スーツの豆知識

超簡単!スーツのサイズ直し!大きくする?小さくする?確認すべき8カ所とは?

スーツの豆知識

スーツを購入したことがある方なら、スーツのサイズとして体型区分と単数表 示という2つの基準があることはご存じでしょう。

身長に加え、細身か、やや太っているかなどの体型から一番合ったスーツを選ぶことになります。

しかし、身長は5cm刻み、体型も胸囲とウエストの差といった基準だけでは、ぴったりくるスーツを選べない方もいるはず。

そこでサイズの直しで気に入ったスーツにしてから着ることになります。
どんな直しがあるのか、サイズの基準説明を含めて解説しました。

そこでサイズの直しで気に入ったスーツにしてから着ることになります。
どんな直しがあるのか、サイズの基準説明を含めて解説しました。

スポンサーリンク

スーツのサイズ直しの前に「単数表示」「体型区分」をおさらい

スーツ サイズ 直し

スーツのサイズの直しについて説明する前に、スーツサイズを決めている大きな要素である身長と体型の2つについて、表を交えて説明します。

単数表示は身長、体型区分は細身か太めかでスーツのサイズ直しを

身長が単数表示といい、体型が体型区分というサイズの構成要素になります。

身長は、一番下が155cmまでを一区切りとして数字の「2」で表示します。

それ以降は5cm刻みで身長が増えていき、数字も3、4、5と上がっていくことで サイズを成しています。

体型区分は、標準という体型を中心に、細身と太めの方向に進む形で決まって行きます。

スーツのサイズ直し、体型区分は胸囲とウエストの差で

体型区分の基準は、胸回りである胸囲と、腰回りのウエストの差で算出しています。

例えば胸囲が92cm、ウエストが84cmだとすると、93-84=9で差は9cm となり、ぴったり10cmではありませんが、より近いAB体を選ぶ、ということ になります。

このAB体の方の身長が177cmであれば単数表示は7になり、167cmであれば、5 になるというわけです。

スーツのサイズで直せる箇所は決まっている

スーツ サイズ 直し

しかし、例として挙げた数字にもみられるように、単数表示の身長はもとより、体型区分も自身の数字がぴったり合う方は少ないことでしょう。

そこで、自分の身長・体型に合うようにスーツのサイズ直し(リサイズ、リフ ォーム)を行うことになります。

スーツサイズの直し方の基本はジャケット・パンツで計8カ所!

直せる箇所は、ジャケット、パンツで、ほぼ以下の4点ずつに決まっていますが、ショップによってはもう少しバラエティーのある直しができるところもあるようです。

ただし、重要なことはスーツ全体のシルエットが崩れないようにすることで す。

スーツサイズの直し方のコツ!1カ所だけの直しに要注意!

体型に合わせたリサイズですが、1カ所だけ直したことで、スーツ全体のバランスが崩れて、見た目が悪くなってしまっては本末転倒です。

各直しは、一般的に直せる箇所として紹介しています。
他の箇所との複合的な 直しで、直しの効果を増減できる場合もあります。

スーツサイズの直し方はショップスタッフの意見も重要!

大手量販店のみならず、リサイズ専門店などで行うサイズ直しでしょうから、 スタッフのアドバイスにはしっかり耳を傾けて、必要な直しを行うようにする ことを忘れずに。

\あなたに今おすすめ/