも、無造作に押し込むということはなく、綺麗に手袋をたたみ、いわばチーフと同じように飾りとしても挿しており、こうした設計がコートからスーツにコピーされるようになり、次第に室内着であるスーツにも胸ポケットが備えられるようになったのです。

しかし、コートはあくまでも外着だが、スーツは室内着でありフォーマルな装いです。
コートのように機能性を重視した服ではなく、よりエレガントな装いをする必要があります。
こうしたことから、スーツの胸ポケットはコートの使い方とは異なるものとみなされるようになり、機能性を持たせるというよりも装飾のための一つのパーツとして見られるようになりました。
そうした由来があるので、スーツの胸ポケットには装飾となるアイテムのみを入れることがふさわしいと言えます。
そのため、同じペンでも、いかにも普段業務で使うプラスチックのペンを挿すのはふさわしくありません。
しかし、美しいデザインで見た目に装飾となる万年筆やこだわりのボールペンなどは、オシャレの一環として挿すこともでき、むしろ、デキるビジネスマンなどは、高級な万年筆を挿し一つのアクセサリーとしています。

絶対に押さえておくべきスーツに合わせるフォーマルコート4選!
スーツに合わせるコートの種類や特徴を徹底紹介!形状の違いや特徴を理解することで、あなたに合った着こなしやコーデが分かる!

デキる男が知っている!スーツの胸ポケットに関するマナーとは?

スーツ 胸ポケット ペン

基本としては、スーツの胸ポケットにはポケットチーフを挿すのがマナーです。
そのため、いくつかのチーフの折り方を習得しておきましょう。
スーツのスタイルのように細かなルールは存在していないが、フォーマルな場やカジュアルなシーンなどで、ある程度チーフの折り方を変えることが多いので、その場の雰囲気に合ったスタイルをいくつか使い分けるとデキる男として見られることが可能になります。

一方でペンを挿すのであれば、その品質にはこだわりたいものです。
一言で言うと、高級感のあるものを選ぶようにする。ネクタイと同じく相手の視線を集めるものなので、デザインも質感も高く、装飾としてしっかりと役目を果たせるものにしないといけません。
また、コーデと統一感を持たせるというのもポイントの一つだ。シルバーのクリップが付いているのであれば、ベルトやカフスボタンなども似た材質にするなどの配慮しましょう。

モテ男のスーツは袖に拘る!袖口のボタン数や長さを本切羽で魅せろ!
スーツの袖を見ればオーダースーツか既製品のスーツなのか、おおよその予想がつきます。袖口のボタンや袖丈の長さ、シャツ袖の見せ方など、袖への拘りは意外と深くこれを見ればその答えに納得です。モテる男は袖に拘るその理由とは如何に・・・加えて、袖に関する大まかな種類や基準を理解出来れば、直しや修理の際にも調整が容易です。